KDDIが夏モデルを発表――iidaやG’zOneなどスマートフォン6機種投入

KDDIは2011年5月17日、夏モデル新商品発表会を開催した。スマートフォン6機種、フィーチャーフォン6機種、データ通信カード2機種、デジタルフォトフレーム1機種の計15機種を発売する。

KDDIの田中孝司社長

KDDIが夏商戦に投入するスマートフォンは、いずれもAndroid 2.3。下り最大9.2Mbps、上り最大5.5Mbpsの「WIN HIGH SPEED」に対応するほか、ワンセグやおサイフケータイなどの日本仕様となっている。

「AQUOS PHONE IS12SH」は、ツインカメラにより、3D映像が撮影できる。HDMI出力端子を搭載しているので、撮影したハイビジョン映像をテレビで視聴することも可能。

3Dの撮影・視聴ができる「AQUOS Phone IS12SH」

「AQUOS PHONE IS11SH」は、タッチパネルに加えてテンキーを搭載したスライド式。タッチパネルに抵抗を感じるユーザーがスマートフォンに移行しやすいようにとの狙いがあるという。本体をスライドすると通話が開始するオープン通話、スライドを閉じると終話するクローズ通話など、携帯電話で慣れ親しんだ機能も備える。

テンキーの搭載でタッチパネルに不慣れでも入力しやすい「AQUOS Phone IS11SH」

「REGZA Phone IS11T」は、「IS02」の後継機。スライド型のフルキーボードを装備する。東芝の薄型テレビ「レグザ」の技術を活かした「モバイルレグザエンジン 4.0」を搭載し、より立体感や奥行感のある表現が可能になっている。

スライド型のフルキーボードを装備した「REGZA Phone IS11T」

「Xperia acro IS11S」は、KDDI初のソニ・エリクソン製スマートフォン。約4.2インチの「Reality Display」や「クリアブラックパネル」、「モバイルブラビアエンジン」により、高画質を実現する。

ワンセグやおサイフケータイなど日本仕様の「Xperia arc IS11S」

「G’zOne IS11CA」は、防水・防塵に加えて耐衝撃性能を備えたタフネスシリーズ初のスマートフォン。「グローバルパスポート」のデュアルローミング(GSM/CDMA)に対応し、198カ国・地域で通話ができる。

防水・防塵・耐衝撃性能の「G’zOne IS11CA」

「INFOBAR A01」は、iidaシリーズ初のスマートフォン。2003年に発売されヒットした初代「INFOBAR」のタイルキーや、「NISHIKIGOI」をはじめとするマルチカラーをスマートフォンに継承している。「iida UI」により、アプリアイコンだけでなく写真や時計などを自由にカスタマイズできるほか、複数のアプリや写真をセクションバーで使いやすく整理できる。

初代「INFOBAR」のタイルキーやマルチカラーを継承した「INFOBAR A01」

KDDIは2011年度のスマートフォンの販売目標は400万台で、端末販売台数に占める割合は33%となる見込み。夏モデルはスマートフォンとフィーチャーフォンが6機種ずつだが、「スマートフォンにシフトしている」と田中孝司社長は話す。

通信キャリア3社がスマートフォンをめぐって競争を繰り広げているが、「持っていて面白かったり、ワクワクすることをやってくれるといったブランドイメージを大切にしている」(田中社長)と、「ワクワク感のある」端末で他社と差別化を図るという。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。