家電量販のコジマ、2500台のAndroidタブレットで接客強化

NECは2012年11月16日、大手家電量販店のコジマに10.1型のAndroid搭載タブレット端末「LifeTouch L」を活用した接客支援システムを納入したと発表した。タブレット端末の導入台数は合計2500台で、コジマは11月17日から順次、全国の店舗で接客対応の品質向上と販売業務の効率化に活用していく。

今回、コジマが採用した接客システムでは、タブレット端末上に商品情報や他店を含めた在庫情報などを表示可能。また、購入履歴などの顧客情報を活用した接客も行えるようになっている。さらに、配送日の指定などもタブレット端末上で行えるため、レジでは決済のみの作業にでき、待ち時間を短縮できるとのこと。

コジマではタブレット端末を活用した店舗内・全社の情報共有や、テレビ会議、eラーニングなどについても検討しているという。

タブレット端末を使用した接客の様子
タブレット端末を使用した接客の様子

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。