ICT×未来

<特集>6Gへ - Beyond 5Gへの挑戦

6Gの重要コンセプト「超カバレッジ拡張」 空・海・宇宙もエリア化

文◎村上麻里子(編集部) 2020.05.26

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

6Gの重要コンセプトの1つとして浮上しているのが「超カバレッジ拡張」だ。HAPSや衛星通信の進化により、これまでエリア化が難しかった空や海、宇宙も「超高速でつながる」時代を目指している。

Beyond 5G(6G)では、5Gの特徴である「高速大容量」「低遅延」「多数同時接続」のさらなる高度化にとどまらず、これまでとは別方向での技術革新も期待される。その1つに、「超カバレッジ拡張」がある。

超カバレッジ拡張とは、LTEや5Gなど従来の移動通信システムではカバーできなかった空や海、宇宙空間までエリア化し、どこでもつながる環境を構築することだ。ドローンや「空飛ぶクルマ」、船舶、宇宙ステーションなどにも通信サービスを提供することを目指している。

この超カバレッジ拡張は、静止衛星や低軌道衛星、HAPS(HighAltitude Platform Station:高高度疑似衛星)の利用により実現される。

なかでも昨今、注目が高まっているのがHAPSだ。

HAPSとは、携帯電話の基地局装置を搭載した無人飛行機を成層圏に飛行させ、広域のエリアに通信サービスを提供するシステムのこと。国内では、ソフトバンクの子会社HAPSモバイルが実用化に向けた取り組みを進めている。

HAPSが注目される最大の理由が、そのカバーエリアの広さだ。

HAPSモバイルが開発した「HAWK30」の場合、1機で半径100㎞、直径200㎞という大規模なサービスエリアを構築できる。40機もあれば日本全体をカバーできる計算だ。数千~数万局を必要とする地上基地局と比べて、効率的なエリア展開が可能となる。しかも地上基地局からでは届かない上空もエリア化できる(図表1)。

 

 

HAPSモバイルの「HAWK30」
HAPSモバイルの「HAWK30」は、1機で直径200kmをカバーすることができる



図表1 「HAWK30」のエリアカバーのイメージ

図表1 「HAWK30」のエリアカバーのイメージ

 

 

成層圏は、対流圏と中間圏の間、高度約20㎞に位置する。「この高さが、通信インフラでは重要な意味を持つ」とHAPSモバイル 取締役 事業管理本部 本部長の湧川隆次氏は話す。

基地局は、数十mあるいは数百mの高さに設置するだけでも障害物の影響を受けにくくなり、カバーエリアが一気に広がる。このため、ソフトバンクでは気球を使った基地局「係留気球無線中継システム」を開発し、災害時の臨時回線用に全国各地に配備している。

高度約100mを飛行する気球は半径10㎞のエリアをカバーすることが可能だが、天候の影響を受けやすく、強風時には使用できないといった制約がある。

これに対し、成層圏は雲よりも高度が高く、気流が安定している。HAPSなら年間を通して安定した飛行制御を行うことができる。

その一方、地上から約3万6000kmの上空を飛行する静止衛星と比べると地球から近い位置にあるため、低遅延かつ高品質な通信を提供することが可能だ。

さらに、最新の通信技術により、地上基地局と同じ周波数帯を干渉もなく利用できるという特徴もある。

HAPSの通信システムは、地上基地局間との通信「フィーダリンク」と、地上の携帯電話端末との通信「サービスリンク」で構成される。このうちサービスリンクについては、国内3キャリアのLTEに用いられる2.1GHz帯の利用が国際的に認められている。「既存の携帯端末をそのままHAPSエリアで使えるのは大きな強み」と湧川氏は述べる。実行速度は約280Mbpsだが、ソフトウェアをアップデートすれば5Gにも対応でき、より高速な通信も可能だという。

 

 

HAPSモバイル 取締役 事業管理本部本部長 湧川隆次氏
HAPSモバイル 取締役 事業管理本部本部長 湧川隆次氏

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

kyocera2107
rohde2107
dnp2107

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】もう知らないではすまされない
           
宇宙通信と量子通信で変わる未来

<第一部:宇宙通信>衛星通信はこれからどうなる/ NTTが宇宙に行く理由/ソフトバンクの“非地上”作戦/JAXA、光衛星間通信の狙い <第二部:量子通信>量子暗号で世界をリード/量子インターネットの可能性

インタビューJTOWER 代表取締役社長 田中敦史氏「キャリア投資の1割がまず目標 海外大手とも戦っていける」【ソリューション特集】マルチベンダー時代のテスターの選び方/DDoS攻撃対策 【ビジネス最前線】東大・中尾教授がローカル5Gベンチャー ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

アレイ・ネットワークスIoTネットワークまで標的が拡大
ランサムDDoS攻撃の対策方法

アレイ・ネットワークスのASFシリーズで自力防衛を!

VIAVIソリューションズ5GをRANからコアまで徹底検査
オールインワンのローカル5G測定器も

E2Eのテストソリューションを提供するVIAVIソリューションズ

ウインドリバーなぜ、5G vRANにウインドリバーを採用したのか?

ベライゾンとボーダフォンが選んだ「Wind River Studio」

アイティフォーAI型EDRが侵入“後”の対応を
高速・低コストに

数週間かかる「フォレンジック」が最短3時間!

東陽テクニカあらゆる400ギガネットワーク環境をテスト

BGPの負荷試験等幅広いプロトコルテストに対応!

ネットスカウトシステムズネットスカウトシステムズが指南!
DDoS攻撃の効果的な防御方法とは

世界的に急増するDDoS攻撃。被害を最小限に食い止める方法を解説する

インテル「5G・6Gでキャリアとともにイノベーションを起こす」インテル堀田氏

ワイヤレスジャパン2021での基調講演を徹底レポート!

VMwareデータセンター内通信を「ゼロトラスト化」するには?

データセンタートラフィックの8割を占めるEast-West通信の守り方を解説

VMware SASE脱プロキシもVMware SASEで簡単

クラウドから1画面でネットワークとセキュリティ管理、そしてゼロトラスト実現へ

NVIDIA AI DAYSエヌビディア・ドコモ・富士通が
見据える「5G RANの将来」

AI時代に起こる5G RANの進化についてキーパーソンたちが語った。

NVIDIA AI DAYSソフトバンク、ドコモの5G・MECを支える技術とは

「AI-on-5G」の実現に向けて取り組むソフトバンクとNTTドコモ。

京セラ5G/L5GをデュアルSIMで使い倒す!
映像伝送、DX、電波調査がこれ1台

ローカル5Gにも対応した京セラの5Gモバイルルーターが好評だ。

ローデ・シュワルツ・ジャパンローカル5Gのテスト品質は業界トップ
サポート人員を3倍、コストも低減

ローデ・シュワルツがローカル5Gの導入を手厚く支援する。

DNPローカル5Gを支える国産SIMカード
多様なプレイヤーをコンサル力で支援

大日本印刷(DNP)がローカル5Gに最適化させたSIMを提供!

構造計画研究所ローカル5Gの円滑な導入に貢献する
2つの電波シミュレーションツール

ローカル5Gの免許申請に必要な「カバーエリア図」作成を大幅効率化!

APRESIA Systemsローカル5Gに最適化した性能
導入コストは億単位から数千万へ

ローカル5Gの導入コストを数千万円台に引き下げるAPRESIA Systems

ミクシィ低遅延伝送に挑んだミクシィ、IP映像伝送の最新規格SMPTE 2110で

ミクシィのサービス「TIPSTAR」は、低遅延のIP映像伝送技術を駆使!

キーサイト・テクノロジー5G/ローカル5G/O-RAN/C-V2Xの
最前線を解説する技術イベント

7月7日(水)・8日(木)にオンライン開催!

ジュニパーネットワークス大企業が「無線LAN」をリプレース
正解はクラウド型かオンプレ型か?

今、大規模な無線LANもクラウド管理型が最適な時代に!

VMware未知の脅威から身を守る
最新のNDRが持つ実力とは

元Lastline、現VMwareセキュリティエバンジェリスト橋本氏が徹底解説

アライドテレシス高速NWはローカル5Gでなくても!
キャリア5G×Wi-Fi 6という現実解

ローカル5Gより価格を大幅に抑えられるアライドテレシスの提案とは?

NVIDIA GTC21世界最大級のAIカンファレンス
NVIDIA GTC21で明かされた新技術

基調講演と5つのテレコム関連のお勧めセッションを紹介する。

ハイテクインター4Kも無線でリアルタイム伝送
5Gで現場の映像活用を加速せよ!

5G/ローカル5G映像伝送システムがハイテクインターからいち早く!

Nuclias CloudWi-Fi 6 APからL2スイッチまで
リモートから簡単操作で運用管理

ネットワーク機器のリモート管理機能、使いやすさ重視で選ぶなら?

VMware SD-WAN by VeloCloud旭化成がSD-WANを
国内340カ所に導入する理由

旭化成はVMware SD-WAN by VeloCloudへの切り替えを開始した。

VMware NSX Advanced Load BalancerDX推進の大きな障壁に!
従来型ロードバランサーの課題とは

C/Dプレーン分離で完全ソフトウェア型のヴイエムウェアは全く違う!

VMwareVMwareが見据えるネットワーク業界の未来

国内SDN市場シェア75%超のヴイエムウェアが目指すネットワークとは

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。