ニュース

メッシュネットワークでIoT市場を開拓する ―― Bluetooth SIGが新方針と成長予測を発表

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.07.20

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

Bluetooth Mesh対応デバイスの年間出荷台数は、2022年には5億台超に達する――。業界団体であるBluetooth SIGは2018年7月20日に記者説明会を開催し、1年前にリリースした新規格のBluetooth Meshによる新市場開拓の見通しについて発表した。スマートビルやスマートインダストリーの領域でユースケース開拓を進めるという。


Bluetooth SIGは、近距離無線通信規格の1つであるBluetoothの業界団体で、標準仕様の策定や製品認証などを行っている。シニア リージョナル マーケティングマネージャーのロリー・リー氏によれば、現在の加盟企業数は3万3793で、「世界中の企業がバランスよく参加しており、多様性も備えている」。APAC(アジア太平洋)、EMEA(欧州・中東・アフリカ)、南北アメリカの3地域でメンバー企業を分けるとほぼ3分の1ずつとなり、多様なコミュニティが形成されているという。なお、日本からは約1600社が加盟している。


Bluetooth SIG シニア リージョナル マーケティングマネージャーのロリー・リー氏(左)と、
デベロッパー リレーションズ マネージャーを務めるカイ・レン氏


Bluetooth対応デバイスの数も堅調に伸びている。出荷台数は、2018年の1年間だけで39億台にも達する見込みだ。説明会当日に公開した2018年版「Bluetooth市場動向レポート」によれば、2022年には年間出荷台数が52億台に達すると予測されている。2017年にリリースされた新規格「Bluetooth Mesh」と、その前年に登場した「Bluetooth 5」がこの成長を牽引するとリー氏は話した。

具体的には、これまでユースケースの主流を占めていたオーディオデバイスやPC周辺機器、ウェアラブルデバイス等のコンシューマ向けデバイスに加えて、屋内位置情報サービスやトラッキング、そして工場やビル設備等の制御・監視システムなどの新たなユースケースを開拓することで成長を促すという。



デバイス間で相互接続しメッシュネットワークを構築できる「Bluetooth Mesh」。
その年間出荷台数は、2022年には5億台を超えると予測されている


こうしたIoT用途での活用が特に期待されるのが、メッシュ型ネットワークの構築を可能にするBluetooth Meshだ。先述のレポートでは、2022年の年間出荷台数は5億2000万台にも達すると予測している。

 


メッシュネットワークの「入口はスマート照明」
Bluetooth Meshを「革命的なもの」と話すのは、デベロッパー リレーションズ マネージャーを務めるカイ・レン氏だ。「Bluetoothで初めて『多対多』のトポロジーを可能にした」ことで、従来のBluetooth(1対1、または1対多)がカバーできなかった領域で新たなビジネスを創出できるようになったと述べた。


Bluetooth規格の進化に応じて、新たなソリューションが可能になるとレン氏は話した。
特にメッシュ型トポロジーを可能にしたBluetooth Meshによる変化は「革命的」という


その例として同氏が挙げたのが、「スマートビルディング」「スマートホーム」「スマートインダストリー」「スマートシティ」だ。ビル設備の状態監視や自動制御、位置情報確認、ホームオートメーションといったユースケースが可能になるという。

スペシャルトピックスPR

necm1811
hytec1811
mi1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT LIFE 争奪戦
   ホームからヘルスケア、育児、ペットまで

◆JAIST 丹康雄教授インタビュー「スマートホームからライフへ」/◆ スマートホーム市場の行方/◆IoTで家事を効率的に/◆医師がIoTを処方する時代へ/◆BabyTechが子育て世代を救/◆ペットの健康をIoTが守る

●光ファイバーもLTEもダメでも諦めない!“ワケあり物件”のネットワーク構築法/●スマートメーターへの採用進むHD-PLC/●見えてきた新自営無線「sXGP」の実力/●ZETAが仕掛ける「LPWA 2.0」
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

アクセスランキング

tcb
iot24-2

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます