キーパーソンが語る

江﨑浩 東大教授「インターネットの遺伝子が広がり、デジタルとリアルの逆転経済へ」

聞き手◎太田智晴(編集部) 2018.12.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

東京大学 大学院
情報理工学系研究科 教授
江﨑浩氏

インターネットやデータセンターの世界をリードしてきた江﨑浩教授は、IoTによって“インターネットの遺伝子”がリアル空間に広がり、「デジタルとリアルの逆転経済」が起こると予見している。工場から貨幣、クルマ、住居まで、あらゆる領域に大変革を起こすデジタルの本質的な力が今、“覚醒”しつつあるという。

 
――デジタルトランスフォーメーションの重要性が盛んに叫ばれ、企業は今、デジタル化に必死に取り組もうとしていますが、その先には「デジタルとリアルの逆転経済」が到来すると、江﨑先生はおっしゃっています。サイバー空間が主役で、実空間が脇役のシステムになる「サイバーファースト、フィジカルセカンド」の世界です。

江﨑 現在よくあるIoTは、実空間のコピー(デジタル化)を行い、そのうえで実空間をコントロールしようという枠組みを、基本的には超えてはいません。依然として、実空間のほうから考えているわけです。

しかし、こうした「フィジカルファースト」から、サイバー空間を前提に実空間のシステムを再定義する「サイバーファースト」へと逆転しつつあります。

――詳しく教えてください。

江﨑 「サイバー空間で全部設計して、実空間に“プリントアウト”すればいい」というのがサイバーファーストの考え方です。デジタルですから、実空間への“出口”を作っておけば、いつでも必要なところに出力できます。

実空間のモノは遅いんですよね。時速50kmくらいのスピードでしか運ぶことができない。ところがデジタルにすると、光速で移動できるようになります。

モノの設計を全部デジタル化して、世界中の必要なところで生産するようにすれば、時間と輸送コストがドラスティックに変わり、物流が根本的に変わるでしょう。

物流における20世紀最大の発明は、コンテナ・パレットでした。コンテナ・パレットという共通インフラに何でも搭載し、列車でも飛行機でも輸送可能になったおかげで、それまでのサイロ型物流システムが全部シェアリングエコノミー型のシステムに生まれ変わったのです。物流システムは第三者が持ち、皆が利用料を支払ってそこに送りたいモノを載せればいいと変わりました。

所有と利用のアンバンドル(分離)という大革命でした。

江﨑浩氏


――工場などの生産設備についても、同様に所有と利用のアンバンドルが起き、消費者の近くで“プリントアウト”すればよくなるということですか。

江﨑 そうした変化は、すでに起こりつつあります。なぜなら工場自体は今、ほとんどコンピューターになっているからです。いわゆるスマートファクトリーです。

私の知っているある酒蔵は、東日本大震災で被災しましたが、迅速に復興できました。その工場はコンピュータープログラムで動いており、そのため“複製”も容易だったからです。

サイバーファーストで工場をデザインしておくと、ファンクションがデジタル化されているので、簡単に“出口”を変えられます。例えば、トランプが輸入関税をかけるといった瞬間、アメリカへ工場を移せるようにもなるわけです。

ハードウェアを抽象化し、ハードウェアに依存することなく、ソフトウェアでファンクションを動かせるようにすることで、アンバンドルは実現します。

まさにクラウドサービスもそうですよね。物理マシンを仮想化したことで「サーバーはどこに置こうが構わない」ということになり、そうなると「そもそも所有しなくてもいいではないか」となったわけです。完全にサイバーファーストです。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

江﨑浩(えさき・ひろし)氏

東京大学大学院情報理工学系研究科教授。1987年九州大学工学部電子工学科修士了。同年4月東芝に入社。1990年米国ベルコア社、1994年コロンビア大学にて客員研究員。1998年10月東京大学大型計算機センター助教授、2001年4月東京大学情報理工学系研究科助教授などを経て現職。WIDEプロジェクト代表、Internet Society理事、工学博士。主な著書に『サイバーファーストデジタルとリアルの逆転経済』(インプレスR&D)、『インターネット・バイ・デザイン』(東京大学出版会)がある

スペシャルトピックスPR

mi1811
yamaha1811
hcnet1812

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ネットワーク未来予想図2019

◆5Gは日本でこう始まる ◆5Gが自営網で利用可能に ◆Wi-Fiは10年振り大進化 ◆LPWAは爆発的に伸びる? ◆sXGPは秋に立ち上がる ◆400ギガイーサがやってきた ◆IoT-PLCの普及元年に ◆企業ネットはクラウド制御へ

●[インタビュー]NTTドコモ 執行役員 IoTビジネス部長 谷直樹氏/●ソフトバンクが狙うLPガス市場/
●働き方改革で重要性増すコラボツール/●「位置」の活用で生産アップ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

アクセスランキング

tcb
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます