新製品&新サービス

オラクルのSDN/仮想ネットワーク戦略は「InfiniBand」がキモ

文◎太田智晴(編集部) 2013.04.04

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

日本オラクル システム事業統括
ソリューション・プロダクト統括本部 副統括本部長
プロダクト・マネジメント・オフィス 本部長
宮坂美樹氏

SDNへの期待が高まるなか、日本オラクルが仮想ネットワーク製品「Oracle Virtual Networking」に関する記者説明会を開いた。オラクルのSDNの大きな特徴の1つは「InfiBand」を採用している点だ。

SDN(Software Defined Network)や仮想ネットワークのための要素技術といえば、OpenFlowやVXLAN、TRILLなどのワードが思い浮かぶが、日本オラクルが展開するSDN/仮想ネットワークソリューションの土台となっているのはInfiniBandだ。

InfiniBandとは、主にHPC(High Performance Computing)の分野で使われてきたインターコネクト技術。イーサネットを上回る広帯域・低遅延も実現可能なことからHPC市場では一定のポジションを築いてきたものの、提供ベンダーが限られているなどの問題から、エンタープライズ市場ではほとんど採用されてこなかった。ただ最近、風向きは変わりつつある。

データセンターネットワークでは現在、サーバー間トラフィック(東西トラフィック)の急増が課題になっているが、これを解決する高速サーバー間通信技術としてオラクルなどがInfiniBandを積極的にプッシュしているからだ。さらにオラクルは昨年買収したI/O仮想化ベンダー、Xsigo Systemsの技術を用いて、InfiniBandを活用したSDNソリューション「Oracle Virtual Networking」を提供している。

4月4日、日本オラクルはSDN/仮想ネットワーク製品に関する記者説明会を開催したので、その概要をレポートする。

Oracle Virtual Networkingの3つの価値とは?

日本オラクル プロダクト・マネジメント・オフィス 本部長の宮坂美樹氏は、オラクルの仮想ネットワークの価値について3つのキーワードを挙げて説明した。

1つめは「シンプル」で、これはまずケーブリングの簡素化を意味している。サーバー集約・仮想化環境では、例えば1GbEのNICが3枚に10GbE NICが1枚、それにFC用のHBAといった具合に1台の物理サーバーに数多くの物理I/Oを搭載するケースが少なくない。その結果、非常に複雑な配線になる。


InfiniBandでシンプルなケーブリングを実現
InfiniBandでシンプルなケーブリングを実現


しかし、InfiniBandでは、イーサネットやFC、iSCSIなどを1本のケーブルに統合することが可能だ。このため配線はすっきりし、「ハードウェアコストも50%くらい削減できる」(宮坂氏)という。


Oracle Fabric Interconnect
Oracle Fabric Interconnect。上段がInfiniBandのポートで、下段のI/Oモジュール・スロットにはイーサネットやFCなどのモジュールが挿せる


また、ネットワークの運用もシンプルになる。宮坂氏は実際に、運用ツールのGUI画面上から仮想NICを追加し、接続したい仮想ネットワークを選択して承認するだけで、ネットワークの変更が完了することをデモしてみせた。なお、Oracle Virtual Networkingでは最大1万6000の仮想ネットワーク環境を構築可能だ。

2つめの特徴は「高性能」である。オラクルでは仮想ネットワーク用のハードウェアとして「Oracle Fabric Interconnect」を2モデル用意しているが、最大でサーバー当たり40Gb InfiniBand×2の80Gbpsを実現できる。


InfiniBandのパフォーマンスの特徴
InfiniBandのパフォーマンスの特徴


最後の3つめは「高セキュリティ」で、完全に独立したマルチテナントネットワークが構築可能とされた。VLANによる論理分割の場合、物理的にはネットワークは分離されていないわけだが、Oracle Virtual Networkingでは下のスライドのように、異なる物理ポートに仮想NICを終端させることで、完全に分離できるという。


I/Oを完全に分離可能だという
I/Oを完全に分離可能だという

スペシャルトピックスPR

1810macnica
1810prtg
1810riverbed

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます