ニュース

ICTで鳥獣害対策を効率化 ―― 木更津市とNTT東が共同実証

文◎重森大 2019.03.29

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

農業に甚大な損失をもたらす獣害。その深刻化に悩む千葉県・木更津市がNTT東日本と共同で、ICTを活用した対策に乗り出した。年間で2000万円以上の損害をもたらすイノシシ捕獲に、センサーとカメラ、クラウドを活用。地元農家や高専も参加して実証実験を開始する。狩猟者の負担を軽減し、効率的な鳥獣害対策を目指す。


木更津市とNTT東日本は2019年3月28日、ICTを活用した鳥獣害対策の共同実証実験を行うと発表した。田畑への被害を食い止めるだけではなく、獣肉加工の技術を持つ企業をもプレイヤーに巻き込み、将来的には、損害を与えていた鳥獣を地元の産品として活かしたい考えだ。

被害額予想は2200万円程度、その6割はイノシシ

アクアラインで東京都と結ばれる房総観光の入口、千葉県木更津市。農業、漁業が盛んなこの地でも害獣による被害が深刻化している。

被害額の6割を占めるのがイノシシで、2018年度には被害額が2200万円を超えるとも予想されている。これは5年前の3倍以上の被害額だ。捕獲頭数も増えてはいるが、被害拡大には追いついていない。


木更津市長の渡辺芳邦氏

 

鳥獣害対策が難しいとされる原因の1つが、猟友会の高齢化だ。100キロを超えることもあるイノシシを撃ち、運んで処理するには体力が追いつかない。さらに、そもそも猟友会の存在自体、狩猟を趣味とする人の集まりであり、鳥獣害対策はボランティアとして行われている。高齢化と相まって、あまり無理を押しつけられない状況にある。

そこで木更津市とNTT東日本は、ICTを使ってイノシシの罠猟にかかる手間を大幅に削減し、猟師の負担を軽減するとともに効率的な狩猟を目指した実証実験にとりかかったというわけだ。

プロジェクトには木更津市とNTT東日本のほかに、実証実験の場を提供した農家や木更津猟友会のメンバー、木更津工業高等専門学校(以下、木更津高専)の学生、獣肉加工やジビエレストランを手がけるKurkku(クルック)といった面々が並んだ。



産官学の各プレイヤーが力を合わせて取り組む共同実証実験


実証実験の場を提供したのは、無農薬農業に力を入れている農家の山野晃弘氏。実際にイノシシ被害に頭を悩ませている農家のひとりだ。

山野氏によれば、イノシシが少しでも荒らした区画の米には獣のにおいがついてしまうので、収穫して他の米と混ぜるわけにはいかない。1反まるごと諦めるしかなく、その被害額は20万円以上にもなる。イノシシが一度通り、一部を荒らしただけで20万円以上の損害が出るのだから、たまったものではない。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

saxa1906
NTTコムウェア1906
ciena1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます