NTTコムの「AI×映像解析」、複数カメラを跨いだ不審者追跡に成功

NTTコミュニケーションズは2016年3月30日、Deep Learning(深層学習)などを含むAI(人工知能)技術を活用し、不審者の動作検出や複数カメラに映る同一人物の推定などの検出に成功したと発表した。実証実験は2015年12月~2016年1月に、綜合警備保障(ALSOK)と連携して実施した。

実証実験では、「再照合技術」と「時系列Deep Learining技術」の2つについて、高い精度で検知できたという。

再照合技術は、Preferred Networksの技術協力によるもので、1枚の画像から特定人物の特徴をAIを利用して抽出し、複数のカメラを跨いだ映像から同一人物の候補を推定して提示する。実証実験においては、ある人物がエスカレーターを使って複数のフロアを移動した映像から、同一人物の候補を100%の確率で抽出することに成功。

時系列Deep Learning技術は、映像データを解析し、人の動作を高精度に識別する技術。あらかじめ検知したい「きょろきょろする」「荷物を置く」などの動作をAIに学習させておき、映像データからそれらの動作を自動検知する。

NTTコムは、「監視精度の向上・サービス化に向け、ALSOKなどと更なる連携を強化し、同様の実験・検討を継続する」という。

再照合技術のイメージ
時系列Deep Learning技術のイメージ

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。