ICT×未来

400GbEの標準化がスタートしたイーサネットの最新動向、車載向けも策定中

文◎太田智晴(編集部) 2013.04.10

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

米デル CTOオフィス
チーフ・イーサネット・エバンジェリスト
ジョン・ダンブロシア氏

イーサネットの高速化で中心的役割を果たしてきた米デルのチーフ・イーサネット・エバンジェリスト、ジョン・ダンブロシア氏が記者説明会を実施。400GbEや車載用など、イーサネットの今後について紹介した。

米デルのチーフ・イーサネット・エバンジェリストであり、IEEE802.3baとして標準化された40GbEと100GbEには議長として貢献したジョン・ダンブロシア氏が4月9日、記者説明会を開いた。企業ネットワークにとって不可欠な技術であるイーサネットは今後どのように発展していくのか。ダンブロシア氏は「個人的な見解」と前置きしたうえで解説を行っている。

高速化に伴い、伝送距離は縮小傾向

広く普及しているイーサネット。その規格の数やケーブルの種類は、かなりの数に上っており、今や全体像を把握しにくくなっているのも確かだろう。

そこでダンブロシア氏はまず伝送媒体別に通信速度と伝送距離を整理したスライドを披露。最近のトレンドとして「やはり高速化を図っていくと、どうしても伝送距離は縮まってしまうという状況がある」と指摘した。下のスライドからは、通信速度が上がるに従って、伝送距離は短くなる傾向が見て取れる。

イーサネットの通信速度と伝送距離
イーサネットの通信速度と伝送距離



こうしたなか、いろいろな役割を果たすようになっているのが、SMF(シングルモードの光ファイバーケーブル)である。以下は承認済みの40GbE/100GbE規格だが、多様なニーズに応えるため、SMFを軸にバリエーションが確保されていることが分かる。

40GbE/100GbEの承認済み規格
40GbE/100GbEの承認済み規格



また、40GbE/100GbEの標準化作業はすべて終わったわけではなく、今も以下の規格が追加策定中だという。多様なニーズに対して、さらに細かく応えていくためだ。

追加策定中の40GbE/100GbE
追加策定中の40GbE/100GbE



ちなみにSMFとMMF(マルチモードファイバー)の違いだが、SMFのほうが芯径が細く、MMFは太い。そのためSMFは光の分散を小さくでき、長距離・高速伝送により適している。ただし、曲げに弱いなど取り扱いは難しく、この点ではMMFのほうが優れている。

出来たてほやほやの400GbEのスタディグループ

さて、ここからはIEEE802.3の今後の動きについてだ。

「3週間前に出来たばかりの、出来立てほやほや」というのは、400GbEのスタディグループである。議長代理を務めるダンブロシア氏は、伝送距離についてMMFで20m~100m、SMFで300m~2kmという数字を見込みとして示した。「データセンターの中では、SMFが多用されていくと思う」という。

400GbE
作業が始まったばかりの400GbE



また、「非常にエキサイティングなプロジェクト」と紹介されたのは車載用のギガイーサネット「RTPGE IEEE802.3bp」である。さらに車載用イーサネットを使って電源供給を行う「Power over Data Link(PoDL)」の策定も行われているそうで、「これまでのイーサネットはエンタープライズでの利用が中心だったが、様々な用途向けに発展しており、イーサネットの未来は明るい」とダンブロシア氏は語った。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

citrix2104
nisshoele2104
macnica2105

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6G徹底解明
[第1部:6Gビジョンと日中韓の戦略]6Gと2030年の世界/日本の勝ち筋は2つあり/ファーウェイの5.5G戦略/6Gで世界一目指す韓国 [第2部:6Gをつくるテクノロジー]6Gの電波は上空から/夢の1テラ無線がやってくる/6GでMIMOは分散型へ/基地局に繋がらない6G/通信電波が世界を認知する

インタビュー日本ケーブルテレビ連盟 理事長 渡辺克也氏<2030年に向けて新ビジョン 「CATV」から「地域DX」へ>【ソリューション特集】放送・配信現場にワイヤレス化の波  【ビジネス最前線】スマートスタジアムのインパクト/住商・東急が基地局共用事業に参入/東大発スタートアップのLPWAが世界へ/SASE移行は「エッジの変革から」 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ジュニパーネットワークス大企業が「無線LAN」をリプレース
正解はクラウド型かオンプレ型か?

今、大規模な無線LANもクラウド管理型が最適な時代に!

VMwareAIを活用した未知のサイバー攻撃対策で、NDRが求められる理由とは。

元Lastline、現VMwareセキュリティエバンジェリスト橋本氏が徹底解説

アライドテレシス高速NWはローカル5Gでなくても!
キャリア5G×Wi-Fi 6という現実解

ローカル5Gより価格を大幅に抑えられるアライドテレシスの提案とは?

NVIDIA GTC21世界最大級のAIカンファレンス
NVIDIA GTC21で明かされた新技術

基調講演と5つのテレコム関連のお勧めセッションを紹介する。

ハイテクインター4Kも無線でリアルタイム伝送
5Gで現場の映像活用を加速せよ!

5G/ローカル5G映像伝送システムがハイテクインターからいち早く!

Nuclias CloudWi-Fi 6 APからL2スイッチまで
リモートから簡単操作で運用管理

ネットワーク機器のリモート管理機能、使いやすさ重視で選ぶなら?

マクニカ先進4社はネットワークのオープン化で何を得たか?

IIJ、ヤフー、KADOKAWA、ブロードバンドタワーに学ぶ理由と成果

アライドテレシスNWの中心はLANからWANへ
学校に見る、次世代WANの作り方

次世代WANの在り方について学校を例にアライドテレシスが解説する。

VMware SD-WAN by VeloCloud旭化成がSD-WANを
国内340カ所に導入する理由

旭化成はVMware SD-WAN by VeloCloudへの切り替えを開始した。

GlobalMeetウェブキャストウェビナーツールの新・選択肢!

セミナーや決算発表も今やオンライン! ソフトバンクならウェビナー初心者から経験者まで満足できる。

日本シエナコミュニケーションズ OTTで始まったDCI次世代トレンド 鍵は「身近になったROADM」

今、データセンター間接続(DCI)の最前線で何が起こっているのか。

VMware NSX Advanced Load BalancerDX推進の大きな障壁に!
従来型ロードバランサーの課題とは

C/Dプレーン分離で完全ソフトウェア型のヴイエムウェアは全く違う!

VMwareVMwareのネットワークビジョン「Virtual Cloud Network」

国内SDN市場シェア75%超のヴイエムウェアが目指すネットワークとは

アライドテレシスニューノーマル時代のWANとは?
インテントNWをアライドが実現

テレワークの拡大に伴って、企業WANに変化が訪れている。

ヤマハヤマハネットワークに溶け込むUTM
メーカー直通のサポート窓口も

中堅・中小市場で大きなシェアを誇るヤマハが新たにUTMをリリース!

NTTコムオンライン対面業務のオンライン化を実現する
B2C向けスマホビデオ通話サービス

サポートセンターなど一般消費者との接点のオンライン化も進めよう!

東京エレクトロンデバイスMicrosoft 365の負荷を最小限に
Citrix VDIに“最高”のSD-WAN

ファーストパケットからブレイクアウト可能なSD-WANだから違う!

日商エレクトロニクスコロナ後への備え Cisco SD-WANが企業WANを次のステージへ

新しい働き方を実現する要にCisco SD-WANはなる!

NVIDIANVIDIAが一大イベント「GTC」
テレコムの最前線がここに!

通信業界に少しでも関わる人なら見逃せないセッションが目白押しだ。

ヴイエムウェアVMwareの次世代脅威対策とは?
データセンター内もゼロトラスト

ハイパーバイザーにFWやIDS/IPSを分散配置し、East-West通信も防御

パロアルトネットワークステレワーク時代に注目を集める“SASE”とは

ログを一元管理! 脱プロキシも実現。パロアルトの「Prisma Access」でセキュリティの課題解決。

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。