ICT×未来

400GbEの標準化がスタートしたイーサネットの最新動向、車載向けも策定中

文◎太田智晴(編集部) 2013.04.10

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

米デル CTOオフィス
チーフ・イーサネット・エバンジェリスト
ジョン・ダンブロシア氏

イーサネットの高速化で中心的役割を果たしてきた米デルのチーフ・イーサネット・エバンジェリスト、ジョン・ダンブロシア氏が記者説明会を実施。400GbEや車載用など、イーサネットの今後について紹介した。

米デルのチーフ・イーサネット・エバンジェリストであり、IEEE802.3baとして標準化された40GbEと100GbEには議長として貢献したジョン・ダンブロシア氏が4月9日、記者説明会を開いた。企業ネットワークにとって不可欠な技術であるイーサネットは今後どのように発展していくのか。ダンブロシア氏は「個人的な見解」と前置きしたうえで解説を行っている。

高速化に伴い、伝送距離は縮小傾向

広く普及しているイーサネット。その規格の数やケーブルの種類は、かなりの数に上っており、今や全体像を把握しにくくなっているのも確かだろう。

そこでダンブロシア氏はまず伝送媒体別に通信速度と伝送距離を整理したスライドを披露。最近のトレンドとして「やはり高速化を図っていくと、どうしても伝送距離は縮まってしまうという状況がある」と指摘した。下のスライドからは、通信速度が上がるに従って、伝送距離は短くなる傾向が見て取れる。

イーサネットの通信速度と伝送距離
イーサネットの通信速度と伝送距離



こうしたなか、いろいろな役割を果たすようになっているのが、SMF(シングルモードの光ファイバーケーブル)である。以下は承認済みの40GbE/100GbE規格だが、多様なニーズに応えるため、SMFを軸にバリエーションが確保されていることが分かる。

40GbE/100GbEの承認済み規格
40GbE/100GbEの承認済み規格



また、40GbE/100GbEの標準化作業はすべて終わったわけではなく、今も以下の規格が追加策定中だという。多様なニーズに対して、さらに細かく応えていくためだ。

追加策定中の40GbE/100GbE
追加策定中の40GbE/100GbE



ちなみにSMFとMMF(マルチモードファイバー)の違いだが、SMFのほうが芯径が細く、MMFは太い。そのためSMFは光の分散を小さくでき、長距離・高速伝送により適している。ただし、曲げに弱いなど取り扱いは難しく、この点ではMMFのほうが優れている。

出来たてほやほやの400GbEのスタディグループ

さて、ここからはIEEE802.3の今後の動きについてだ。

「3週間前に出来たばかりの、出来立てほやほや」というのは、400GbEのスタディグループである。議長代理を務めるダンブロシア氏は、伝送距離についてMMFで20m~100m、SMFで300m~2kmという数字を見込みとして示した。「データセンターの中では、SMFが多用されていくと思う」という。

400GbE
作業が始まったばかりの400GbE



また、「非常にエキサイティングなプロジェクト」と紹介されたのは車載用のギガイーサネット「RTPGE IEEE802.3bp」である。さらに車載用イーサネットを使って電源供給を行う「Power over Data Link(PoDL)」の策定も行われているそうで、「これまでのイーサネットはエンタープライズでの利用が中心だったが、様々な用途向けに発展しており、イーサネットの未来は明るい」とダンブロシア氏は語った。

スペシャルトピックスPR

macnicalpwa2012
haradasangyo2012
microfocus2010

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ローカル5Gのホント
   
~ Sub6・SAの真実と導入企業の本音
[Part1]期待のSub6・SA 方式、その本当の実力 [Part2]中韓独のローカル/プライベート5G動向 [Part3]ケーブルテレビ 先駆者の“生みの苦しみ” [Part4]オフィスにローカル5G [Part5]ローカル5Gやるなら「現場を見てほしい」

<インタビュー>OKI 坪井正志専務「AIエッジ×5Gの社会実装進める」/日本マイクロソフト 手島主税常務「リモートを価値に変える」
●コロナで加速するクラウドPBX導入/●IP化で到来する映像伝送の新時代/●O-RANの“本命”RICとは何か/●北俊一の最強のケータイ業界への道

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ソフトバンククラウドPBXとFMCをワンストップ
withコロナ時代の電話の課題解決!

ソフトバンクのConnecTalkでリモートワークの会社電話の悩み解消。

レンジャーシステムズローカル5G導入するならレンジャー
国内初のSA構成の免許取得も支援!

ローカル5Gの「本命」SA構成の免許取得はじめワンストップ導入支援。

マクニカIP化で“新しい放送”の世界
NVIDIAの新技術が導く未来とは?

IP化がもたらす放送の未来についてマクニカとエヌビディアが語った。

CASO複数SIMで切れないモバイル通信!
映像伝送から産業用まで幅広く対応

独自技術「Speed Fusion」で、安定して切れない、高速モバイル通信!

ネットギア業務用AVのIP化は「SDVoE」

大規模なデジタルサイネージや
ビデオウォール等への映像配信を、
もっと低コスト・シンプルに!

LANが届かない、電源がない──。
映像伝送の「困った」を解決!

IP監視カメラの設置を諦めていた企業に朗報!

NTTコムウェアスマホの中に会社の電話機が入り
テレワークでも固定電話に対応!

テレワーク時の電話対応をどうすれば? クラウドPBXで解決だ!

マクニカネットワークス株式会社/Actility S.AIoTで勘や記憶に頼らないコロナ対策

IoTによる換気と接触の見える化で、データに基づいた「3密回避」が簡単に実現できる。

原田産業なぜ、5Gの「超低遅延」の実現に
高精度な時刻同期が不可欠なのか?

5Gの真骨頂「超低遅延」に欠かせない高精度グランドマスタクロック!

Juniper Virtual Summit for Japanジュニパーがオンラインイベント
AIOps、5G、クラウドの最新情報!

<12月3日開催>加速するクラウド活用とネットワークの変革

スリーダブリュー多彩なローカル5G関連企業と連携

スリーダブリューは、多様なプレイヤーと連携し、ローカル5Gの課題をワンストップで解決できる。

RADWIN4.9GHz帯無線で建機の遠隔操作!

鉄道での実績に加え、昨今は建機や港湾クレーンの遠隔操作を実現する無線インフラとしても注目。

日本シエナコミュニケーションズ光/IP融合で5G超低遅延

光伝送のリーダーであるシエナは、光/IP融合に磨きをかけ、5G URLLCとNWスライシングの効率運用に貢献

パイオリンク <帝京大学>ADCによる負荷分散で
オンライン授業の品質を担保

コロナ対策でオンライン授業に全面切替。パイオリンクのADC導入!

Cisco Webex Calling取り残されてきた「固定電話」
新しい働き方の鍵はクラウドPBX

テレワーク中の会社宛電話をどうするか? 解決策を探ってみよう!

マクセル太陽電池はもう時代遅れ!
リチウム電池で8年以上の持ち

マクセルの「IoT電源システム」は、リチウム電池を用いた従来ない電源

アイ・オー・データ機器リチウム電池で安定的に水位計測

アイ・オー・データの「水位監視用電池式IoT通信システム」ならコンパクトサイズで設置も簡単!

NECネッツエスアイ自然災害の被害をIoTで最小化

LPWAを活用した災害対策サービスを提供するNECネッツエスアイ。最適な通信規格がマルチに選べる!

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカス5G時代の高速アプリ開発!

モバイルアプリなどの開発をさらに高速化するためには、「Enterprise DevOps」への進化が欠かせない。

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

セキュアなファイル転送を簡単かつ迅速に実行するには?

ホワイトペーパー
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます