ドコモと携帯メーカー4社ら、携帯PFを共通化

NTTドコモ、ルネサス エレクトロニクス、富士通、NEC、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、シャープの6社は2010年4月26日、携帯電話向けアプリケーションプラットフォーム(AP-PF)の共同開発に合意したと発表した。

このAP-PFはLinux OSおよびSymbian OSに対応し、6社は2011年度後半に発売予定の携帯電話への搭載を目指し共同開発する。

これにより、富士通、NEC、パナソニック、シャープのメーカー4社は、携帯電話のアプリケーション処理における基本機能の独自開発が不要となり、開発期間の短縮と開発コストの削減が可能になるという。

6社は、共同開発したAP-PFを全世界の携帯電話市場に提供していく予定。また、Androidへの対応も検討していく。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。