ニュース

5Gでトラック隊列走行 ―― ソフトバンクがデモを実施

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.03.29

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ソフトバンクは2018年3月27日、茨城県城里町で5Gを使った「トラック隊列走行」のデモを行った。縦列を組んで走行する3台のトラックを28GHz帯の無線通信で接続。後続2台に搭載したカメラの映像を先頭車両へ伝送し、ドライバーが周辺の安全を確認しながら走行する。その模様は、総務省が主催する「5G国際シンポジウム2018」の会場に中継された。


物流業界では現在、ドライバー不足と高齢化が大きな課題となっている。

その解決策の1つとして期待されているのが「トラック隊列走行」だ。有人運転の先頭車両と、無人走行する後続車両を無線通信によって連結し、隊列を組んだまま走行させるものだ。1人のドライバーが複数のトラックを運行できるため人手不足の解消につながる。


5G技術を活用した隊列走行のデモの様子。
茨城県城里町で行われ、その模様が5G国際シンポジウム会場にライブ中継された


このトラック隊列走行を、第5世代移動通信システム(5G)を使って実現しようとする取り組みが進んでいる。ソフトバンクとそのグループ会社であるSBドライブ、自動運転技術を研究・開発する先端モビリティの協業プロジェクトで、2017年12月から茨城県つくば市で実証実験を行っている。

その取り組み内容と成果について、ソフトバンクの先端技術開発室・先端技術研究部で担当部長を務める吉野仁氏が「5G国際シンポジウム2018」で講演を行った。

「V2N2V」「V2V」「V2N」の3方式を組み合わせ

吉野氏は隊列走行について、ドライバー不足の解消だけに留まらない幅広いメリットが期待できると話す。



ソフトバンク 先端技術研究部の吉野仁氏


まず、物流のコスト構造を大きく変えることで、物流会社の収益構造が改善できる可能性がある。また、車間距離を縮めて走行できるため「道路のキャパシティが上がり、より多くの車両が走れる。渋滞の緩和にもつながる」という。

CO2削減にも貢献する。隊列を組んで走行することによって、後続車の空気抵抗が減るためだ。吉野氏によれば、車間距離が2mまで縮まれば、約4分の1の燃費改善効果が見込めるそうだ。

この隊列走行を実現するには、高精度な車両の制御が不可欠になる。鍵となるのが、隊列を組む各車両をつなぐ無線通信の「信頼性」と「遅延」だ。

そこで期待がかかるのが、5Gの特徴の1つである超高信頼・低遅延通信「URLLC(Ultra-Reliable and Low Latency Communications)」である。3GPPおよびITU-RはURLLCの条件として、32バイト以上のパケットデータ量の99.999%以上の送信成功率と、無線区間1ms以下の低遅延を定めている。

この特徴を活かし、「先頭車両の制御情報を後続車に送り、自動運転の後続車を『電子牽引』する。また、後続車の周りの状況を先頭車両のドライバーに映像で伝送する」(吉野氏)ことで、安全な隊列走行の実現を目指す。

では、具体的にどのようにして車両間の通信を行うのか。ソフトバンクでは3種類の通信方式の適用を検討しているという。【1】V2N2V via BS、【2】V2V Direct、【3】V2Nだ。



トラック隊列走行を実現するうえで3種類の通信方式を検討している


【1】の「V2N2V」とはVehicle to Network to Vehicleの略で、ネットワーク設備、つまり基地局(BS)を介して通信を行う方式。【2】V2V Directはその名の通り、車両間(Vehicle to Vehicle)で直接通信する。

【3】V2Nは、上記2つとはユースケースが異なる。トラックの運行管理を行う遠隔監視センターと先頭車両を有線ネットワークを経由してつなぐ。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

caso1804
ted1804
palo1804

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_a
56
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます