キーパーソンが語る

江﨑浩 東大教授「インターネットの遺伝子が広がり、デジタルとリアルの逆転経済へ」

聞き手◎太田智晴(編集部) 2018.12.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

東京大学 大学院
情報理工学系研究科 教授
江﨑浩氏

インターネットやデータセンターの世界をリードしてきた江﨑浩教授は、IoTによって“インターネットの遺伝子”がリアル空間に広がり、「デジタルとリアルの逆転経済」が起こると予見している。工場から貨幣、クルマ、住居まで、あらゆる領域に大変革を起こすデジタルの本質的な力が今、“覚醒”しつつあるという。

 
――デジタルトランスフォーメーションの重要性が盛んに叫ばれ、企業は今、デジタル化に必死に取り組もうとしていますが、その先には「デジタルとリアルの逆転経済」が到来すると、江﨑先生はおっしゃっています。サイバー空間が主役で、実空間が脇役のシステムになる「サイバーファースト、フィジカルセカンド」の世界です。

江﨑 現在よくあるIoTは、実空間のコピー(デジタル化)を行い、そのうえで実空間をコントロールしようという枠組みを、基本的には超えてはいません。依然として、実空間のほうから考えているわけです。

しかし、こうした「フィジカルファースト」から、サイバー空間を前提に実空間のシステムを再定義する「サイバーファースト」へと逆転しつつあります。

――詳しく教えてください。

江﨑 「サイバー空間で全部設計して、実空間に“プリントアウト”すればいい」というのがサイバーファーストの考え方です。デジタルですから、実空間への“出口”を作っておけば、いつでも必要なところに出力できます。

実空間のモノは遅いんですよね。時速50kmくらいのスピードでしか運ぶことができない。ところがデジタルにすると、光速で移動できるようになります。

モノの設計を全部デジタル化して、世界中の必要なところで生産するようにすれば、時間と輸送コストがドラスティックに変わり、物流が根本的に変わるでしょう。

物流における20世紀最大の発明は、コンテナ・パレットでした。コンテナ・パレットという共通インフラに何でも搭載し、列車でも飛行機でも輸送可能になったおかげで、それまでのサイロ型物流システムが全部シェアリングエコノミー型のシステムに生まれ変わったのです。物流システムは第三者が持ち、皆が利用料を支払ってそこに送りたいモノを載せればいいと変わりました。

所有と利用のアンバンドル(分離)という大革命でした。

江﨑浩氏


――工場などの生産設備についても、同様に所有と利用のアンバンドルが起き、消費者の近くで“プリントアウト”すればよくなるということですか。

江﨑 そうした変化は、すでに起こりつつあります。なぜなら工場自体は今、ほとんどコンピューターになっているからです。いわゆるスマートファクトリーです。

私の知っているある酒蔵は、東日本大震災で被災しましたが、迅速に復興できました。その工場はコンピュータープログラムで動いており、そのため“複製”も容易だったからです。

サイバーファーストで工場をデザインしておくと、ファンクションがデジタル化されているので、簡単に“出口”を変えられます。例えば、トランプが輸入関税をかけるといった瞬間、アメリカへ工場を移せるようにもなるわけです。

ハードウェアを抽象化し、ハードウェアに依存することなく、ソフトウェアでファンクションを動かせるようにすることで、アンバンドルは実現します。

まさにクラウドサービスもそうですよね。物理マシンを仮想化したことで「サーバーはどこに置こうが構わない」ということになり、そうなると「そもそも所有しなくてもいいではないか」となったわけです。完全にサイバーファーストです。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

江﨑浩(えさき・ひろし)氏

東京大学大学院情報理工学系研究科教授。1987年九州大学工学部電子工学科修士了。同年4月東芝に入社。1990年米国ベルコア社、1994年コロンビア大学にて客員研究員。1998年10月東京大学大型計算機センター助教授、2001年4月東京大学情報理工学系研究科助教授などを経て現職。WIDEプロジェクト代表、Internet Society理事、工学博士。主な著書に『サイバーファーストデジタルとリアルの逆転経済』(インプレスR&D)、『インターネット・バイ・デザイン』(東京大学出版会)がある

スペシャルトピックスPR

cyber1903
zeta1903
sonet1903

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】常識を覆す「新しいワークスタイル」の出現
働き方改革のNEW POWER

◆「ABW」という新しい働き方 ◆IoTで働き方を見守る ◆旅先で働くワーケーション ◆MaaSで働き方改革 ◆NTT東が分身ロボを使う理由

●[インタビュー] HPE Aruba 田中泰光氏「IoT時代へインフラの抜本改革」/●自営5G向け28GHz帯の「割当方針案」/
●ビジネスメール詐欺を防ぐには?/●多数の5G基地局を光ファイバー1本で収容 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺など、メールセキュリティを送受信の双方で強化

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

NTTコミュニケーションズ働き方改革を中小・中堅企業へ!

テレワークに必要なモバイルNW、PC、セキュリティをオールインワン提供するNTT Comの新パッケージ

SBクラウド日中間通信を国内並みの高品質に!
安心して使えるQR決済を下支え

Alipayで安定した決済サービスを提供するために導入した回線は?

パロアルトネットワークスパブリッククラウドをセキュアに!
24/365最新ポリシーで自動監視

パブリッククラウドのセキュリティリスクを軽減する「RedLock」

シーディーネットワークス中国でのWeb配信を8.5倍高速化
国内CDN事業者で唯一現地法人

中国でのWeb配信にはグレートファイアウォールなど多くの壁がある。

IIJグローバルソリューションズ日中の拠点間通信に“第3の選択肢”
セキュリティ対策も万全

日中間通信で「高品質」と「低コスト」の“いいとこ取り”!

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

アクセスランキング

tcb
http://amzn.asia/d/ejYdrIg

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます