導入・選定ガイド

Wi-Fi 6の使い道を徹底解説――高密度環境でも安定、オフィスやスタジアムでも活躍

文◎松本一郎(編集部) 2019.10.18

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

Wi-Fiの新規格「Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)」の仕組みとユースケースを解説する。高密度環境に強くなり、実効速度が大幅に改善された。IoT化が進むオフィスや工場、大学などで採用が進みそうだ。

 
無線LANの最新規格「IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)」における最大の進化が実効速度の向上だ。

シスコシステムズ エンタープライズネットワーキング事業担当 シニアプロダクトマネージャーの前原朋実氏は「Wi-Fi 6はスループットよりも通信品質を上げる方向にフォーカスしている」と解説する。

Wi-Fiはこれまで最大通信速度をメインターゲットに進化してきた。Wi-Fi 5(IEEE802.11ac)では最大6.9Gbpsと、Wi-Fi 4(IEEE802.11n)の300Mbpsと比べて、20倍以上の高速化が図られている。対してWi-Fi 6の最大通信速度は9.6Gbpsと、Wi-Fi 5からの進化はかなり控えめだ。しかし、実効速度については「4倍を目指している」(日本ヒューレット・パッカード Aruba事業統括本部 シニアITスペシャリストの苫名亮氏)。

実効速度の向上に大きく貢献するのがOFDMAだ。これは、1つのチャネルを複数の端末に分割して割り当てる技術で、すでにLTE/4G通信に採用されている(図表1)。

 

図表1 OFDMとOFDMAの違い
図表1 OFDMとOFDMAの違い


Wi-Fi 5で採用されていたOFDMでは、1つのチャネルを1つの端末がまとめて使っていた。しかし、OFDMAでは1つのチャネルを複数のサブキャリアに分割し、複数のユーザーに効率的に割り当てる。複数のユーザーが同じチャネルで同時に通信できるようにすることで、周波数の利用効率を上げているのだ。

苫名氏は「アルバ社内でWi-Fiの通信を計測したところ、オフィスでは、256byte以下のショートパケットが中心だった。こうした小さなパケットを送るのに、OFDM方式は効率が良いとは言えなかった」と指摘する。OFDMでは前パケットの送信完了を待つ必要があったが、OFDMAでは必要に応じて帯域を分け合うため待ち時間が大幅に短縮する。

多数接続も安定、省電力もまた、Wi-Fi 5の第2世代(11ac wave2)で下り通信に採用されたMU-MIMOが、Wi-Fi 6では上り通信にも適用される。MU-MIMOとは電波干渉が起きないように、位相をずらして複数の端末に向け、電波を同時に送信する仕組みのこと。これまではAPからクライアントへの通信のみ適用していたが、クライアントからの通信も同時に扱えるようになる。最大ストリーム数もWi-Fi 5の4本から、8本に拡張される。

また、Wi-Fi 6ではOFDMAやMU-MIMOの強化に加えて、高密度環境での接続を安定させるため、BSSカラーリングという技術も採用された。

APが乱立している都心部などでは、AP同士が同じチャネルを使うことで、頻繁に干渉が発生している。そこで、Wi-Fi 6からはMACフレームにカラーコードと呼ばれる情報が新たに記載されるようになった。カラーコードを参照することで、各端末は自分が通信しているAPを区別できるようになり、接続が安定する。苫名氏は「ようやく1台のAPに100も200もデバイスが繋がる環境が提供できる」と語る。

「Target Wake Time」(TWT)という新機能も搭載される。この機能ではAPと端末間で通信を行うタイミングをあらかじめ決定し、そのタイミングで通信を行う。端末はAPの信号を待機する必要がなくなり、必要な時間だけ通信機能をONにすることで、帯域幅と端末のバッテリー消費を抑えられる(図表2)。

 

図表2 Wi-Fi 6の主要アップデート
図表2 Wi-Fi 6の主要アップデート

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

nissho2202
nttcom2202
qnap2202

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gと未来

<Part1> 6G最新動向 <Part2> 6Gと知財・標準化
<Part3> 6Gとエネルギー問題 <Part4> 通信事業者のメタバース
<Part5> 6G時代のサイバー攻撃


インタビュー国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) 未来ICT研究所長 和田尚也氏「量子ICTやバイオICTなど従来と全く違う発想で未来拓く」 【ソリューション特集】ミリ波の弱点を克服/5G時代を支える光ソリューション ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズ近づくISDN終了 ワンストップの移行サービスが登場

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

IoT用のSIMはきめ細かに管理する!
閉域網、帯域確保で安定・安全通信

スマホでおなじみの「mineo」が、IoTでも利用を拡大している。

NEEDLEWORK(ニードルワーク)ネットワークテストの負担から
SIerを解放する自動化製品!

200時間の作業が数10秒の例も!
テストの品質向上にもお勧めだ。

フォーティネット5G特有の脅威に備え、セキュアで柔軟なローカル5G・プライベート5G

ローカル5G・プライベート5Gではセキュリティリスクへの対処も必要だ。

Alkira4か月かかるクラウド接続を1日で!

DX時代に欠かせないマルチクラウドネットワークの一元管理が、Alkiraなら内製でも容易に実現可能

IoT Connect Mobile Type S柔軟なIoT回線で閉域にも大容量にも
IoTの「分からない」を一緒に解決

ユーザーの要望に合わせて柔軟にプランを選択できる!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。