サーコム・ジャパンが家電制御用アダプタの新製品を発表

通信ネットワーク機器や家電制御用アダプタ等のOEM製品を製造するサーコム・ジャパンは2013年2月26日、2013年の事業戦略と国内向けに展開する新製品を発表した。同日受注を開始した家電制御アダプタ「SF-IRC01」のほか、ECHONET Liteゲートウェイ、ネットワークカメラ、無線LANアクセスポイント等の新製品を順次OEM製品化。国内の通信事業者や電機メーカー、HEMS/BEMS事業者などに提供する。

サーコム・ジャパン代表取締役の伊藤信久氏

台北市に本社を置くサーコムは、自社ブランドを持たないOEM/ODM専業メーカーとしてグローバルに事業を展開。日本法人サーコム・ジャパン代表取締役の伊藤信久氏は、「台湾企業の魅力であるスピードと、OEM/ODM専業メーカーとして培ったノウハウを持っている」と自社の強みをアピールした。また、IPプロダクトグループ グループマネージャ兼プロダクトマネージャーの志田典道氏によれば、サーコム・ジャパンの製品は「国内パートナーも使って開発している。日本の声を反映したファームウェア開発を行っている」という。製造スピードの速さをベースにしながら「日本のサービスレベルで製品を提供する」ことで、特に注力するHEMS/BEMS市場を開拓していくと述べた。

HEMS/BEMS市場に注力し、家電制御アダプタのほか、これを連携するさまざまな製品を開発する

そのキーデバイスとなるのが、前述の家電アダプタ「SF-IRC01」。本体に温度センサーと家電制御機能を搭載。国内で流通している壁掛け式エアコンの赤外線コードがプリセットされており、有線/無線LANのインターフェースを備える。遠隔からIPネットワーク経由で家庭内のエアコンを制御する、一定の温度を超えたら稼働を停止する、電力見える化サービスと組み合わせてデマンドレスポンスを行う節電サービスといった用途に利用できる。ファームウェアの開発により、ECHONET Liteへの対応も可能だ。

受注を開始した家電制御アダプタ「SF-IRC01」(中央)のほか、ECHONET Liteゲートウェイ、ネットワークカメラなどを順次開発し国内でも展開する

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。