企業ネットワーク最前線

屋外や工場に広がる高速PLC――法改正に向けて動き出した

文◎村上麻里子(編集部) 2018.03.14

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

国内では電波法の関係で用途が制約されていた高速PLC。法改正に向けた動きが始まったことで、屋外や工場など大規模施設内での活用が広がる可能性がある。


電力線を使ってデータの送受信を行う高速PLC(広帯域電力線搬送:High Definition Power Line Commmunication)。電源のあるところであれば簡単にネットワークを構築できる点に加えて、伝送距離の長さや通信の安定性、電力消費の高効率性といった特徴から、IoT向けとして最近注目が高まっている通信規格だ。

しかし現実には、国内では「法改正」という大きな壁が立ちはだかり、なかなか実用化には至っていない。そうしたなか、変化の兆しが見え始めた。

2017年10月、総務省 情報通信技術分科会の作業班において、高速PLCを含む広帯域電力線通信方式の利用範囲拡大に関する検討がスタートした。電波漏えいや環境雑音に対する懸念から、現行の電波法では原則として屋内と敷地内に利用は限られている。

ただ、屋内で認められているのは施設内配線のみで、工場の三相電力線(三相交流電力を3本の電線・ケーブルを用いて供給する配電方式)などでの利用は禁止されている。また、屋外のアクセス系(電力)も利用が認められていない(図表1)。この現状を変えようとしているのが電波利用環境委員会で、屋外や三相電力線の利用に関する法制化の可能性を探ることを目的としている。

図表1 国内における高速PLCの利用範囲


他方、経済産業省も動き出している。同省が2017年5月に発表した「新産業構造ビジョン」ではイノベーションの成果を新たな付加価値の創出につなげるため、「レギュラトリー・サンドボックス」の必要性が示されたが、その対象の1つとして高速PLCによるネットワーク化が盛り込まれたのだ。

レギュラトリー・サンドボックスとは、日本語で「規制の砂場」を意味する。参加者や期間を限定して試行錯誤を許容することで規制緩和を目指す制度であり、すでにシンガポールやマレーシア、香港などで採用されている。政府が主導する「未来投資会議」においてもレギュラトリー・サンドボックスについて言及され、その具体的な事例の1つとして「高速PLCの野外使用による新ビジネスの創出」が挙がった。

こうした状況に、HD-PLCアライアンス会長の荒巻道昌氏は「事業化の道が開けてきた」と期待を隠さない。

それでは、これらの利用拡大に向けた法制化が実現すると、高速PLCはどのような利用が可能になるのだろうか。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

NTTコムウェア1906
ciena1906
intel1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます