導入・選定ガイド

Wi-Fi 6の使い道を徹底解説――高密度環境でも安定、オフィスやスタジアムでも活躍

文◎松本一郎(編集部) 2019.10.18

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

Wi-Fiの新規格「Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)」の仕組みとユースケースを解説する。高密度環境に強くなり、実効速度が大幅に改善された。IoT化が進むオフィスや工場、大学などで採用が進みそうだ。

 
無線LANの最新規格「IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)」における最大の進化が実効速度の向上だ。

シスコシステムズ エンタープライズネットワーキング事業担当 シニアプロダクトマネージャーの前原朋実氏は「Wi-Fi 6はスループットよりも通信品質を上げる方向にフォーカスしている」と解説する。

Wi-Fiはこれまで最大通信速度をメインターゲットに進化してきた。Wi-Fi 5(IEEE802.11ac)では最大6.9Gbpsと、Wi-Fi 4(IEEE802.11n)の300Mbpsと比べて、20倍以上の高速化が図られている。対してWi-Fi 6の最大通信速度は9.6Gbpsと、Wi-Fi 5からの進化はかなり控えめだ。しかし、実効速度については「4倍を目指している」(日本ヒューレット・パッカード Aruba事業統括本部 シニアITスペシャリストの苫名亮氏)。

実効速度の向上に大きく貢献するのがOFDMAだ。これは、1つのチャネルを複数の端末に分割して割り当てる技術で、すでにLTE/4G通信に採用されている(図表1)。

 

図表1 OFDMとOFDMAの違い
図表1 OFDMとOFDMAの違い


Wi-Fi 5で採用されていたOFDMでは、1つのチャネルを1つの端末がまとめて使っていた。しかし、OFDMAでは1つのチャネルを複数のサブキャリアに分割し、複数のユーザーに効率的に割り当てる。複数のユーザーが同じチャネルで同時に通信できるようにすることで、周波数の利用効率を上げているのだ。

苫名氏は「アルバ社内でWi-Fiの通信を計測したところ、オフィスでは、256byte以下のショートパケットが中心だった。こうした小さなパケットを送るのに、OFDM方式は効率が良いとは言えなかった」と指摘する。OFDMでは前パケットの送信完了を待つ必要があったが、OFDMAでは必要に応じて帯域を分け合うため待ち時間が大幅に短縮する。

多数接続も安定、省電力もまた、Wi-Fi 5の第2世代(11ac wave2)で下り通信に採用されたMU-MIMOが、Wi-Fi 6では上り通信にも適用される。MU-MIMOとは電波干渉が起きないように、位相をずらして複数の端末に向け、電波を同時に送信する仕組みのこと。これまではAPからクライアントへの通信のみ適用していたが、クライアントからの通信も同時に扱えるようになる。最大ストリーム数もWi-Fi 5の4本から、8本に拡張される。

また、Wi-Fi 6ではOFDMAやMU-MIMOの強化に加えて、高密度環境での接続を安定させるため、BSSカラーリングという技術も採用された。

APが乱立している都心部などでは、AP同士が同じチャネルを使うことで、頻繁に干渉が発生している。そこで、Wi-Fi 6からはMACフレームにカラーコードと呼ばれる情報が新たに記載されるようになった。カラーコードを参照することで、各端末は自分が通信しているAPを区別できるようになり、接続が安定する。苫名氏は「ようやく1台のAPに100も200もデバイスが繋がる環境が提供できる」と語る。

「Target Wake Time」(TWT)という新機能も搭載される。この機能ではAPと端末間で通信を行うタイミングをあらかじめ決定し、そのタイミングで通信を行う。端末はAPの信号を待機する必要がなくなり、必要な時間だけ通信機能をONにすることで、帯域幅と端末のバッテリー消費を抑えられる(図表2)。

 

図表2 Wi-Fi 6の主要アップデート
図表2 Wi-Fi 6の主要アップデート

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

mobile1910
extreme1910
zscaler1911

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】クラウドネットワーキング革命
<Part1>5G網はクラウドネイティブ コンテナで進化するNFV <Part2>中小企業で増加する「DCにルーターだけ問題」を仮想ルーターで解決 <Part3>コンテナNWの課題と展望 <Part4>VMwareが考える新クラウド時代のネットワーク <Part5>クラウド時代の防衛戦略

●[インタビュー] OKI 常務 坪井正志氏「社会インフラ×IoTは新段階へ」 ●5Gで東京を最先端の都市に ●「つながるクルマ」は内と外で守る ●オンラインゲームはなぜ狙われる ●5GにおけるSDNの役割とは? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ZscalerDX加速させるクラウドセキュリティ
「100ms以下」の遅延で快適利用

Zscalerの革新的アーキテクチャで働き方改革を強力推進!

パロアルトネットワークスパブリッククラウド基盤の
セキュリティ対策はどうする?

開発のライフサイクル全体でリソースを保護する「Prisma Cloud」

ヤマトロジスティクスキャッシュレス化に乗り遅れるな!
決済端末の導入・運用を一括代行

キャッシュレス決済の導入をヤマトロジスティクスがトータル支援!

MIPHS/ISDNからの移行を
「安価」かつ「手軽」に

PHSモデムの入れ替えだけで「LTE化」が完了する!

ヤマトロジスティクスキッティングから配送まで一括提供
PC移行の工程はすべてお任せ!

Windows 7の延長保守サポート終了! ヤマトなら安心して任せられる

サンテレホン何か「御用」ありませんか? 国内最大級ICT機材のECサイトが誕生

10万点の情報通信機材を取り扱うECサイト「GOYOU(ゴヨー)」

エス・アンド・アイMS Teams×電話に新たな選択肢
キャリア回線使用で通話品質も安定

SBC機能のクラウド提供も開始 “設備レス”でDirect Routing導入

ブラステルクラウドPBX市場のパイオニア
信頼性と音声品質で5万台の実績

IP電話に関する調査では3項目で1位を獲得! ブラステルの「Basix」

三通テレコムサービス“明朗会計”で人気のクラウドPBX

ユーザーが増えても基本料は最大4900円! 三通テレコムサービスの「clocall PBX」

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます