企業ネットワーク最前線

野村證券のiPad導入の舞台裏(前編)――「顧客接点にどれだけ情報を送り込めるか」

文◎太田智晴(編集部) 2013.07.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

野村證券 国内IT戦略部長
藤井公房氏

iPadを8000台導入した野村證券。同プロジェクトを主導した国内IT戦略部長の藤井公房氏が、その舞台裏やiPadの導入メリットなどについて「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2013」で語った。

iPadの有名事例はいくつかあるが、昨年7月に本格導入がアナウンスされた野村證券のケースもその1つに挙げられるだろう。全国の営業担当者約8000人にiPadを配布した。

その野村證券でiPad導入プロジェクトを主導したのが、国内IT戦略部長の藤井公房氏である。同氏は、7月1日~2日に都内で開催された「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2013」に登壇し、国内最大級のiPad導入事例の舞台裏などを語った。


野村證券の藤井公房氏とガートナの石橋正彦氏
野村證券 国内IT戦略部長の藤井公房氏(左)と、インタビュアーを務めたガートナー リサーチ リサーチ ディレクターの石橋正彦氏

営業で大切なのは“すし職人”のような手際のよさ

藤井氏が責任者を務める国内IT戦略部は、営業部門に属したIT部門である。藤井氏自身ももともと営業出身。支店長時代には「IT部門に連日電話して、まるでクレーマーのようだった」という。つまり、営業現場のことを肌でよく知るITマネージャーだ。

iPadには、最初から大きな関心を持っていた。iPhoneが登場したときから、「これは営業に使える」という感触があったという。

「先輩は“すし職人”によくたとえたが、証券営業は手際よくお客様に訴えていくことが非常に大事。野村證券でも以前、営業にノートPCを配布したことがあったが、うまくいかなかった。起動が遅く、また電池が持たないから客先でコードをつなぐなど、手際のよさでは紙に勝てないからだ」

一方、iPhoneは、ノートPCと違って“一発起動”。バッテリー駆動時間も長い。さらに、藤井氏は営業マン時代、ポケベルで取得した最新の株価情報を営業時の会話によく活用していたというが、iPhoneならポケベルとは比較にならないほどの情報を入手できる。ただ、残念ながらiPhoneにも1つ大きな課題があった。iPhoneの小さな画面は、顧客とのやり取りには向いていない。

しかしその後、画面サイズの大きいiPadが登場する――。日本での第1世代iPadの発売日である2010年5月28日、野村證券の国内IT戦略部は部員全員で量販店などに並び、22台のiPadを獲得したという。

藤井氏は、当初から営業担当者での活用を主眼に考えていたが、最初は国内IT戦略部内での“実験”からスモールスタートした。それから役員や営業担当者など徐々にトライアル範囲を広げ、2011年7月には営業担当者へのトライアルを1000台規模に拡大。このときに現在の8000台体制に向けた運用管理とシステム基盤がほぼ整備された。そして、その1年後、野村證券は営業担当者8000人への本格展開を果たす。

「タブレットは個の力を引き出す武器」

藤井氏は、iPadの活用目的を3つのポイントに分けて整理している。「顧客とのコミュニケーション」「外出先での情報収集」「業務効率のアップ」の3つだ。なかでも野村證券が「一番重視している」というのが、顧客とのコミュニケーションだ。

インフォテリアのモバイルコンテンツ管理ソリューション「Handbook」を採用し、商談に電子化されたパンフレットを活用しているほか、株価などの投資情報もiPadですぐ顧客に見せられるようになっている。また、顧客の保有不動産の話題が出たら、グーグルのストリートビューで現地をiPadに表示し、さらに会話を弾ませたりといった使い方もしているそうだ。

「IT部門の付加価値をどう出すかというと、我々の場合は、『営業担当者とお客様との接点に、どれだけ情報を送り込むことができるか』。それが、ネットワークとモバイルデバイスに発達によって可能になっている。タブレットは、個の力を引き出す武器なんだと実感している」と藤井氏。


野村證券のタブレット主要機能
野村證券のタブレット主要機能。自社開発したのは「顧客情報Plus」などごく一部で、クラウドサービスを中心に活用している


また、こうも強調した。「移動しながら仕事をする、会話をしながら仕事をする……。タブレットはPCに今あるものを置き換えるのではない。こうしたタブレットならではの使い方に合わせたシステムになっていく必要がある。我々は“モバイル・ファースト”にこだわってやっていきたい」

なお、利用しているアプリなどは一般的なクラウドサービスが中心。自社開発したのはごくわずかで、今後も「基本的にはクラウドサービスをなるべく使おう」との方針だという。

後編では、「タブレットと非常に相性がいい」という野村證券の社内SNSへの取り組みを中心に紹介する。

スペシャルトピックスPR

nec1907
intel1906
extreme1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます