中小企業のUTM運用を“複合機”がサポート――ウォッチガードと京セラドキュメントが協業

「セキュリティ機器を導入したが、ログなどはまったく見ていない」。そんな中小企業のIT担当者は少なくないだろうが、ウォッチガード・テクノロジーと京セラドキュメントソリューションズジャパンから、複合機の操作パネルでセキュリティレポートを直接印刷できるソリューションが登場する。セキュリティ状況を紙のレポートで手軽に確認可能だ。

「複合機に対してセキュリティ対策を講じないままインターネットに接続した場合、本来公開すべきでないデータを第三者が閲覧することが可能」――。IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は昨年11月、大学など一部の複合機の情報がインターネットで閲覧可能な状態になっていることから、複合機についても他のIT機器と同様のセキュリティ対策が必要との注意喚起を行った。

それ以降、複合機のセキュリティに対する関心が高まっているが、2014年2月5日、UTMベンダーと複合機の販売・サポート会社が協業ソリューションを発表した。

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンのUTMアプライアンス「WatchGuard XTMシリーズ」のセキュリティレポートを、京セラドキュメントソリューションズジャパンの複合機の操作パネルから直接出力できる「セキュリティーレポート連携パッケージ」である。2月下旬から提供を開始する。

複合機のセキュリティ強化という観点からUTMを販売する京セラドキュメントソリューションズジャパン
複合機のセキュリティ強化という観点からUTMの販売に力を入れている京セラドキュメントソリューションズジャパン

両社は昨年6月に、XTMシリーズの販売契約を締結している。ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン 社長執行役員の根岸正人氏は、「我々の売上高は2013年第4四半期(10~12月)、グローバルで23%増加したが、日本はそれを上回る38%の成長ができた」と話したうえで、その大きな要因の1つが京セラドキュメントソリューションズジャパンとの協業にあると説明。京セラドキュメントソリューションズジャパンは、複合機/プリンターの販売・保守網を通じて、中小企業にXTMシリーズのセキュリティマネジメントサービスを提供しているが、着実に実績を伸ばしているようだ。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。