企業ネットワーク最前線

NTTコムがクラウド戦略「さらなるグローバル化とSDN推進で、2000億円以上の収益目指す」

文◎百瀬崇(ライター) 2014.04.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTコミュニケーションズは2014年4月15日、同社のクラウド事業ビジョン「Global Cloud Vision」のこれまでと今後の展開を説明する記者会見を開いた。ICT市場の変化を踏まえた顧客へのバリューとして、通信事業者ならではのネットワークとクラウド連携の強化、仮想化の加速、自動化の推進の3つを挙げ、クラウド事業の収益拡大を宣言した。


記者会見にはNTTコミュニケーションズ 代表取締役社長の有馬彰氏が登壇し、まずGlobal Cloud Visionの役割について「シームレスICTソリューションで顧客の経営改革に貢献することだ」とあらためて説明。従来、拠点ごとにオンプレミスで分散して構築されていたICT環境を、NTTコムのクラウドやコロケーションサービスに移行してもらうことで、グローバルに統合できるとした。

さらに有馬氏は、「お客さまにはクラウドにつながるネットワーク、ネットワークにつながるLAN、そしてクラウド上の汎用的なアプリケーションも合わせて使ってもらっている。NTTコムは業務アプリケーションを持っていないため、そこはパートナー企業と連携している。また、セキュリティサービスや運用管理サービスも合わせて利用してほしいと考えている」と同社がトータルでICT環境を提供できることをアピールした。


Global Cloud Vision
ICT環境をNTTコムのクラウドやコロケーションに移行することで、グローバルに統合されたICT環境を実現できるという


ユーザー企業数も順調に伸びているという。例えば、Bizホスティング Enterprise Cloud/Cloudnのユーザー数は、2012年度の2400社から、2013年度は4900社へと倍増した。

具体的なユーザー事例も紹介された。HOYAは1700のサーバーの約7割をクラウド化し、ICTコストを約2~3割削減した。また、ヤマハ発動機は700あったサーバーの99%をクラウド化し、ICTコストを約3割削減することに成功した。

ANAグループは1万7000台の端末をユニファイドコミュニケーションデバイスに置き替えた。NTTコムのネットワークサービス「Arcstar Universal One」を経由し、クラウド型ユニファイドコミュニケーションソリューション「Arcstar UCasS」を活用することで、コスト削減と業務効率向上を同時に実現した。

 

ハイテンポなM&Aでグローバル展開をさらに加速

ユーザー企業数の増加に伴い、データセンターの床面積も拡大している。2012年度の15.8万平方メートルから2013年度は19.8万平方メートルに増加している。今後もデータセンターへの投資は続けていくが、メインは海外だ。「2013年度は日本と海外がほぼ10万平方メートルで同じくらいだが、海外のデータセンターを増やす取り組みを進めている。現在、建設途上にあるデータセンターはすべて海外にある」(有馬氏)


NTTコムのデータセンター面積と拠点数の推移
NTTコムのデータセンター面積と拠点数の推移


2014年度はデータセンターの面積を24.6万平方メートルまで増やす予定だが、そのうち日本は約10万平方メートル。一方、海外は約14万平方メートルで、海外の方が日本よりも約1.5倍広くなるという。

グローバル展開を加速させるため、NTTコムはM&Aも積極的に行っている。「かなり早いテンポでM&Aを実施しながら、グローバル展開の促進とサービスの充実を図っている」(有馬氏)。今年に入ってから、ネットワークサービス事業者のVirtela Technology Services社、会議サービス事業者のArkadin、データセンター事業者のRagingWire社の買収手続きが完了した。

これらの実績が評価され、米国の調査会社IDCの「APAC地域のデータセンター・クラウドサービス評価レポート」と、同ガートナーの「Magic Quadrant for Global Network Service Providers」において、NTTコムは初めてリーダーに位置付けられたという。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

singtel1904
sonybiz1904
silverpeak1904

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます