ソフトバンク、VMwareの仮想化ソフトを使ったBYODソリューションの無償トライアル

ソフトバンクテレコムとソフトバンクモバイル、そして米VMwareの3社は2012年11月6日、スマートフォン向けセキュリティソリューションでの戦略的提携を発表した。

VMwareの仮想化ソフト「VMware Horizon Mobile」をベースにしたスマートフォン向けセキュリティソリューションの無償トライアルサービスをソフトバンクテレコムが実施する。

VMware Horizon Mobileは、1台の物理的なスマートフォンの中に、仮想的に別の環境を作り出せるソフト。「個人用」や「業務用」といった別々の環境を1台のスマートフォンの中に用意できることから、ソフトバンクはBYODを実現するソリューションとして展開していく。

無償トライアルには、ソフトバンクモバイルのAndroidスマートフォン「Motorola RAZR M SoftBank 201M」を利用。12月10日から受付を開始し、利用期間は2013年3月31日までとなっている。また今後、VMware Horizon MobileのiOS版の採用についても積極的に取り組んでいくとのことだ。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。