NECと福田道路、AIで「道路の健全度」を見える化するシステム

NECと福田道路は2017年1月31日、AI技術を活用した「舗装損傷診断システム」を開発したと発表した。

NECのディープラーニング技術を搭載した「NEC Advanced Analytics – RAPID機械学習」を活用し、一般的なビデオカメラを取り付けた自動車で撮影した路面映像を分析することで、路面のわだち掘れとひび割れを同時に検出。路面状況の劣化レベルの判定が行えるという。また、路面の撮影と同時に記録したGPSによる位置情報の活用により、地図データ上で路面状況を確認することも可能だ。

国内における道路の総延長は120万kmを超え、その多くを管理する国・自治体では、職員などによる路面点検の人員確保や高価な専用機器を用いた調査の費用負担などが大きな課題となっているという。これに対して、両社が開発した舗装損傷診断システムなら、従来方法よりも安価で効率的に路面の健全度を見える化できるとしている。

「舗装損傷診断システム」の利用イメージ

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。