トップベンダーに聞いた!WAN高速化装置にいま注目すべき3つの理由[前編]――ブロードバンド大国、日本の意外な落とし穴

ビジネスを取り巻く環境が激しく変化するなか、企業に最も求められているのが「スピード」だ。ところが、経営スピードの向上を支える基盤であるWANは、様々な課題に直面している。WANの高速化がますます必要になっている理由を、WAN高速化装置のトップベンダーであるリバーベッドテクノロジーに聞いた。

世界的なITリサーチ会社であるガートナーは毎年、CIOが抱える課題を明らかにするアンケート調査を実施している。2335人のCIOが回答した2012年の調査において、ビジネス戦略の優先度トップに挙がったのは、日本・世界ともに「企業成長を加速する」だった。すなわちIT部門はいま、いかに自社の成長に貢献できるかが問われている。

図表1 2012年におけるビジネス戦略の優先度 (出典:ガートナー)
CIOが2012年におけるビジネス戦略のトップ3の1つとして選択した順位 日本 世界
企業成長を加速する 1 1
新規顧客を獲得し、維持する 2 2
ITワークフォース(要因)を確保し、維持する 3 8
企業コストを削減する 4 3
新規の市場や地域へ業務を拡大する 5 10
マーケティングやセールスの有効性を改善する 6 9
オペレーションで成果を挙げる 7 5
新製品や新サービスを開発する(イノベーション) 8 4
収益性を改善する(利益) 9 7
製品とサービスの品質を改善する 10 圏外

では一体、企業成長は何に依存するのか。その最も重要な要素の1つが「スピード」であることに異論を唱える人はいないだろう。現代の厳しいビジネス環境においては、競合他社にスピードで出し抜かれては競争に打ち勝てない。

IT部門には、ITの側面からビジネススピードのボトルネックを発見し、改善していくことが求められている。

“道路”は高速だけど、乗っている“クルマ”は大丈夫?

ブロードバンド大国、日本――。

諸外国と比べて、日本では高速大容量のWANサービスを安価に入手可能だ。ネットワークはITシステム全体のパフォーマンスのみならず、ビジネススピードをも大きく左右する“要”であるが、その意味で日本は恵まれた環境にあるわけだ。

しかし実は、このことが日本企業にとって意外な“落とし穴”になっているといったら驚くだろうか。「日本のIT部門の方は、WANを過信しているケースが少なくない」と指摘するのは、リバーベッドテクノロジーの伊藤信氏だ。

「日本では低コストで“高速道路”を利用できるが、実は乗っている“クルマ”のほうに制限速度があるため、それ以上は速く走れない」(伊藤氏)

リバーベッドテクノロジー マーケティングマネージャー 伊藤信氏
リバーベッドテクノロジー マーケティングマネージャー 伊藤信氏

国内の通信事業者が提供する企業向けWANサービスは確かに安価で高品質だが、それを過信するあまり、結果としてWANのスピードを十分に引き出せていないユーザー企業が多いというのである。

そこで注目したいのが、WAN高速化装置だ。リバーベッドのWAN高速化装置、Steelheadシリーズを導入すると、通常で5~50倍、最大で100倍にWANのパフォーマンスを向上できるという。

>>この記事の読者におすすめのコンテンツ
リバーベッドテクノロジー 企業成長の鍵を握るブランチオフィスに潜むIT課題を排除する!~最小限のコストで最大限の成果を生み出すテクノロジー~

(提供:リバーベッドテクノロジー)

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。