企業ネットワーク最前線

[特集]IoT無線を自営する

<LoRaWAN/LoRa>自営LPWAの代表格をどう使う?

文◎唐島明子(編集部) 2018.03.27

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

LPWAの中でも、抜群の知名度があるLoRaWAN/LoRa――。LoRaWANとLoRaは、それぞれどのような自営スタイルに適しているのだろうか。利用シーンを交えながら紹介する。

 
「LoRaは、LPWAの中でも知名度が高い。“LoRa指定”で相談に来るお客様もいる」。

低消費電力で広域通信可能なLPWA(Low Power Wide Area)ネットワークは、センサーなどのデータを収集するIoT無線として、大きな関心が寄せられている。その1つであるLoRaについて、こう説明するのは39Meister(サンキューマイスター)代表の菊地大輔氏だ。39MeisterはNTTドコモとハタプロによるジョイントベンチャー(共同)事業で、AI、ロボット、IoTデバイス、IoT向け通信などの技術を活用した総合ソリューションを展開している。

(左から)39Meister 代表|NTTドコモ イノベーション統括部の菊地大輔氏、ハタプロ 代表取締役 伊澤諒太氏
(左から)39Meister 代表|NTTドコモ イノベーション統括部の菊地大輔氏、
ハタプロ 代表取締役 伊澤諒太氏



オープンなLoRaWANLoRaは自営LPWAの代表格だ。アンライセンスバンドの920MHz帯を利用するため、誰でもLoRaネットワークを構築できる。

LoRaを自営するうえでは、LoRaと総称されるネットワークには2種類あることを知っておく必要がある。1つはLoRaアライアンスで標準化されている「LoRaWAN」、もう1つはLoRa変調をベースにメーカーが独自開発した「LoRaプライベート(以下、LoRa)」だ。

標準化されているLoRaWANは構成上、「LoRaWANネットワークサーバー」が必要になるのが特徴だ(図表1)。その他の構成要素としては、センサーなどの「LoRaWANエンドデバイス」、エンドデバイスからデータを受け取る「LoRaWANゲートウェイ」がある。

 

図表1 LoRaWANの構成イメージ
図表1 LoRaWANの構成イメージ


ネットワークサーバーの役割は、ゲートウェイ経由で各エンドデバイスを制御・管理すること。数百台、数千台規模のエンドデバイスがあっても、ネットワークサーバーがそれらすべてを一括管理してくれるため、LoRaWANは大規模なIoTシステムに向いている。

NECは、LoRaWANに準拠したネットワークサーバーの提供を2017年12月から開始した。そのメインターゲットは通信事業者だが、一般企業向けにも提供する。「ネットワークサーバーの利用形態はオンプレミスと月額サービスのいずれも可能で、利用範囲も企業のビジネススタイルに合わせて柔軟に対応できる」と、NECの高木健樹氏は述べる。

(左から)NEC SDV/NFVソリューション事業部 シニアマネージャーの松田尚久氏、同事業部 マネーャーの高木健樹氏
(左から)NEC SDV/NFVソリューション事業部 シニアマネージャーの松田尚久氏、
同事業部 マネージャーの高木健樹氏



LoRaWANはネットワークサーバーが必要なため、企業はその分のコストを余計に負担しなければならない。しかし、規格に準拠したエンドデバイスとゲートウェイを組み合わせれば、相互接続できるというオープンさがLoRaWANの大きなメリットだ。

大規模なIoTシステムでは、多種多様なセンサーを利用する可能性がある。そんなときLoRaWANなら、ユーザーは特定のベンダーにロックインされることなく、様々なベンダーが提供する多彩な選択肢のなかから適切なデバイスを自由に選べる。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

tcloud
ntttx1901
hitachi1901

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gだけじゃない!
ネットワークの未来を変える
次世代テックたち

◆5Gの次、6G現る ◆有線IoTの大本命802.3cg ◆ワイヤレス工場の切り札誕生 ◆次世代IP映像伝送「SRT」 ◆ドローンで空からエリア構築 ◆P4が迫る“聖域”開放

●[インタビュー] Colt カール・グリブナーCEO & 日置健二社長/●地域BWA空白地帯を「プライベートLTE」に解放/
●日中間通信の課題と法規制/●モバイルワークの「コスト」と「安全性」 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズ働き方改革を中小・中堅企業へ!

テレワークに必要なモバイルNW、PC、セキュリティをオールインワン提供するNTT Comの新パッケージ

SBクラウド日中間通信を国内並みの高品質に!
安心して使えるQR決済を下支え

Alipayで安定した決済サービスを提供するために導入した回線は?

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

パロアルトネットワークスパブリッククラウドをセキュアに!
24/365最新ポリシーで自動監視

パブリッククラウドのセキュリティリスクを軽減する「RedLock」

シーディーネットワークス中国でのWeb配信を8.5倍高速化
国内CDN事業者で唯一現地法人

中国でのWeb配信にはグレートファイアウォールなど多くの壁がある。

IIJグローバルソリューションズ日中の拠点間通信に“第3の選択肢”
セキュリティ対策も万全

日中間通信で「高品質」と「低コスト」の“いいとこ取り”!

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

アクセスランキング

tcb
http://amzn.asia/d/ejYdrIg

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます