企業ネットワーク最前線

【日生学園】iPhoneが変える学園生活――生徒が自主的に利用ルールを決め、学校行事や部活動で大活躍

文◎百瀬崇(ライター) 2014.03.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

今年で創立49年を迎える日生学園。三重県に2カ所、兵庫県に1カ所のキャンパスを持ち、3キャンパスを合わせた生徒数は1200名にのぼるが、そのうち830名がiPhoneを利用している。学校行事や部活動を中心にiPhoneの活用が進んでいる日生学園において、iPhoneの利用ルール作りを主導したのは生徒たち。その背景には、教職員と生徒の強い信頼関係があった。

iPhoneを使ってプレゼン合戦

2013年3月、生徒たちはそれぞれの思いを持ってiPhoneを使い始めた。iPhone導入から約1年経った今、生徒たちはiPhoneをどのように活用しているのだろうか。

「学内の連絡事項の一斉送信はフィーチャーフォンと変わりませんが、部活によっては、顧問の判断で無料通話・チャットアプリのLINEを利用して連絡を取り合っているケースもあります」(青田氏)

最も変わったのは課外活動や学校行事だという。例えば学園祭では、「TEDxNissei(テデックスニッセイ)」という催しを開いた。米国の非営利団体であるTEDは、学術やエンターテインメント、デザインなど様々な分野の最先端で活躍する人を招いた講演会を開催している。TEDの講演は日本のテレビなどでも放映されているので、ご存知の方が多いだろう。TEDxNisseiは、その日生学園版というわけだ。

具体的には、「エンジョイスクールライフ」というテーマを設定し、予選を通過した生徒が学園祭でプレゼンテーションを行った。ここで役立ったのがiPhoneとアップル製のプレゼンテーションソフト「Keynote」だ。「生徒たちは自分のiPhoneにKeynoteをインストールし、空いた時間でプレゼン資料を制作していました。画面が小さいため、iPhoneだけでは細かな作り込みは難しいけれど、大まかな流れは作ることができます」(青田氏)

また、日生学園第二高等学校では、iPhone導入委員会が発展した「iPhone活用委員会」のメンバーたちが「iPhoneで何か面白いことはできないか」と、夏休みに東京のアップルジャパン本社を訪ねた。そこで提案してもらったのが「お国自慢選手権」である。


「お国自慢選手権」の概要
「お国自慢選手権」の概要


日生学園には日本全国から生徒が集まる。夏休み中にiPhoneで地元の自慢スポットなどの写真を撮り、2学期が始まったら、iPhoneを使ってお国自慢のプレゼン大会を開催するというものだ。2013年は、iPhone活用委員会のメンバーだけで実験的に行ってみたが、これが想像以上に盛り上がった。そこで今年の学園祭では全校生徒に参加してもらい、大々的に開催する予定だという。

 

iPhoneでビデオレター制作!部活動にも活躍

今回の取材では、日生学園第一高校と日生学園付属中学の女子寮のiPhone活用委員会のメンバーに話を聞くことができた。今、卒業式に向け、3年生へのビデオレターをiPhoneで制作している真っ最中だという。


日生学園第一高校と日生学園付属中学の女子寮のiPhone活用委員会のメンバー
日生学園第一高校と日生学園付属中学の女子寮のiPhone活用委員会のメンバー。卒業生に向けたビデオレター制作の打ち合わせを行っている


このほかにiPhoneをどう使っているのかを聞いてみると、「iPhone活用委員会では、みんなが楽しめる行事を作るためにiPhoneを活用しています」「寮生活をしているので、家族とコミュニケーションをとるためにiPhoneでLINEを使って連絡を取り合っています」という答えが返ってきた。

部活動でもiPhoneが活用されている。例えば放送部ではTwitterのアカウントを作り、昼休みの放送で流す曲のリクエストを募っている。ゴルフ部では、iPhoneのムービー機能を利用して自分のフォームを厳しくチェックしている。また、天文サークルは天体観測アプリ、合唱部はピアノアプリと、それぞれの部活動に合ったアプリを活用しているという。

iPhoneアプリを制作する「アプリ開発サークル」もできた。メンバーの1人に話を聞くと、「自分たちで使いたいアプリを、自分たちで作ってしまおうとサークル活動を始めました。アプリが出来上がったときは、ほかには代えられない達成感があります」と話してくれた。


iPhoneアプリを作成中のアプリ開発サークルのメンバーたち
iPhoneアプリを作成中のアプリ開発サークルのメンバーたち

スペシャルトピックスPR

singtel1904
sonybiz1904
silverpeak1904

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます