企業ネットワーク最前線

「プライベートLTEが今すぐ使える」、LTE over IPが来年1月に商用化へ

文◎太田智晴(編集部) 2018.09.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

LTE-X 代表取締役CEO
池田武弘氏

プライベートLTEを仮想的に実現できる「LTE over IP」技術を開発するLTE-Xは2018年9月27日、来年1月からLTE over IPの商用展開を本格化させると明らかにした。すでに水面下では、公共安全、病院、学校など、様々な案件が進んでいるという。

 
Wi-FiやイーサネットなどのIPネットワーク上で、仮想的にLTEを実現する「LTE over IP」――。ワイヤレスゲートの子会社、LTE-Xが同技術を2016年秋に発表し、業界の注目を集めてから2年が経過した。

「その後はほとんど地下に潜っており、『何をしているのだろう』と思われていた方もいるだろう。しかし、いよいよ商用サービスをスタートできる段階になったので、事業戦略説明会を開くことにした」

LTE-X 代表取締役CEOの池田武弘氏は、9月27日に都内で開いた説明会でこう述べた。来年1月から商用展開を本格開始するという。

LTEとIPのいいとこどりが、LTE over IPだという
LTEとIPのいいとこどりが、LTE over IPだという



LTE over IPは、LTE-Xが開発するLTE仮想化技術だ。Wi-Fiやイーサネットといった既存のIPネットワーク上で、プライベートなLTEネットワークを仮想的に構築できる。ただ、こう説明すると、無線伝送技術としてのLTEを仮想的に実現する技術のようにも聞こえるが、そうではない。

「LTEには、SIMによる端末認証や暗号化、QoSも含まれる」

池田氏によれば、携帯電話業界が育んできた「世界最高のセキュリティプロトコル群」による仮想プライベートネットワークを、汎用IPネットワーク上で実現するのがLTE over IPである。

なお、LTE over Wi-FiやLTE over Ethernetだけではなく、公衆LTE上にプライベートなLTE網を仮想的に構築するLTE over LTEも可能だ。

LTEのSIMによる端末認証や暗号化などを、汎用IPネットワーク上で実現するのがLTE over IP
LTEのSIMによる端末認証や暗号化などを、汎用IPネットワーク上で実現するのがLTE over IP


LTE over IPの実現の仕組みとは?前述の通り、LTE-Xは来年1月からLTE over IPの商用サービスをスタートさせるが、その実現の仕組みは次の通りだ。

まずPCやスマートフォンなどの端末側には、エージェントソフトウェアをインストールする。LTE over IPはSIM情報を利用するが、非SIM端末であっても、エージェントを組み込むことによりソフトウェアでSIMの機能を実現できる。現在のところ、WindowsおよびAndroidに対応しているほか、各種IoT端末に組み込めるようにソースコードも提供する。

LTE over IPの実現の仕組み
LTE over IPの実現の仕組み


LTEの基地局にあたるeNodeBに関しては、各拠点にオンプレミスで設置する形に加えて、クラウド上に用意されたeNodeBの機能を使うこともできる。物理ネットワークについては既存IPネットワークを用いるため、eNodeBといっても電波を吹くわけではない。

LTEのコアネットワークであるEPCの機能についてもクラウド上に用意しており、要望に応じてオンプレミスでの導入も可能だ。

「守りたい端末に、我々のソフトウェアを入れれば、一気にセキュリティレベルが上がってくる。既存のネットワークの設定変更も必要なく、実際にお客さんにしていただく作業はとてもシンプル。『携帯電話技術の民主化により、インターネットを安全な空間に』というのがLTE-Xの企業理念だ」と池田氏はLTE over IPのメリットを説明した。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

1810prtg
1810riverbed
zoho1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoT LIFE 争奪戦
   ホームからヘルスケア、育児、ペットまで

◆JAIST 丹康雄教授インタビュー「スマートホームからライフへ」/◆ スマートホーム市場の行方/◆IoTで家事を効率的に/◆医師がIoTを処方する時代へ/◆BabyTechが子育て世代を救/◆ペットの健康をIoTが守る

●光ファイバーもLTEもダメでも諦めない!“ワケあり物件”のネットワーク構築法/●スマートメーターへの採用進むHD-PLC/●見えてきた新自営無線「sXGP」の実力/●ZETAが仕掛ける「LPWA 2.0」
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

アクセスランキング

tcb
iot24-2

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます