企業ネットワーク最前線

AWSもAzureもオンプレも同じ環境に――Big Switchのハイブリッドクラウド戦略

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.10.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

Big Switch Networksが、これまでオンプレミス環境向けに提供してきたSDNファブリック製品等を、AWS等のパブリッククラウド向けに拡張した。ハイブリッドクラウドの統合運用を可能にする。

 
Big Switch Networksといえば、SDNコントローラやホワイトボックススイッチ(ベアメタルスイッチ)用OSのベンダーという印象を持つ人も多いだろう。だが、現在は提供する製品も戦略も様変わりしている。

同社の製品は大きく3つ(図表1)。1つは、Open Network Linuxをベースにしたホワイトボックススイッチ用OSの「Switch Light OS」。もう1つが、ネットワーク制御の自動化機能によって、いわゆるソフトウェアデファインドデータセンターを実現するための製品「Big Cloud Fabric(BCF)」だ。

3つめはトラフィックモニタリングを行う「Big Monitoring Fabric(BMF)」。このBMFには用途の異なる2タイプがあり、ネットワークとアプリケーションの可視化・分析を行う「BMF Out of band」、外部との通信を監視してセキュリティのサービスチェイニングを行う「BMF Inline」が提供されている。

Big Switchはこれらソフトウェア製品によって、通信事業者/サービスプロバイダや大手エンタープライズを開拓。2014年の日本法人設立後、国内でも通信事業者や金融大手を中心にユーザーを増やしてきた。

 

図表1 Big Switch Networks 製品ポートフォリオ
図表1 Big Switch Networks 製品ポートフォリオ


キャリア/大手から中堅クラスへその同社が7月、新たな製品ポートフォリオを発表した。

上記の製品はすべてオンプレミス環境向けだったが、BCFのネットワーク制御機能やBMFのモニタリング機能を、AWSやAzure等のパブリッククラウドでも利用できる新製品の提供を始める。さらに、オンプレミス環境とクラウドの統合運用を可能にすることで、「オンプレミス環境もパブリッククラウドも一貫性のある環境を実現する」と最高製品・技術責任者(Chief Product&Technology Officer)のプラシャント・ガンジー氏は話す。

ターゲットはハイブリッドクラウドを志向する大手・中堅のエンタープライズだ。ユーザー企業のニーズの変化に対応し、顧客層を中堅クラスへと広げるのが狙いである。

Big Switch Networks 最高製品・技術責任者(Chief Product&Technology Officer)のプラシャント・ガンジー氏(右)と、カントリーマネージャーの田島弘介氏
Big Switch Networks 最高製品・技術責任者(Chief Product&Technology Officer)の
プラシャント・ガンジー氏(右)と、カントリーマネージャーの田島弘介氏



Big Switchのビジネスはワールドワイド/日本国内ともに堅調で、カントリーマネージャーの田島弘介氏によれば、「国内ではほぼすべての大手通信キャリアに採用されている。さらには金融機関で約10社、そのほか製造や大学、データセンター事業者など30社以上で商用運用されている」。特に通信事業者では「通信状況をモニタリングする基盤としてBMFを採用するケースが多い」。

その一方で、昨年から中堅クラスの企業でも同社製品の採用が増え始めたという。「SDNの裾野が広がったことで潮目が変わった。昨年から地方自治体や中堅規模の案件が増えており、いわゆるキャンパスLANでも我々の製品が選定の対象になってきた」。この波を捉え、ハイブリッドクラウド化を支援する製品の拡充によりターゲット市場を広げようというのである。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

yamaha2001
soltec2001
sumi2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】工場5G
    ローカル5Gで実現するスマートファクトリー
[Part1]工場5Gの理想と現実 [Part2]工場でのローカル5Gの活かし方 [Part3]ドコモが考える工場5G [Part4]5G時代の工場NW進化論

[インタビュー] 慶応義塾大学 教授 手塚悟氏「トラストがSociety5.0の基盤」 [ソリューション特集]IoTで始めるHACCP対策 [技術&トレンド]NW視点で見る3大クラウドの違い/水中高速無線を音波・可視光で ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

アクセスランキング

dwpreport
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます