NEC、パケ詰まり改善やSDN連携などを実現するキャリア向けソリューション

NECは2014年2月21日、通信事業者向けの通信トラフィック制御ソリューション「Traffic Management Solution」(以下、TMS)の強化を発表した。同日から販売を開始している。

NECでは2012年2月からTMSとして販売しているが、従来の「トラフィック削減ソリューション」に加えて、今回新たに「QoE最大化ソリューション」と「トラフィック見える化ソリューション」、「TMS to SDNソリューション」を追加した。

QoE最大化ソリューションは、通信セッション(ユーザーフロー)毎にシステムパラメータのチューニングを行うことで、QoEの劣化を防ぐもの。特に混雑エリアや混雑時間帯のパケット詰まりなどに有効だという。導入前と比較し、コンテンツのダウンロード時間は約半分、ユーザーの体感通信速度は2倍になるとのこと。

トラフィック見える化ソリューションは、従来のバッチ処理では1日を要していたというトラフィック統計情報をリアルタイムに可視化するもの。そして、TMS to SDNソリューションでは、可視化したトラフィック情報をSDNと連携させ、トラフィック傾向に応じた動的なネットワークの設計・再構成を実現できるという。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。