RFIDを全面採用した新山梨県立図書館、NECが構築

NECは2012年11月9日、新山梨県立図書館の図書館システムを構築したと発表した。RFIDを全面的に採用するのが特徴。

11月11日にオープンする新山梨県立図書館では、所蔵資料約80万点にRFIDを貼付し、貸出の管理や蔵書の点検、持出防止などの図書館業務を効率化する。また、自動貸出機や「おくだけサーチ」など、利用者向けのサービスにもRFIDを活用する。

おくだけサーチとは、図書に貼付されたRFIDを読み取ると、表紙画像などとともに、所蔵されている関連図書の一覧も自動表示するもの。利用者は、未知の関連図書を発見できるという。

「おくだけサーチ」のイメージ
「おくだけサーチ」のイメージ

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。