企業ネットワーク最前線

eSIMの本格提供でIoTソリューションを拡充

垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

提供◎NTTコミュニケーションズ株式会社 2019.05.22

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

(左から)NTTコミュニケーションズ
ネットワークサービス部 販売推進部門
MVNO担当 村田一成氏、同MVNO担当
青木貴史氏

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスである「IoT Connect Mobile」を提供開始するなど、IoT関連サービスを積極的に拡充しているNTTコミュニケーションズ。垂直統合でユーザー企業のデジタルトランスフォーメーションに向けた取り組みを支援するべく、パートナーとの共創を強化する「Things Partner プログラム」も開始した。これらのサービスや取り組みについて、同社に話を聞いた。

 
NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は、1MBまでの低容量通信を安価に利用できる「100円SIM」、自動車や機械、家電製品をネットワーク経由で管理・制御するために必要な機能を提供する「Things Cloud」など、IoT領域のサービスを積極的に展開している。この4月には国内MVNOとして初となる、eSIM(embedded Subscriber Identity Module)を使ったモバイル通信サービス「IoT Connect Mobile」の提供を開始した。

IoT Connect Mobileは、日本を含む196の国・地域で利用することができ、グローバルにビジネスを展開する企業をターゲットとする。現在、基板上に表面実装が可能なチップSIMもeSIMと呼ばれているが、IoT Connect Mobileはそれだけに留まらず、遠隔操作でプロファイルを変更できる点が特長だ。このため、IoTシステムをグローバルに展開する際、わざわざSIMを差し替えたり、現地に行って設定を書き換えたりすることなく、それぞれの国・地域で最適なモバイルキャリアのネットワークを使ってデバイスをネットワークに接続できるという大きなメリットがある(図表)。

                          図表 IoT Connect Mobileのサービス概要


NTT Com ネットワークサービス部 販売推進部門 MVNO担当の村田一成氏は「現状でサポートしているプロファイルは1つですが、6月頃には新たなプロファイルを追加する予定です。国・地域に応じてプロファイルを切り替えることで、最適な通信料金で利用していただけます」と話す。
各地域のゲートウェイで遅延を解消 プロファイルの切り替えを行うWebポータルでは、利用しているすべてのSIMの状況を把握できるほか、追加発注や回線単位での利用休止・再開、詳細なカスタマイズなどが可能になっている。さらに見逃せないのが、SIMごとの通信容量や速度などを設定できる点だ。これにより、「少量のデータを流すときは通信容量を10MBにして通信料金を抑える」「固定回線の代替として使うときは容量無制限にする」など、用途に応じて柔軟にプランの設定を行える。

IoT Connect Mobileは、遅延の影響を抑えられることも強みとなっている。この点について、ネットワークサービス部 販売推進部門 MVNO担当の青木貴史氏は次のように説明する。

「従来のグローバルSIMも1枚で世界中の拠点をカバーできますが、ローミングするキャリアのネットワークを経由するため、利用する地域によっては遅延が大きくなる可能性があります。そこでIoT Connect Mobileでは、欧州や北米、アジアといった各地域にゲートウェイを設置し、遅延を大幅に解消しています」

国・地域ごとに個別にモバイルキャリアと契約する必要がないこと、そして料金の支払いが円建てであることもメリットだ。複数のモバイルキャリアを利用する場合、支払い処理が煩雑になるうえ、現地通貨での支払いとなれば為替リスクも気にしなければならない。IoT Connect Mobileであれば、こうした手間が省かれる。

すでに提供している100円SIMとの違いは、利用するネットワークだ。IoT Connect Mobileはインターネット、100円SIMは閉域網接続となる。このため、料金やセキュリティなど、ネットワークに求める要件に応じていずれかのサービスを選択することになる。

スペシャルトピックスPR

nttdata1904
kmk1904
kmk1904

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます