ICT×未来

P4が迫る“聖域”開放 データプレーンもプログラム可能に

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.03.26

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

「SDNではまだ足りない」――。ネットワーク機能をもっと自在に操りたいという声を背景に、新たな動きが始まった。データプレーンという、ネットワーク機器ベンダーの“聖域”が開放されようとしている。

 
SDN(Software Defined Networking)によってネットワークがプログラム可能なものとなって約5年。かつてはスイッチ/ルーターを提供するネットワーク機器ベンダーしか触れなかったネットワーク機能も、今ではSIer/NIerやユーザー自身がある程度、自由に操ることができるようになった。

だが、ユーザー側がプログラムできる範囲がまだ限定的であることも確かだ。残された“聖域”と言えるのがデータプレーン、つまりチップセットである。

SDNによる「ソフトウェア定義」とは結局、コントロールプレーン側に限ったものだった。データプレーン(=ASIC等に搭載された機能)を、コントロールプレーンからどう使うのかを定義できるに過ぎない。

したがって、SDNでできることは“既存のプロトコルありき”になる。ユーザーが、現在は存在しないネットワーク機能を使いたいと思っても、それを実現するプロトコルを実装したASICと、それを搭載した機器の登場を待つしかない(図表1の左)。

この聖域を開放し、データプレーンも自在にプログラムできるようにしようとする動きが始まっている。「P4」だ。

 

図表1 データプレーンプログラマビリティによる変化
図表1 データプレーンプログラマビリティによる変化


ユーザーがプロトコルを作るP4とは「Programming Protocol-Independent Packet Processors」の略で、データプレーンをプログラムするための言語だ。データセンター事業者や通信事業者、ネットワーク機器/チップベンダー等が参加するコンソーシアム「P4.org」でオープンソースとして開発されている。

具体的には、ルーティングテーブルやMACテーブルといった、ネットワーク処理を行うテーブルの振る舞いを定義できる。例えば「受け取ったパケットを解析し、MACアドレスがこれにマッチしたらこのアクションをする(出力ポートを○番にする等)」――とP4言語で書くと、それがハードウェアレベルで処理される。

ネットワンシステムズのビジネス推進本部 第3応用技術部 第3チームで、P4の活用に取り組んでいる新林辰則氏は「P4はプロトコルありきではなく、プロトコルそのものの動きから定義できる」と話す。「その気になれば“自分のプロトコル”を作って実装することも可能だ。しかも、それがCPUではなく(よりパフォーマンスに優れる)ASIC上で動く」のが魅力だ。

製造には多大なコストがかかるカスタムASICに頼ることなく、ユーザーがプログラムするだけで欲しい機能を実現できる世界を見据えているのがP4というわけだ。

(左から)ネットワンシステムズ ビジネス推進本部 第1応用技術部 部長の井上直也氏、第3応用技術部 第3チームの新林辰則氏、商品企画部クラウドプラットフォームチーム エキスパートの曽我亨弘氏
(左から)ネットワンシステムズ ビジネス推進本部 第1応用技術部 部長の井上直也氏、
第3応用技術部 第3チームの新林辰則氏、
商品企画部クラウドプラットフォームチーム エキスパートの曽我亨弘氏



そして、なんと言っても最大の特徴は「オープンであること」だ。

ビジネス推進本部 第1応用技術部の部長を務める井上直也氏は、「Protocol-Independentであり、Packet ProcessorsであるというP4の名前がとても特徴的だ。現在のネットワークで主流であるパケットプロセッシングを、自分で使いやすく書き換えられる。かつ、ベンダープロプライエタリではなくオープンであるところが使いでがある」と期待を寄せる。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

microfocus2008
kddi2008
Gigamon2009

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます