ICT×未来

おサイフケータイの国際標準仕様「NFC」とは何か?

文◎田中大輔(野村総合研究所・主任コンサルタント) 2010.12.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

機器間で無線通信を行うための技術NFCに注目が集まっている。特に携帯電話に搭載されれば、世界各国で「おサイフケータイ」と同様のサービスが利用できるようになる。

SIMカード上への搭載が主流に

NFCは、Mifareの開発元であるフィリップスと、FeliCaの開発元であるソニーが中心となって規格化を進めた技術である。ISO/IEC18092として規格化されたNFCIP-1という仕様では、Type AとFeliCaの技術仕様のうち、通信部分を抜き出して標準が作成された。その後、Type Bや近傍型の仕様も取り込んだNFCIP-2も策定された(ISO/IEC21481)(図表2)。

 

図表2 Near Field Communicationの概念図
図表2 Near Field Communicationの概念図


NFCの標準化と併せて、ソニーとフィリップスは2004年にNFC Forumを立ち上げ、実装およびサービス化のための標準作りを進めている。現在、NFC Forumにはソニーを始め、フィリップスからMifare事業を引き継いだNXPセミコンダクターズ、NTTドコモ、ノキア、VISAなど140社以上が参加している。

NFCは無線通信の技術であるから、その適用先としてはPC、テレビなどの家電製品や看板、ポスターに至るまで、さまざまな機器が考えられる。その中でも特に期待が高まっているのが携帯電話であり、NFC Mobileと呼ばれることも多い。

NFC Forumでは、携帯電話へのNFCの搭載方法として、以下の3種類のモデルを提示している。これらは、決済や交通乗車券など、セキュリティを確保する必要があるアプリケーションをどこに格納するか、という観点で検討されたものである(図表3)。

 

図表3 端末搭載のパターン
図表3 端末搭載のパターン


(1)端末内部にアプリケーション領域を確保する方式
携帯電話の端末内に、NFC用のSecurity Elementとよばれる領域をつくり、そこにNFCのアプリケーションを載せる。

(2)外部メモリにアプリケーション領域を確保する方式
SDカードやMMCなどの外部メモリにアプリケーションを搭載し、このカードをNFC対応携帯電話に挿入してサービスを利用する。

(3)SIMカード上にアプリケーションを搭載する方式
携帯電話のSIMカードにNFC用の領域を確保し、そこにアプリケーションを搭載して利用する。

これら3つの方式は、携帯電話端末メーカー、サービスプロバイダー、通信事業者の3社の視点で見たときに、それぞれビジネス上のチャンスが異なる。おサイフケータイにおけるフェリカネットワークスのように、セキュリティ領域の管理機能を保有することにより、その領域を他社に貸与するとういうビジネスが生まれると考えられるからである。

(1)の端末内部にアプリケーション領域を確保するタイプの場合、携帯電話端末メーカーにそのビジネスチャンスが生じる。日本では、通信事業者へのOEMという形で携帯電話端末が開発されることが多いが、海外ではノキアやサムスン電子、最近ではアップルなどメーカーが独自に端末を開発し、複数の事業者に提供することが多い。従って、端末内部にセキュリティ領域を作ることで、メーカーが領域管理の主導権を握ることができる。

(2)の外部メモリにアプリケーション領域を確保する場合は、外部メモリに領域が作られるため、さまざまなプレーヤーがその領域を他社に貸与することが可能になる。例えば、銀行などが決済アプリケーションを搭載したメモリカードを開発し、余った領域を他のサービスに開放する、といったことが可能になる。

(3)のSIMカード上にアプリケーションを搭載する方式では、通信事業者が主導権を持つ。もともとSIMカードは携帯電話の番号などを格納するために利用されているものであり、事業者が管理している。よって、ここにNFCのアプリケーションを載せるためには、事業者との交渉が必要となる。

このような背景から、いずれの方式が主流となるかについては、特に端末メーカーと通信事業者との間での綱引きがあった。しかし、世界中の800以上の事業者が加盟するGSM Associationが、NFCの方式として(3)を推奨することを発表した。端末メーカーも、事業者に逆らい続けることはできないため、(3)の方式が主流となることが確定的である。

著者プロフィール

田中大輔(たなか・だいすけ)

2002年野村総合研究所入社。以来、情報・通信分野のコンサルティング業務に従事。専門は携帯電話市場、情報通信市場、決済サービス市場における事業戦略およびマーケティング戦略など。共著として、「電子決済ビジネス」「2015年の決済サービス」「企業通貨マーケティング」「これから情報・通信市場で何が起こるのか」など

スペシャルトピックスPR

1912_webex
1912_hcn
1912_has

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G思考 「大転換」を勝ち残るための8つの思考
<野村総研 桑津浩太郎氏>人とAIのハイブリッド <ALSOK>マルチタスク化 <北海道大学 教授 野口伸氏>無人化 <クロサカタツヤ氏>ユーザー企業主導 <Jリーグ、パシフィックリーグマーケティング>デジタルの絆 <時空テクノロジーズ>インタラクティブな共有体験 <東京都、前橋市>つながる都市 <テラドローン>タイムマシン経営

[インタビュー]グレープ・ワン 小竹完治社長「ローカル5Gは地域BWAと全然違う」 [ソリューション特集]SD-WAN & WAF ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

アクセスランキング

dwpreport
tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます