「Tigersケータイ」と「GIANTSケータイ」がMVNOで登場

阪神タイガースファン向けと読売巨人軍ファン向けの携帯電話サービスがMVNO方式で登場する。野球ファン向けの携帯電話端末は過去にもあるが、MVNO形式で携帯電話サービスまで含めて一体提供する例はこれが初。共にKDDIのau網を利用し、MVNEのインフォニックスが通信事業部分の主体となる。

阪神タイガース、アイテック阪急阪神、阪神コンテンツリンク、インフォニックス、KDDIが提供する「Tigersケータイ」は、2010年5月24日からサービスを開始(予約受付は5月10日から)。au携帯電話をベースとした対応端末を購入して回線契約を結ぶと、試合間近では購入困難な巨人戦や土日のチケットの特別販売や、亀山努氏など球団OBが参加するTwitter活用のサービスなどが受けられる。

また、読売新聞東京本社、インフォニックス、KDDIが提供するGIANTSケータイの提供は6月30日から(予約受付は6月10日から)。三塁ファールグラウンド上の特別席などの抽選プレゼント、モバイル野球教室、Twitterを活用したサービスなどの特典がある。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。