企業ネットワーク最前線

サイバー保険は日本企業にピッタリ――被害発覚!「まず稟議書」の愚も回避

文◎松本一郎(編集部) 2019.06.04

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

5年で3.5倍。今後、市場が急拡大すると見られているのが「サイバー保険」だ。日本のセキュリティ対策は「防御」に注力しがちだが、保険を活用したリスクマネジメントも今後は検討すべきだ。

 
「日本のサイバーセキュリティ対策は防御に偏りすぎている」。こう指摘するのはラックの武田一城氏だ。

リスクマネジメントの手法は図表1に示した4つの視点で考えることができる。すなわち(1)保険などを活用した他者への「リスクの移転」、(2)事業から撤退するなどの「リスクの回避」、(3)発生しても影響が小さいため許容する「リスクの保有」、(4)事故発生の確率を下げる「リスクの低減」である。

 

図表1 リスクの種類と考え方
図表1 リスクの種類と考え方


このうち、新しいファイアウォール(FW)を導入するといった防御策は、(4)リスクの低減にあたる。本来はこの4つの視点からリスクマネジメントを行う必要があるが、武田氏は日本のセキュリティ対策について「リスクをどうするかよりも、機能の高いセキュリティ製品を導入することばかりに注力してしまう傾向がある」と指摘する。

防御を高めるだけでは十分なリスクマネジメントにはならない。どうしても「万が一」は起こりうるからだ。

2011年、三菱重工がサイバー攻撃を受けた事件について、武田氏は「一般企業があれ以上のセキュリティ対策を実施するのは難しい」と話す。しかし実際には、標的型攻撃メールからウイルスが社内に広がった。

それでも日本企業は相変わらず防御に力を注ぐ傾向にあるという。ベネッセの個人情報流失事件については「管理者権限を持つSEによる悪意ある犯行だった。内部犯行を防ぐには製品の導入だけではなく、運用を含めて大幅に変える必要がある。ところがあのニュースの後、セキュリティ市場ではこのケースとは直接関係の無い防御のための製品も成長した」(武田氏)。

ラック サイバーセキュリティ・公共事業部 担当部長 武田一城氏
ラック サイバーセキュリティ・公共事業部 担当部長 武田一城氏


サイバーセキュリティは経営課題にしかし、最近ではこの傾向は変わりつつある。経済産業省が2016年に「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を策定したことをきっかけに、「セキュリティ対策は経営課題だという意識が広まった」(武田氏)ためだ。

武田氏は「インシデント対策をするCSIRTや、セキュリティ監視を行うSOCの利用が増えた。特に、CSIRTの構成員として、従来のITシステム部門だけでなく、経営陣と会話できるリスク管理部門のメンバーも参加するようになっている。これまでIT部門の責任とされてきたセキュリティ対策が組織全体で実行するものに変化してきた」と説明する。

このように経営課題としてサイバーセキュリティが認識され始めたなか、注目されている商品が「サイバー保険」なのである。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

netscout1908
synology1907
cloudian1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの課題解決! 10の最強メソッド
[課題1]IoTで何をすればいいのか分かりません [課題2]IoTを推進できる人材が社内にいません [課題3]中小企業でもIoTで成果は出せますか? [課題4]いつまで経ってもPoCを“卒業”できません… このほか10の課題を解決する最強メソッドを紹介!

●[インタビュー] オプテージ 荒木誠社長「情報・通信の事業統合は必然 ローカル5Gには多くの可能性」 ●DDoS対策にさらなる価値を ●イタリア発ローカル5G、日本へ ●ローカル5Gとキャリア網を連携 ●住商らが国内初ローカル5G実験 ●資生堂やドコモも参入!ビューティーテック ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます