ICT×未来

有線IoTの大本命「802.3cg」が2020年登場――1km先へ給電できる10Mbpsイーサ

文◎太田智晴(編集部) 2019.03.04

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

イーサネット初のIoT向け規格の標準化作業が進んでいる。最大1kmのデータ伝送・給電能力を有する「IEEE802.3cg」だ。取り回し易さやコスト、耐環境性などにも優れ、有線IoTの可能性を一気に広げる。

 
本格普及期に突入しつつあるIoT――。その重要な牽引役の1つとなっているのがLPWAだが、IoT向け通信技術のイノベーションは、何も無線ネットワークの領域だけで起きているわけではない。実は今、有線ネットワークの領域でも、注目すべきIoT向け通信技術の準備が進んでいる。

通信速度は10Mbpsと低速ながら、通常のLANの最大100mを大きく超える最大1kmのデータ伝送と給電を実現できる「IEEE802.3cg」(10BASE-T1)の標準化作業が2020年3月に完了する予定なのだ。

国内での実用化に向けた議論も、情報通信技術委員会(TTC)のIoTエリアネットワーク専門委員会(WG3600)の通信インタフェースサブワーキンググループ(SWG3604)で、昨年4月からスタートした。

 

図表1 IEEE802.3cgの主なスペック(TTCで標準化を進めているスペック)
図表1 IEEE802.3cgの主なスペック(TTCで標準化を進めているスペック)


イーサネットは従来、通信速度と給電能力の向上をターゲットに進化してきた。しかし、802.3cgは違う。LPWAと同様、追い求めたのはハイパフォーマンスではなく、IoTに本当に必要なスペックである。

これまで無線IoTの陰に隠れて、あまり脚光を浴びてこなかった有線IoT――。この有線IoTの世界を一変させるポテンシャルを秘めた802.3cgの詳細について、IoTエリアネットワーク専門委員会の特別委員である北陸先端科学技術大学院大学の丹康雄教授、委員を務めるNECマグナスコミュニケーションズの安川昌毅氏、NTTアドバンステクノロジの田島公博氏への取材をベースに解説する。
  (左から)NTTアドバンステクノロジ グローバル事業本部 環境ビジネスユニット EMCセンタ リーダー(主席技師)の田島公博氏、北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 教授の丹康雄氏、NECマグナスコミュニケーションズ ネットワーク事業部 技術部 マネージャーの安川昌毅氏
(左から)NTTアドバンステクノロジ グローバル事業本部 環境ビジネスユニット EMCセンタ リーダー(主席技師)の田島公博氏、北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 教授の丹康雄氏、NECマグナスコミュニケーションズ ネットワーク事業部 技術部 マネージャーの安川昌毅氏

 

1ペアのケーブルを使用802.3cgとは一体どんな技術か。まず通常のイーサネットと大きく異なる点が、利用するケーブルだ。

Cat.5e/Cat.6といった8芯・4ペアの一般的なツイストペアケーブルも利用可能になる予定だが、基本的には2芯・1ペアのツイストペアケーブルを用いる。そのため802.3cgは「Single Pair Ethernet」と呼ばれる。線材が4分の1に簡素化されることで、低コスト化や省スペース化、ケーブルの取り回し易さの向上が図れる。

 

図表2 IEEE802.3cgは1ペアのケーブルを使うIoT向けイーサネット規格
図表2 IEEE802.3cgは1ペアのケーブルを使うIoT向けイーサネット規格


Single Pair Ethernetについて、初めて耳にした人は多いだろう。ただ実は「すでに3つの規格の標準化が終わっている」(安川氏)イーサネット規格である。

初のSingle Pair Ethernet規格は、2015年10月に標準化が完了した「IEEE802.3bw」(100BASE-T1)だ。

802.3bwは通信速度100Mbps、伝送距離は10/40mのクルマ向けイーサネット規格。従来の車載ネットワーク、CAN(Controller Area Network)の通信速度は1Mbpsに過ぎず、高解像度の車載カメラの映像伝送などの用途には使えなかった。そこで規格化されたのが802.3bwだった。通常のLANケーブルよりも径が細い1ペアのツイストペアケーブルのため、狭い車両内部でも効率的にケーブルを取り回せる。

その後、2016年6月には通信速度1Gbpsの「IEEE802.3bp」(1000BASE-T1)、同12月には給電用の「IEEE802.3bu」(PoDL:Powerover Data Line)の標準化も完了した。

これら標準化済みのSingle Pair Ethernet 規格はいずれもクルマ向けで、すでに普及も始まっている。自動車業界の主要企業が参加するSingle Pair Ethernetの普及推進団体、OPEN AllianceのWebサイトには、2022年には3億5000万ポートのSingle Pair Ethernetが出荷されるという予測が掲載されている。

「いくら原材料費が安くなるといっても、わざわざ新たな伝送媒体を使うより、ボリュームの出ている既存のLANケーブルを使ったほうが安く済むのではないか」─。Single Pair Ethernetに対して、そう思った人もいるだろう。この疑問に対する答えがここにある。

次世代車載ネットワークとして採用されたSingle Pair Ethernetは今後、大量のボリュームが出ることが確実視されているのである。

そして、Single Pair Ethernetにおいて、初めてクルマ以外もターゲットにしたのが802.3cgだ。クルマにとどまらず、工場IoTやスマートホーム、ビルオートメーション、農業IoTなど、民生/産業領域の多様なIoT用途に応える。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

netscout1908
synology1907
cloudian1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの課題解決! 10の最強メソッド
[課題1]IoTで何をすればいいのか分かりません [課題2]IoTを推進できる人材が社内にいません [課題3]中小企業でもIoTで成果は出せますか? [課題4]いつまで経ってもPoCを“卒業”できません… このほか10の課題を解決する最強メソッドを紹介!

●[インタビュー] オプテージ 荒木誠社長「情報・通信の事業統合は必然 ローカル5Gには多くの可能性」 ●DDoS対策にさらなる価値を ●イタリア発ローカル5G、日本へ ●ローカル5Gとキャリア網を連携 ●住商らが国内初ローカル5G実験 ●資生堂やドコモも参入!ビューティーテック ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます