企業ネットワーク最前線

スマートホームのセキュリティにおいて通信事業者が担う重要な役割

文◎ガガン・シン(Avast モバイル・ビジネス シニア・バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャー) 2018.08.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

近い将来、家の中は数多くのIoTデバイスであふれかえることになるだろう。しかし、これらのIoTデバイスにはセキュリティ上の脆弱性が含まれている。メーカーはセキュリティの専門家が不足している中、IoTデバイスを開発しているからだ。では、誰がスマートホームを守るのか――。通信事業者が重要な役割を担うことになる。

 
Juniper Research社によると、スマートスピーカーやスマート洗濯機など、暮らしの利便性を高めるスマートデバイスの数は、2020年には385億まで増加すると予想されている。しかし、スマートデバイスには脆弱性が潜んでいる場合があり、企業のデータや自宅を知らぬ間に危険にさらし、実害を被る可能性がある。

スマート(またはIoT)デバイスメーカーは、今日のテクノロジートレンドの急速な移り変わりに対応すべく、デバイスを短期間で製造して手頃な価格で発売せよという圧力を受けている。

例えば、キッチン家電のメーカーが現在、スマートキッチン家電を製造しているとしよう。そのメーカーの製造担当者は、以前は製品の物理的な品質だけを考えていれば良かった。しかし今では、スマートキッチン家電をハッカーから守ることについてまで考慮する必要性が生じるようになっている。デバイスを保護するためのセキュリティの専門家がいない中でだ。これが、スマートデバイスにセキュリティ上の脆弱性が潜む原因の1つとなる。

デバイスやシステムの多様化に伴い、個人のIoTデバイスのセキュリティ確保が課題となっている。家庭において、接続されているすべてのデバイスから送信されるデータの流れを制御しているのが、ホームルーターである。IHS Markit社の調査によると、通信事業者が提供するWi-Fiホームゲートウェイおよびルーター製品の割合は、2019年には90%近くまで上昇すると予想されている。そのため、通信事業者とセキュリティベンダーの協業により、消費者にIoTデバイスの制御権を与え、シンプルかつ効率的なスマートホームおよびデバイスの保護を実現することが重要となる。


消費者が直面するリスク侵入ポイントであるルーターのセキュリティが脆弱な場合、攻撃者はホームネットワークを通じてあらゆるスマートデバイスに侵入することができ、多種多様な攻撃を招く可能性がある。

IoTの場合、セキュリティの脆弱性が物理的な脅威につながりかねない。例えば、攻撃者がIoTデバイスをハッキングし、デバイスの使用状況を把握することで、住人が在宅しているかどうかを推し量ることなどができる。

家庭のスマートサーモスタットやスマート電球をハッキングした場合、攻撃者はデバイスの所有者が休暇で不在なのか、仕事中なのかを推測し、自宅に泥棒に入ることもできるだろう。Amazon EchoやGoogle Homeなどのスマートデバイスを悪用して自宅に侵入する方法も考えられる。ドアの鍵にスマート技術が採用されていれば、犯罪者は脆弱なスマートスピーカーに玄関を開ける命令を与え、ドアを開けることが可能となってしまう。

Webカメラはレンズに映るものすべてを映し出すことができ、スマートTVやスマートスピーカーは周囲の音を拾っている。スマート電球やスマートサーモスタットは、前述のように在宅状況を把握する手がかりとなってしまう。こういった個人情報を収集されることや、デバイスの位置情報から追跡されることなど、見過ごされがちなリスクもあるということを消費者自身は認識する必要がある。

侵入可能な脆弱なIoTデバイスを列挙したデータベースは、インターネット上で無償公開されている。ハッカーは、大きなリスクを冒して企業のサーバーをハッキングして情報を収集する必要もなく、消費者のデバイスに直接侵入すれば良い。

ハッカーが自宅にあるすべての、あるいは大半のIoTデバイスをハッキングした場合、行動の追跡、プライベートな会話の傍受、当該人物への標的型攻撃が可能なだけでなく、銀行口座やクレジットカードなどの金融情報、個人情報といった第三者が悪用可能な情報を収集して売買することができるだろう。

スペシャルトピックスPR

1810riverbed
ribbon1809
sas1808

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
iot24

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます