企業ネットワーク最前線

サイバー保険は日本企業にピッタリ――被害発覚!「まず稟議書」の愚も回避

文◎松本一郎(編集部) 2019.06.04

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

5年で3.5倍。今後、市場が急拡大すると見られているのが「サイバー保険」だ。日本のセキュリティ対策は「防御」に注力しがちだが、保険を活用したリスクマネジメントも今後は検討すべきだ。

 
「日本のサイバーセキュリティ対策は防御に偏りすぎている」。こう指摘するのはラックの武田一城氏だ。

リスクマネジメントの手法は図表1に示した4つの視点で考えることができる。すなわち(1)保険などを活用した他者への「リスクの移転」、(2)事業から撤退するなどの「リスクの回避」、(3)発生しても影響が小さいため許容する「リスクの保有」、(4)事故発生の確率を下げる「リスクの低減」である。

 

図表1 リスクの種類と考え方
図表1 リスクの種類と考え方


このうち、新しいファイアウォール(FW)を導入するといった防御策は、(4)リスクの低減にあたる。本来はこの4つの視点からリスクマネジメントを行う必要があるが、武田氏は日本のセキュリティ対策について「リスクをどうするかよりも、機能の高いセキュリティ製品を導入することばかりに注力してしまう傾向がある」と指摘する。

防御を高めるだけでは十分なリスクマネジメントにはならない。どうしても「万が一」は起こりうるからだ。

2011年、三菱重工がサイバー攻撃を受けた事件について、武田氏は「一般企業があれ以上のセキュリティ対策を実施するのは難しい」と話す。しかし実際には、標的型攻撃メールからウイルスが社内に広がった。

それでも日本企業は相変わらず防御に力を注ぐ傾向にあるという。ベネッセの個人情報流失事件については「管理者権限を持つSEによる悪意ある犯行だった。内部犯行を防ぐには製品の導入だけではなく、運用を含めて大幅に変える必要がある。ところがあのニュースの後、セキュリティ市場ではこのケースとは直接関係の無い防御のための製品も成長した」(武田氏)。

ラック サイバーセキュリティ・公共事業部 担当部長 武田一城氏
ラック サイバーセキュリティ・公共事業部 担当部長 武田一城氏


サイバーセキュリティは経営課題にしかし、最近ではこの傾向は変わりつつある。経済産業省が2016年に「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を策定したことをきっかけに、「セキュリティ対策は経営課題だという意識が広まった」(武田氏)ためだ。

武田氏は「インシデント対策をするCSIRTや、セキュリティ監視を行うSOCの利用が増えた。特に、CSIRTの構成員として、従来のITシステム部門だけでなく、経営陣と会話できるリスク管理部門のメンバーも参加するようになっている。これまでIT部門の責任とされてきたセキュリティ対策が組織全体で実行するものに変化してきた」と説明する。

このように経営課題としてサイバーセキュリティが認識され始めたなか、注目されている商品が「サイバー保険」なのである。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

mi201910
yamato1910
suntel1910

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G、IoTと超高齢社会
<Part1>ローカル5Gで農業革命 <Part2>救急医療×5Gで命救う <Part3>MaaSで支える高齢社会 <Part4>ドコモが目指すSDGs
<Part5>障がい者は「先駆者」

●[インタビュー] 富士通 執行役員常務 松本端午氏「5G時代の新価値をトータル提供。インフラだけでは投資回収できない」 ●FMC対応クラウドPBX本格普及へ ●失敗しないISDN/PHS移行 ●ローカル5Gで「独走」目指すエイビット ●KDDIがHW/SW分離型ルーターを内製 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

MIPHS/ISDNからの移行を
「安価」かつ「手軽」に

PHSモデムの入れ替えだけで「LTE化」が完了する!

ヤマトロジスティクスキッティングから配送まで一括提供
PC移行の工程はすべてお任せ!

Windows 7の延長保守サポート終了! ヤマトなら安心して任せられる

サンテレホン何か「御用」ありませんか? 国内最大級ICT機材のECサイトが誕生

10万点の情報通信機材を取り扱うECサイト「GOYOU(ゴヨー)」

エス・アンド・アイMS Teams×電話に新たな選択肢
キャリア回線使用で通話品質も安定

SBC機能のクラウド提供も開始 “設備レス”でDirect Routing導入

ブラステルクラウドPBX市場のパイオニア
信頼性と音声品質で5万台の実績

IP電話に関する調査では3項目で1位を獲得! ブラステルの「Basix」

三通テレコムサービス“明朗会計”で人気のクラウドPBX

ユーザーが増えても基本料は最大4900円! 三通テレコムサービスの「clocall PBX」

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます