ソリトンのHD対応モバイル映像伝送システムが放送局向けに機能強化

ソリトンシステムズは2012年11月13日、モバイル映像伝送システム「Smart-telecasterHD」の新バージョンを発表した。

Smart-telecasterシリーズは、3G/LTEやWiMAXなどの公衆モバイル回線を利用してリアルタイム映像配信が行えるソリューション。Smart-telecasterHDは、フルHD(1920×1080)での映像入出力に対応し、放送局の報道現場などでの採用が進んでいるという。

Smart-telecasterHD。2種類のハードウェアを用意する
Smart-telecasterHD。2種類のハードウェアを用意する

今回の新バージョンでは、その放送局の利用を想定した機能強化が行われた。エンコード性能が強化され、従来比2分の1の消費電力で2倍の処理性能を実現。また、最大8Mbpsまでのエンコードレートをサポートしたほか、ローパスフィルタやノイズリダクションフィルタも搭載した。

さらに、Type2(専用機モデル)では、最大8回線までのモバイル回線を束ねて利用可能になった。

Smart-telecasterHDを採用したTBSテレビの活用写真。カメラの背後にSmart-telecasterHD Type2がマウントされている
Smart-telecasterHDを採用したTBSテレビの活用写真。カメラの背後にSmart-telecasterHD Type2がマウントされている

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。