企業ネットワーク最前線

「適材適所」で活きるLPWA “旬”は物流・スマートメーター・HACCP対策

文◎村上麻里子(編集部) 2020.06.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

低速・低消費電力・低コストを特徴とするLPWAは、今話題の5Gとは“対極”の存在。様々なモノがインターネットにつながる時代を迎え、LPWAならではの市場は確実に広がっている。

3月下旬、通信キャリア3社が相次いで5G商用サービスを開始した。

高速大容量・低遅延・多数同時接続を特徴とし、高消費電力・高コストの5Gと“対極”にあるのが、LPWA(Low Power Wide Area)だ。

LPWAは、通信速度が数十~数百kbpsと低速であり、一般的な電池で数年から場合によっては10年ほど運用できる省電力性、数㎞~数十kmの通信が可能な広域性を有する。しかも低コストだ。

国内では2017年に仏SIGFOX社の独自規格であるSigfoxと、非営利団体「LoRaアライアンス」が標準化や普及をサポートするLoRaWANがサービスを開始。その後、ZETAアライアンスの「ZETA」、ソニーの「ELTRES」などが次々に登場した。これらの規格は、無線免許が不要な920MHz帯を利用することから、「アンライセンス系LPWA」に分類される。

一方、無線免許が必要な携帯電話用周波数を使用する「ライセンス系LPWA」のLTE-MやNB-IoTも通信キャリア各社から提供されており、LPWA市場は“百花繚乱”の状態にある。

巷では5Gやローカル5Gが注目を集める中で、「LPWAはどうなっているの?」という疑問を抱いている人が少なくないだろう。

確かに数年前のような話題性はないが、様々なモノがインターネットにつながるIoT時代を迎え、LPWAならではの市場は増えている。

昨今盛り上がりを見せる「物流」「スマートメーター」「HACCP対策」を中心に、LPWA市場の「今」を紹介する。

物流IoTに変革もたらす「ZETag」物流はLPWAとの親和性が高い分野であり、当初から活用が進んできた。

というのも、コンテナの位置管理や倉庫の在庫管理のIoT化には、従来の無線規格ではコストや消費電力、カバーエリアなどの面で課題があったからだ。

LPWAの分野別規模でも物流・資産管理は最も規模が大きく、2021年にはグローバルで4億7400万ドル(約510億円)まで拡大するとの予測もある(IHS Technology調べ)。

国内では、Sigfoxのオペレーターである京セラコミュニケーションシステム(KCCS)が、物流IoTに積極的に取り組んでいる。

Sigfoxは、1回あたり12バイトと軽量なデータを1日最大140回、通信速度は平均100bpsとLPWAの中でも極めて少量かつ低速のデータを扱う。このため消費電力が少なく、通信料金も年に数百円程度と低コストだ。このようにシンプルで低消費電力、低コストであることが、大量のモノを長距離に運ぶ物流には適しているという。

加えて、もともとSigfoxに備わっている測位機能を強化していることも挙げられる。

Sigfox基地局が受ける電波強度で位置を測位する「Atlas Native」、Wi-Fi電波を使ってデバイスの位置を測る「Atlas Wi-Fi」に続き、2020年には、Sigfoxビーコンを用いて誤差最大10mと高精度な位置測位を行える「Atlas Bubble」が登場する。

また、国際ローミング技術「SigfoxMonarch」により、国ごとに異なる周波数を自動的に切り替えたり、接続関連のレギュレーションを自動判別するので、複数の国をまたいで移動するモノをシームレスに追跡することも可能だ。

KCCS 取締役 LPWAソリューション事業部 事業部長の松木憲一氏は「コンテナやパレットの盗難が増えており、その対策としてSigfoxによる位置管理を導入する案件が増えている」と話す。

物流IoTの分野に今後革新をもたらしそうなのが、「ZETag(ゼタグ)」だ。

 

 

ZETAアライアンスの「ZETag」
ZETAアライアンスの「ZETag」は、従来のアクティブタグと比べて
10倍の通信距離、10分の1のコストを実現する


 

ZETAの開発企業であるZiFiSense社が新たに開発したデバイスで、電池を含めて厚さはわずか3mm。デバイス自体が中継器としての機能を搭載することでバケツリレー式にデータを送受信するマルチホップメッシュネットワークというZETAならではの特徴により、市街地で1~2km、見通しで3㎞ほど離れた場所にデータを送信できる。その電波を基地局側で解析して位置を割り出し、荷物の配送管理などに活用する。デバイスの単価は現時点では数百円程度だが、将来は数十円まで下がり、使い捨てが可能になるという。

従来のアクティブタグは通信距離が100~300mで、デバイス単価が数千円と高価なため、小包の配送のような大量かつ長距離のトラッキング(追跡)には用いることが難しかった。しかし、「10倍の距離、10分の1のコストになることで物流市場での普及が進むだろう」とZETAアライアンスの創設メンバーで、テクサー代表取締役の朱強氏は期待を込める。

国内メーカーがZETagのチップセット(SoC)の製品化に乗り出すなど準備は最終段階に入っており、年内にも実用化されそうだ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

empirix2009
ctc2008
cisco2008

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます