グーグル・メタ、シスコらがAIデータセンター通信の新標準「UALink」を発表

AMD、ブロードコム、シスコ、グーグル、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)、インテル、メタ、およびマイクロソフトは2024年5月30日、ウルトラ・アクセラレータ・リンク(UALink)プロモータグループを結成すると発表した。

UALinkは、次世代のAI/MLクラスタのパフォーマンスを向上させることを目的とした高速アクセラレータ相互接続技術。今回結成されたグループは、データセンターにおいて次世代AIアクセラレータを実現するための高速かつローレイテンシー通信の進歩に特化した新しい業界標準を開発するとしている。

AIアクセラレータがより効果的に通信できるようにするオープンな業界標準を定義し、確立することで、システムOEM、ITプロフェッショナル、およびシステムインテグレータが、AIに接続されたデータセンターの統合を容易にし、柔軟性と拡張性を高めるための道筋を作成できるようにするのが目的という。

2024年第3四半期に公開される予定の1.0規格では、AIコンピューティングポッド内で最大1024台のアクセラレータを接続でき、ポッド内のGPUなどのアクセラレータに接続されたメモリ間で直接ロードと記憶を行うことができる。

UALink・プロモータグループはUALink・コンソーシアムを結成しており、2024年第3四半期に法人化される。同コンソーシアムに参加する企業は、1.0規格を利用できるようになる予定だ。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。