NEC、成田空港にテレビ電話案内システムを納入

NECは2012年7月18日、成田国際空港に多言語対応テレビ電話案内サービスのシステムを納入したと発表した。成田国際空港では、同システムを活用し、ターミナルビル内にある全19カ所の案内カウンターで、日・英・中・韓の4カ国語対応のテレビ電話案内サービスを提供している。

空港利用者は同サービスを利用することで、自分の母国語を話せるスタッフがそのカウンターにいない場合でも、別カウンターにいる担当者と互いの顔を見ながら会話できる。また、ディスプレイ上でフロアマップや航空券の映像を共有することも可能で、問い合わせ対応の迅速化・明瞭化が図られているという。すでに稼動後、3カ月が経過しており、月間約1500件の利用があるそうだ。

多言語対応テレビ電話案内サービスの利用イメージ
多言語対応テレビ電話案内サービスの利用イメージ

なお、このシステムはNECの「UNIVERGE遠隔相談ソリューション」をベースに構築されたもの。NECでは今回の実績を推進力に、今後3年間で450社にUNIVERGE遠隔相談ソリューションを提供することを目指すという。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。