ICT×未来

400GbEの標準化がスタートしたイーサネットの最新動向、車載向けも策定中

文◎太田智晴(編集部) 2013.04.10

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

米デル CTOオフィス
チーフ・イーサネット・エバンジェリスト
ジョン・ダンブロシア氏

イーサネットの高速化で中心的役割を果たしてきた米デルのチーフ・イーサネット・エバンジェリスト、ジョン・ダンブロシア氏が記者説明会を実施。400GbEや車載用など、イーサネットの今後について紹介した。

米デルのチーフ・イーサネット・エバンジェリストであり、IEEE802.3baとして標準化された40GbEと100GbEには議長として貢献したジョン・ダンブロシア氏が4月9日、記者説明会を開いた。企業ネットワークにとって不可欠な技術であるイーサネットは今後どのように発展していくのか。ダンブロシア氏は「個人的な見解」と前置きしたうえで解説を行っている。

高速化に伴い、伝送距離は縮小傾向

広く普及しているイーサネット。その規格の数やケーブルの種類は、かなりの数に上っており、今や全体像を把握しにくくなっているのも確かだろう。

そこでダンブロシア氏はまず伝送媒体別に通信速度と伝送距離を整理したスライドを披露。最近のトレンドとして「やはり高速化を図っていくと、どうしても伝送距離は縮まってしまうという状況がある」と指摘した。下のスライドからは、通信速度が上がるに従って、伝送距離は短くなる傾向が見て取れる。

イーサネットの通信速度と伝送距離
イーサネットの通信速度と伝送距離



こうしたなか、いろいろな役割を果たすようになっているのが、SMF(シングルモードの光ファイバーケーブル)である。以下は承認済みの40GbE/100GbE規格だが、多様なニーズに応えるため、SMFを軸にバリエーションが確保されていることが分かる。

40GbE/100GbEの承認済み規格
40GbE/100GbEの承認済み規格



また、40GbE/100GbEの標準化作業はすべて終わったわけではなく、今も以下の規格が追加策定中だという。多様なニーズに対して、さらに細かく応えていくためだ。

追加策定中の40GbE/100GbE
追加策定中の40GbE/100GbE



ちなみにSMFとMMF(マルチモードファイバー)の違いだが、SMFのほうが芯径が細く、MMFは太い。そのためSMFは光の分散を小さくでき、長距離・高速伝送により適している。ただし、曲げに弱いなど取り扱いは難しく、この点ではMMFのほうが優れている。

出来たてほやほやの400GbEのスタディグループ

さて、ここからはIEEE802.3の今後の動きについてだ。

「3週間前に出来たばかりの、出来立てほやほや」というのは、400GbEのスタディグループである。議長代理を務めるダンブロシア氏は、伝送距離についてMMFで20m~100m、SMFで300m~2kmという数字を見込みとして示した。「データセンターの中では、SMFが多用されていくと思う」という。

400GbE
作業が始まったばかりの400GbE



また、「非常にエキサイティングなプロジェクト」と紹介されたのは車載用のギガイーサネット「RTPGE IEEE802.3bp」である。さらに車載用イーサネットを使って電源供給を行う「Power over Data Link(PoDL)」の策定も行われているそうで、「これまでのイーサネットはエンタープライズでの利用が中心だったが、様々な用途向けに発展しており、イーサネットの未来は明るい」とダンブロシア氏は語った。

スペシャルトピックスPR

intel1906
extreme1906
nttcom1906sp

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます