ニュース

キャンパスLANもオープン化へ、Dell EMCがネットワーク事業で新施策

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.09.03

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「オープンネットワーキング」を掲げて、ハード/ソフト分離型のネットワークソリューションを展開するDell EMCが2018年8月31日に記者説明会を開催した。ネットワークのオープン化をさらに促進するための新施策を発表。これまでデータセンターネットワークが主軸だったビジネス領域をキャンパスLANにも広げる。


「我々が『オープンネットワーキング』を始めて、もう4年。ようやくお客様がそのメリットを享受するようになってきた」

オープン・ネットワーク事業(兼)サービス・プロバイダ事業 事業部長を務める西澤均氏は、Dell EMCのネットワーク事業の現状についてそう切り出した。

同社のいうオープンネットワーキングとは、スイッチやルーター等のネットワーク機器を構成するハードウェアとソフトウェアを分離し、ユーザーが目的や用途に応じて組み合わせて導入・運用できるようにすることだ。ハードとソフトが一体型で提供される従来型のネットワーク機器に比べて、ユーザーは多くの選択肢を持つことができ、コスト最適化しやすくなるなどのメリットがある。


Dell EMCはハード/ソフト分離型の「オープンネットワーキング」を提唱している


Dell EMCは2014年から、このオープンネットワーキングのモデルを体現する製品を、データセンターネットワーク向けに展開してきた。現在、ソフトウェアとしてはオープンソース「Open Switch」をベースとした「OS9」「OS10」を提供。ハードウェアについては、他社のネットワークOS/ソフトウェアもサポートするスイッチ製品「Zシリーズ」「Sシリーズ」等を販売している。

また、データセンター以外のいわゆる“キャンパスLAN”向けにもスイッチ製品「Nシリーズ」を用意。これらの製品群と、パートナーシップを組むBig Switch NetworksやCumulus Networks等のOS/ソフトウェアを組み合わせて、ネットワークのオープン化を進めるというのがDell EMCの戦略だ。



デル オープン・ネットワーク事業(兼)サービス・プロバイダ事業 事業部長を務める西澤均氏(左)と、
インフラストラクチャ・ソリューションズ事業統括 ネットワーク事業部 シニアシステムズエンジニアの佐々木亮氏


西澤氏によれば、データセンター領域ではビジネスが順調に伸びているようだ。「データセンター向けネットワークの業界は、年に十数%で伸びているが、我々の成長はそれを遥かに上回る。今後もさらに伸びると見ており、投資を継続していく」。

「ほしい機能だけ」使える新モデル

ガートナーの予測によれば、オープンネットワーキングの市場規模は今後3年間で83億米ドル、8000億円超にも達する見込みだという。

Dell EMCはこの成長にさらに弾みをつけるため、新たな施策を打ち出した。ネットワークOS「OS10」の提供形態に新たなモデルを用意する。

これまでOS10の提供モデルは下の図表に示す2種類があった。



これまでのOS10の提供モデル


1つは、オープンソースであるOpen SwitchにDell EMCのサポートを付けて無償提供する「OS10 Open Edition」。低コストに利用できる反面、例えばL3ネットワーキングやMPLSといったネットワーク機能はユーザー自ら開発したり、他のソフトウェアを組み合わせる必要がある。

もう1つは、OS10 Open Editionに基本的なネットワーク機能をパッケージングして提供する「OS10 Enterprise Edition」だ。予め“よく使う”機能が備わっているので、Open Editionに比べて低リスクに利用できる。

ただし、Enterprise Editionの場合、「お客様は使わない機能にまでコストを払うことになるので無駄が生じる。これをなんとかしてほしいという声が上がっていた」とネットワーク事業部 シニアシステムズエンジニアの佐々木亮氏は話す。このニーズに応えるのが、下の図表に示した新モデルだ。



OS10の新モデル。ユーザーが使いたい機能を選別して導入できる


新モデルは、OS10と組み合わせて提供する機能を細分化し、“目的別パッケージ”のようなかたちで提供するもので、「L3ネットワーキング」「マルチキャスト」「インターコネクト」「MPLS」の各パッケージを提供する。ユーザーは、「必要な機能だけパッケージとして買える」(佐々木氏)わけだ。

スペシャルトピックスPR

attokyo2001
yamaha2001
soltec2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G思考 「大転換」を勝ち残るための8つの思考
<野村総研 桑津浩太郎氏>人とAIのハイブリッド <ALSOK>マルチタスク化 <北海道大学 教授 野口伸氏>無人化 <クロサカタツヤ氏>ユーザー企業主導 <Jリーグ、パシフィックリーグマーケティング>デジタルの絆 <時空テクノロジーズ>インタラクティブな共有体験 <東京都、前橋市>つながる都市 <テラドローン>タイムマシン経営

[インタビュー]グレープ・ワン 小竹完治社長「ローカル5Gは地域BWAと全然違う」 [ソリューション特集]SD-WAN & WAF ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ジュニパーネットワークス“ただのSD-WAN”はもう要らない!
LANもWi-Fiもすべてクラウド管理へ

今必要とされているのは、
“SD-WAN+α”のソリューションだ。

Citrix SD-WANシトリックスといえば「UX重視」
その哲学はSD-WANにも!

情シスも現場も幸せになれる
「SD-WAN」がここにある。

ソフトバンク目的・用途別にSD-WAN使い分け!
ソフトバンクが“3つめ”を出す理由

IaaS利用に最適な新SD-WANで
企業のクラウドシフトをサポート!

ブロードメディア・テクノロジーズAryakaの“SD-WAN as a Service”
なら全部お任せできる!

AryakaのSD-WANはコアからラストマイルまで一括で運用を任せられる

東京エレクトロンデバイスクラウド基盤にお勧めのWAF
高い検知性能でコスト削減

WAF市場のリーダー、F5製品は多角的分析による検知精度の高さが特徴だ

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

アクセスランキング

dwpreport
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます