企業ネットワーク最前線

モバイルIoTを強化するNTTコム eSIMで海外企業にも積極展開

文◎村上麻里子(編集部) 2019.04.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「100円SIM」でIoT向け通信市場での存在感が高まったNTTコム。この4月にはeSIMの提供を開始する。フルMVNO化に向けて、多様な機能を持たせたeSIMで海外企業にも展開しようとしている。

 
NTTコミュニケーションズ(以下、NTTコム)は、「DX Enabler」を標榜し、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)実現のパートナーとなることを目指している。

企業のDX推進においてはデータの利活用が不可欠となる。そこで、データの収集から解析までを包括的に提供する「データ流通プラットフォーム」を2019年度に提供開始する。

eSIMで自動車や航空機市場を開拓データ流通プラットフォームで重要な役割を果たすのが、IoTやモバイルネットワークだ。これらを取り扱うネットワークサービス部 オープンネットワークサービス部門 担当課長の大坪寛氏は「Global IoT Enablerというコンセプトの下、グローバルでトッププレイヤーを目指したい」と意気込みを語る。

その第一歩として、今年4月を目途にeSIM(embedded Subscriber Identity Module)の提供を開始する。

eSIMは、携帯電話のSIMに記録されている通信プロファイルをネットワーク経由で書き換え、接続する携帯電話事業者の変更などを可能にするものだ。GSMAによって仕様が策定されており、プロファイルの管理・制御を回線管理プラットフォームから行う「M2Mモデル」と、端末から行う「コンシューマーモデル」がある。NTTコムのeSIMはM2Mモデルから開始し、コンシューマーモデルへの対応も急ぐとしている。

遠隔から通信プロファイルを書き換えられるため、ローミングが規制されている国・地域においてSIMを差し替えずに現地キャリアの中から最適な回線を利用したり、IoT機器にあらかじめ組み込むことで出荷先の国・地域の通信環境に合わせた製品仕様の変更が不要になるといったメリットがある。

NTTコムがeSIMのターゲットとしているのが、グローバルにIoT機器/サービスを展開する企業だ。なかでも自動車や航空機は「我々がIoTでまだ入り込めていない分野。eSIMをきっかけにアプローチしたい」とネットワークサービス部オープンネットワークサービス部門主査の井上北斗氏は意欲を見せる。
(右から)NTTコミュニケーションズ ネットワークサービス部 オープンネットワークサービス部門 主査の井上北斗氏、オープンネットワークサービス部門 担当課長の大坪寛氏、販売推進部門 MVNO担当の青木貴史氏
(右から)NTTコミュニケーションズ ネットワークサービス部 オープンネットワークサービス部門 主査の井上北斗氏、オープンネットワークサービス部門 担当課長の大坪寛氏、販売推進部門 MVNO担当の青木貴史氏


IoTでは、1社単独で川上から川下まですべてをカバーすることは難しい。NTTは海外での競争力強化を目的として、グループ内のグローバル事業を再編する「One NTT」を推進しており、NTTコムのデータ流通プラットフォームもNTTグループで連携して実現する。また、NTTコムは2018年12月、MVNE/IoTモバイル通信事業者の仏トランザテルの買収を発表した。同社は欧州市場に強みを持ち、自動車や車両、航空機のIoTで豊富な導入実績がある。トランザテルのノウハウを活用し、自動車や航空機の市場を開拓していきたい考えだ。

さらに、2020年には国内でフルMVNOサービスを開始する。

HLR/HSS(加入者管理機能)を自ら保有するフルMVNOになると、多様なSIMを自前で発行することが可能になる。NTTコムは、eSIMにSAM(Secure Application Module)機能を組み込んだ「セキュリティSIM」などを検討している。eSIMは、日系企業だけでなく海外の企業にも広く展開していきたい考えだ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

NTTコムウェア1906
ciena1906
netscout1908

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます