企業ネットワーク最前線

AWSもAzureもオンプレも同じ環境に――Big Switchのハイブリッドクラウド戦略

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.10.30

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

Big Switch Networksが、これまでオンプレミス環境向けに提供してきたSDNファブリック製品等を、AWS等のパブリッククラウド向けに拡張した。ハイブリッドクラウドの統合運用を可能にする。

 
Big Switch Networksといえば、SDNコントローラやホワイトボックススイッチ(ベアメタルスイッチ)用OSのベンダーという印象を持つ人も多いだろう。だが、現在は提供する製品も戦略も様変わりしている。

同社の製品は大きく3つ(図表1)。1つは、Open Network Linuxをベースにしたホワイトボックススイッチ用OSの「Switch Light OS」。もう1つが、ネットワーク制御の自動化機能によって、いわゆるソフトウェアデファインドデータセンターを実現するための製品「Big Cloud Fabric(BCF)」だ。

3つめはトラフィックモニタリングを行う「Big Monitoring Fabric(BMF)」。このBMFには用途の異なる2タイプがあり、ネットワークとアプリケーションの可視化・分析を行う「BMF Out of band」、外部との通信を監視してセキュリティのサービスチェイニングを行う「BMF Inline」が提供されている。

Big Switchはこれらソフトウェア製品によって、通信事業者/サービスプロバイダや大手エンタープライズを開拓。2014年の日本法人設立後、国内でも通信事業者や金融大手を中心にユーザーを増やしてきた。

 

図表1 Big Switch Networks 製品ポートフォリオ
図表1 Big Switch Networks 製品ポートフォリオ


キャリア/大手から中堅クラスへその同社が7月、新たな製品ポートフォリオを発表した。

上記の製品はすべてオンプレミス環境向けだったが、BCFのネットワーク制御機能やBMFのモニタリング機能を、AWSやAzure等のパブリッククラウドでも利用できる新製品の提供を始める。さらに、オンプレミス環境とクラウドの統合運用を可能にすることで、「オンプレミス環境もパブリッククラウドも一貫性のある環境を実現する」と最高製品・技術責任者(Chief Product&Technology Officer)のプラシャント・ガンジー氏は話す。

ターゲットはハイブリッドクラウドを志向する大手・中堅のエンタープライズだ。ユーザー企業のニーズの変化に対応し、顧客層を中堅クラスへと広げるのが狙いである。

Big Switch Networks 最高製品・技術責任者(Chief Product&Technology Officer)のプラシャント・ガンジー氏(右)と、カントリーマネージャーの田島弘介氏
Big Switch Networks 最高製品・技術責任者(Chief Product&Technology Officer)の
プラシャント・ガンジー氏(右)と、カントリーマネージャーの田島弘介氏



Big Switchのビジネスはワールドワイド/日本国内ともに堅調で、カントリーマネージャーの田島弘介氏によれば、「国内ではほぼすべての大手通信キャリアに採用されている。さらには金融機関で約10社、そのほか製造や大学、データセンター事業者など30社以上で商用運用されている」。特に通信事業者では「通信状況をモニタリングする基盤としてBMFを採用するケースが多い」。

その一方で、昨年から中堅クラスの企業でも同社製品の採用が増え始めたという。「SDNの裾野が広がったことで潮目が変わった。昨年から地方自治体や中堅規模の案件が増えており、いわゆるキャンパスLANでも我々の製品が選定の対象になってきた」。この波を捉え、ハイブリッドクラウド化を支援する製品の拡充によりターゲット市場を広げようというのである。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nttcom1906sp
saxa1906
NTTコムウェア1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます