ANA、パイロット2500名にiPadを配布

全日本空輸(ANA)は2012年8月28日、運行乗務員(パイロット)約2500名にiPadを配布すると発表した。まず9月から約300名のパイロットによる3カ月の運用検証を実施し、その後2013年2月から約2500名に展開する予定。

ANAがパイロットにiPadを携行させる目的は、まず高品質なオペレーションを実現するため。従来、運行に関わる天候などの運行情報を入手できる場所は限られていたが、iPadの活用によって、いつでもどこでも容易に入手可能になる。このため、より揺れの少ない飛行ルートや高度の選定に貢献するという。

また、機内搭載マニュアルが電子化されることで、機体の重量減少による搭載燃料の削減、印刷費用の削減、マニュアルの配布・管理作業の効率化が望めるとのことだ。

なお、ANAはすでに全客室乗務員にiPadを配布している関連記事

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。