企業ネットワーク最前線

「自席に縛られない働き方」に向けてアトックスが実行した3つのこと――クラウド化、脱・固定電話、iPhone

文◎太田智晴(編集部) 2014.11.04

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

原子力発電所などで放射線の取扱業務を行うアトックス。震災と原発事故を契機にワークスタイル変革の必要性を痛感した同社は、社内システムのクラウドへの移行、脱・固定電話、そしてiPhoneの活用などを通じて今、「自席に縛られない働き方」の実現に取り組んでいる。

「放射線を取り扱う事業には国家資格が求められますが、有資格者の数では、おそらく当社が国内で最も多いと思います」。総務部長の上野和輝氏がこう紹介する通り、アトックス(http://www.atox.co.jp/)は、放射線のエキスパート集団だ。約1500名いる社員の4人に1人が、放射線取扱主任者の有資格者となっている。

同社の主な業務は、放射線設備の運用や保守管理だ。研究所や大学、病院など、様々な放射線施設でアトックスは活躍しているが、なかでもメインの事業となっているのが原子力発電所での放射線管理や運用保守である。

 

アトックス技術開発センター(千葉県柏市)
千葉県柏市にあるアトックス技術開発センター。管理棟、実験棟、保管倉庫の3エリアからなり、各種機器の開発や電力会社などとの共同研究を行っている



原発関連の業務に従事している企業というと、電力会社や原発メーカー、その関連会社がまず思い浮かぶかもしれない。しかし、アトックスは電力会社や原発メーカーとは資本関係のない、いわゆる“独立系”の民間会社。

このため同社が管理・運用保守を行うのは、一部の電力会社の原発や、特定の原発メーカーの原子炉には限定されていない。「原発は日本中にありますが、そのすべてをカバーリングしている会社は当社だけです」と上野氏は話す。

そのアトックスは現在、ワークスタイル変革を推進している。契機となったのは、2011年3月11日に発生した東日本大震災と、それに続く福島原発の事故だった。

「当社は全国各地に多数の拠点がありますが、東日本大震災の際には、北海道から茨城県までの東日本エリアの拠点が大きな影響を受けました。特に原子力緊急事態宣言による避難指示が出された後は、福島の従業員の安否確認や居所確認がまったく取れない状況に陥りました。このときの深い反省が、ワークスタイル変革に取り組んでいる一番の理由です」(上野氏)

今年7月に東京・新富町から田町に本社を移転したアトックス。同社はこれに合わせて、ワークスタイル変革に向けた本格的な第一歩を踏み出している。

 

アトックスの本社ビル
東京・田町の新本社ビル。アトックスの関係会社であるビル代行も入居する

 

ほぼすべての社内システムをKDDIのクラウドに移行

東日本大震災と原発事故により数多くの拠点や従業員が被災し、事業の継続が一部で困難になったアトックス。このとき上野氏が最も痛感したのは、情報共有手段を多様化しておくことの重要性だったという。

「被災した従業員たちが一番求めていたのは、情報でした。携帯電話はつながらない。テレビやラジオで情報を得ることも難しい。そうしたなか我々は、被災した従業員に必要な情報を提供することができませんでした」

そこで、まず着手したのは、社内システムのクラウド化だった。従来は一部のファイルサーバーが各拠点に分散していたのを除くと、東京・新富町にあった旧本社内に、基幹システムやメールサーバー、グループウェアサーバー、Active Directoryの認証サーバーなどが集約されていた。

「つまり、本社が“ボトルネック”になっていました」と企画部 副課長 システム担当の五井直人氏は説明する。本社に障害が発生したり、本社と結ぶ拠点側の回線に障害が起こると、ほとんどの社内システムが利用できなくなるのだ。

五井氏によると、アトックスではセキュリティを担保するため、以前からActive Directoryを活用したネットワークログインとアクセス権限管理を行っている。このため、本社のActive Directoryサーバーに接続できなくなると、各拠点ではWindows PCへのログインすらできなくなる。

こうした課題を解決するため、五井氏が選択したのは、「KDDI クラウドプラットフォームサービス(KCPS)」だった。これは、完全冗長化された設備により稼働率99.99%を保証しているクラウド基盤サービス。高信頼のクラウド基盤に社内システムを移行することで、アトックスは事業継続性の向上を図ったのだ。現在、基幹システムも含めて、アトックスのほぼすべてのシステムがKCPS上で稼働しているという。

クラウドに移行するにあたって、五井氏が最も気を配った点の1つは、ネットワークの信頼性だった。「クラウド化することの一番のデメリットと我々が考えていたのは、システムの可用性が通信回線にかなり依存してしまうことです」(五井氏)。いかに高信頼のクラウドを選択しても、ネットワークに問題が起きたら元も子もない。KDDIを選定した理由はまさにここにある。

アトックスでは、KCPSの通信回線としてKDDIのネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch(WVS)」を採用。本社を含む各拠点からダイレクトにWVS経由でKCPSに閉域接続するという選択を行った。


図表 アトックスのネットワーク構成イメージ
アトックスのネットワーク構成イメージ



「以前は自前でインターネットVPNを運用していたのですが、障害が発生したとき、原因は足回りにあるのか、ISPなのか、ルーターなのか。拠点の従業員からすると、『つながらない』ということしか分かりません。このため、いろいろと監視の仕組みなども導入していましたが、最終的には障害原因の切り分けや復旧作業は“超職人芸”。ユーザー企業でその技術を維持していくことは並大抵ではありません。そこでクラウドに移行するにあたっては、足回りの光ファイバーまで含めてワンストップで提供・サポートしてもらえることを選定の前提条件にしたのです」(五井氏)

さらに、アトックスの拠点の多くは都市部から離れた場所にあるが、そうしたエリアのカバレッジが大変充実していた点も高く評価したという。

クラウドからネットワークまで、トータルで高い信頼性を実現できることからKDDIを選択したのである。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

ibosscloud2111
IIJGS202111
cisco2111

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】特化型ワイヤレス進化論
<Part1>PS-LTEで公共安全DX <Part2>体表・体内に無線網
<Part3>山岳用LPWAで地方創生 <Part4>水中光無線が拓く未来
<Part5>ワイヤレス給電が長距離化 <Part6>音声通信が20年ぶり進化

インタビューサムスン電子ジャパン 常務取締役 Network事業本部長 岩男恵氏「ローカル5Gを確実に立ち上げ」 【ソリューション特集】イチからわかるネットワーク時刻同期/屋外無線LANの基礎知識 【インサイト】電気通信紛争処理の20年史 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

アンリツ5G/ローカル5Gの電波干渉回避へ、
高まる時刻同期の重要性

アンリツの計測器「MT1000A」なら大丈夫な4つの理由

Japan Summitジュニパーが「Japan Summit」を
今年もオンライン開催!

テーマは「エンタープライズDX」を支えるネットワーキング

TP-LinkTP-LinkのメッシュWi-Fiルーター「Deco」 ISPも注目する強みとは

TP-LinkのメッシュWi-Fiルーターを採用するISP、オプテージが語る。

原田産業TSN時刻同期にGM200を選ぶ理由

高精度な時刻同期が必要な産業で、大きな支持を集める“高コスパ”なPTPグランドマスタークロックがある!

東陽テクニカ今こそ考える「GNSSに頼らない時刻同期」

5G、金融、産業ロボット…、求められるのがGNSSに頼らない時刻同期だ。

古野電気船舶で培ったGNSS技術で
“ナノ秒”の高精度インフラを支える

時刻同期を支える、古野電気の高性能・高信頼GNSS受信機!

ハイテクインター建設DXに屋外無線LANは必須
高信頼&高コスパWi-Fiを作業現場に

建設現場ならではの難条件も、簡単かつ安価にWi-Fiが導入可能!

セイコーソリューションズPTPもNTPも、通信も放送業界も
時刻同期ニーズに全方位対応

時刻同期ネットワーク構築の際に押さえるべきポイントを解説する。

丸文時刻同期の不安は“よろず相談所”へ

投資対効果に優れた安定的な時刻同期の実現に必要な製品提供から試験・測定まで、丸文がトータル支援

DPU注目の新デバイス「DPU」でデータセンターセキュリティはどう変わる?

NVIDIAなどが提唱するDPU。活用範囲の広さこそが最大の注目点だ。

沖縄ケーブルネットワーク「なんくるないさ、みんなも始めよう」沖縄ケーブルネットワークの挑戦

サードパーティ製光トランシーバーを採用してNWコストを劇的に下げる

DAACATV事業者は“意思決定”を
もう先送りしない

CATVネットワークのトラフィック対策の切り札「DAA」の課題が解消!

A10ネットワークスA10ネットワークスの現在と未来

米本社CEOや日本法人社長らがイベント「A10 CONNECT」で、ビジョンや今後の注力分野などを語った。

Communications Cloud大変革時代の通信事業者クラウド

新たな通信事業者向けシステムを、Salesforceの「Communications Cloud」で実現しよう。

BBB Spectrum100Gbps DCIのコストを半分に!
「光ファイバー波長貸し」という革命

圧倒的な低コストを実現したDCIサービス「BBB Spectrum」

Nuclias Cloud企業NWに必要十分なクラウド管理
多機能・低コストでホテルや学校にも

コロナで現地設定は困難。そこで注目したいクラウドからのリモート管理

NetMeister Prime無償で始めるNWのクラウド管理
一括設定や閉域網対応のPrime版も

遠隔からNW機器を管理したいが、コストはかけられない。そんな課題を解決

Ruijie NetworksRuijie Networksを
ハイパースケーラーが選ぶ理由

アリババやテンセントなど、「やりたいことを安価に実現」で支持拡大!

丸文安定・高品質なWebアプリを支えるモダンなDCネットワークはこう作れ!

データセンターネットワークの「モダン化」のポイントは何か?

エヌビディアNVIDIAはネットワークから変える
AI/IoT時代のDCインフラとは?

次世代データセンターに向け、エヌビディアがNWアーキテクチャを刷新

日本ソルテック監視カメラ、施設や学校にも好相性 実運用に堪える無料のクラウド管理

クラウド管理型ネットワーク「Nebulaクラウド」が好評だ!

コムスコープ・ジャパン5G基地局の設置効率化に「ケーブリング改革」が不可欠な理由

超小型軽量の配線システムで、工事時間を従来の半分以下へ削減!

サードパーティ製光トランシーバーのはじめ方サードパーティ製光トランシーバーのはじめ方 

ブロードバンドタワー水落氏がサードパーティオプティクスの要点解説

WhatsUp Gold 2021確実にWindows環境のログを取得! 

ログ監視ツール「WhatsUp Gold」がさらにパワーアップ。ログ管理の課題を解決する新機能が多数追加!

ゼットスケーラーゼロトラスト実現の現実策とは?

どのようなリソース・手順を用いればいいのか? 無償ワークショップで自社の道筋整理を

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ中堅中小にちょうどいいゼロトラスト

中堅中小企業にも現実的なゼロトラスト移行ソリューションをチェック・ポイントが提供する。

プロディライト電話環境のDXを実現する!
岩崎通信機のオンプレPBXとも連携

出社せずに会社宛ての電話を受けられるクラウドPBX「INNOVERA」

CyCraft AIRなぜ、AI主導型EDRなら短期解決?
インシデント対応の4つのポイント

ごく普通の企業でもAI主導型EDRならサイバー攻撃対策の自動化が可能だ。

エイチ・シー・ネットワークス月1200円から目指すゼロトラスト
ソフトSIM+SWGで全通信を制御

導入の複雑さやコスト面から足踏みしている企業の悩みを解決

IIJグローバルソリューションズDXの鍵はXDRと戦略立案にあり!

デジタル・ガバナンスの整備~アドバイザリーまでを、IIJグローバルソリューションズが支援!

シスコシステムズ通信事業者のデータセンター運用を「直感的」に!

解決策までリアルタイム提示するCisco Nexus Dashboard

ネッツワイヤレスIoT回線の最適解「ネッツワイヤレス」 多要素認証でテレワークも

「現場改革」のための法人向けモバイル回線サービス!

Keysight World 2021ドコモが語るオープンRAN普及戦略
キーサイトが10/12からイベント

6Gに向けた最新技術トレンドがテーマ!(事前登録制、参加費無料)

Splunk Services JapanSplunkで真のゼロトラスト SIEMとSOARをストーリー仕立てで

ゼロトラストの実現に必要な統合管理/分析プラットフォームを提供!

Fortinetゼロトラストで変わる常識
VPNの課題を解決するZTNAとは?

ゼロトラスト原則に基づいたリモートアクセス「ZTNA」を徹底解説!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012
ローカル5G情報局

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。