企業ネットワーク最前線

ローカル5Gを成功に導くコツ 免許取得を支援するスリーダブリューが解説

文◎村上麻里子(編集部) 2020.10.05

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

ローカル5Gの活用を検討中の企業は多い。しかし、Wi-Fiのように簡単に始められるものではない。免許取得から運用開始までのポイントを、数多くのローカル5G導入に携わってきたスリーダブリューに聞いた。

 
5Gネットワークを自営網として必要な期間・場所に構築できるローカル5Gは、業種や規模を問わず多くの企業の関心を集めている。

しかし、通信についてまったくの“門外漢”である企業が、免許を取得し運用を開始するまでには、いくつもの越えるべきハードルがある。

スリーダブリュー(本社・横浜市)は、そうした企業向けに、無線局の免許申請から開局までの各フェーズで必要なサポートをワンストップで提供している、国内でも珍しい無線局開局のための専門企業だ(図表)。2019年にこのビジネスモデルに特化して以来、通信キャリアの5Gおよびローカル5Gを合わせると300局以上の免許申請や登録点検(総務大臣により登録された民間事業者が行った無線設備の点検結果を活用することで、無線局の検査の一部を省略できる制度)などをサポートしてきた。ローカル5Gについては、申請された免許の多くに何らかの形で携わっているという。

これまでの経験を基に、企業がローカル5Gを導入する際のポイントを紹介する。

 

 

図表 ローカル5G免許取得までのフルサポート

図表 ローカル5G免許取得までのフルサポート

 

機器選びはより多くの選択肢からローカル5Gを始めるにあたって重要になるのが、なぜ導入するのかという目的の具体化だ。

「そもそもローカル5Gとは何かを理解しておらず、『なぜローカル5Gでなければいけないのか』といった質問に明確に答えられる企業はほぼ皆無」とスリーダブリュー代表取締役の植田敦氏は指摘する。

 

 

スリーダブリュー 代表取締役 植田敦氏
スリーダブリュー 代表取締役 植田敦氏



企業はまず、ローカル5Gを使って何をしたいのかを明確にしたうえで、ローカル5Gでなければ実現できないのかどうかを判断する必要がある。目的によってはWi-FiやLTE(sXGPを含む)で十分、ということもありうるため、そのあたりを見きわめなければならない。

ローカル5Gが必要となると、次の“関門”が無線機器選びだ。

エリクソンやノキア、ファーウェイ、ZTEなど大手グローバルベンダーの無線機器は、通信キャリアへの提供を可能とするような高機能かつ多スペック。それだけ価格も高く、コア装置を含むオンプレミスで導入すると1億円以上かかることも少なくない。また、電波の出力が法律上制限され、しかも通信するデバイスの数がそれほど多くないユースケースも想定されるローカル5Gには、オーバースペックになることもある。

コストがかかりすぎるようであれば、大企業といえども導入そのものが難しくなる。

そのような場合でも、導入したい企業に合わせた無線機の選択について、スリーダブリューは知見を持っているという。

一般的に、SIerなどは特定のベンダーと協業していることが多く、選択肢が限られがちだ。これに対し、スリーダブリューは「ベンダー各社やサブコンから無線機器の点検・試験を依頼されることが多く、各社の無線機ラインナップ・性能を第三者の俯瞰的立場で横断的に把握しており、複数の選択肢の中から規模やニーズに合ったベンダー、機種と導入方法を提案できる」(植田氏)という。

採用する機器を決めるには、その製品を提供しているベンダーと無線ネットワークについて詳しい協議に入る必要がある。

当然のことながら、会議の場では通信に関連した話が中心となる。「担当者に専門知識がなければ、ベンダーの話に対し、疑問や潜在的リスクがあっても気付かなかったり、値段だけで判断してしまいかねない」と植田氏は忠告する。

また、実際に電波を吹くための準備として、無線機器を配置するための無線置局設計やエリアシミュレーションも必要となる。

現時点で商用免許の申請が可能な28GHz帯は、5Gの基地局とLTEのコアネットワークを組み合わせたNSA(ノンスタンドアローン)構成なので、アンカーバンドも取得しなければならない。

「Wi-Fiのように、プラグ・アンド・プレイですぐに始められると思っている企業が少なくない」(植田氏)が、特に28GHz帯は基地局(無線機)の配置が非常にシビアであることは、キャリアでの5G関連の測定やローカル5Gでの実測定で明らかになっている。「無線置局設計やエリアシミュレーションは、無線を熟知し、知見のある第三者に任せるべき」と植田氏はアドバイスする。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

networktest
ntt002
ntt001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション[徹底解明]5G SAとWi-Fi 6E
               企業ネットは新時代へ

<Part1> 
5GはSAでどう変わるのか? <Part2> 国内キャリアの5G SA戦略
<Part3>
5G SA企業活用は映像から <Part4> 端末視点で見るSAの進化
<Part5>
Wi-Fi 6Eの性能や注意点 <Part6>6E時代の無線LAN選び
<Part7> 残る700MHz幅の行方 ほか

インタビューエリクソン・ジャパン 代表取締役社長 野崎哲氏「オープンRANの課題解決に寄与」【新連載】10年後のネットワークを創る研究者たち 【ビジネス最前線】JTOWERのローカル5G戦略 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズ近づくISDN終了 ワンストップの移行サービスが登場

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

IoT用のSIMはきめ細かに管理する!
閉域網、帯域確保で安定・安全通信

スマホでおなじみの「mineo」が、IoTでも利用を拡大している。

NEEDLEWORK(ニードルワーク)ネットワークテストの負担から
SIerを解放する自動化製品!

200時間の作業が数10秒の例も!
テストの品質向上にもお勧めだ。

フォーティネット5G特有の脅威に備え、セキュアで柔軟なローカル5G・プライベート5G

ローカル5G・プライベート5Gではセキュリティリスクへの対処も必要だ。

Alkira4か月かかるクラウド接続を1日で!

DX時代に欠かせないマルチクラウドネットワークの一元管理が、Alkiraなら内製でも容易に実現可能

IoT Connect Mobile Type S柔軟なIoT回線で閉域にも大容量にも
IoTの「分からない」を一緒に解決

ユーザーの要望に合わせて柔軟にプランを選択できる!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。