企業ネットワーク最前線

「やはり今はクラウドの時代」――秋田テレビがKDDIのクラウドで掴んだ手応え

文◎太田智晴(編集部) 2015.02.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

秋田テレビは開局45周年記念のキャンペーンサイトをクラウドで構築した。数あるクラウドの中から選んだのは「KDDI クラウドプラットフォームサービス(KCPS)」だ。同社にとって、これはクラウド活用の第一歩。さらに今後、KDDIのネットワークサービスと連携した閉域網内でのクラウド活用なども見据えている。

クラウドこそが最良の選択肢

ぽちぱパークではホスティングではなくクラウドを採用したが、その大きな理由の1つは、ホスティングで運営しているWebサイトで、アクセス集中によるサービス断がたびたび発生していたためだ。

テレビの影響力は非常に大きい。番組の内容などに応じて、Webサイトへのアクセスが急激に増加する。このため、システムリソースを柔軟に増減できないホスティングサービスでは、無理が生じていたのである。

また、システムの構築期間が限られていたこともあった。ぽちぱパークの企画骨子が固まったのは2014年3月。番組表を決める編成部からは、「できるだけ早くサービスインしたい」という要望が来ていたが、クラウドなら必要なシステムリソースを迅速に調達できる。

さらに、45周年記念企画であるぽちぱパークは、期間限定のWebサイトだ。クラウドなら利用する期間だけの費用だけで済むなど、クラウドこそが最良の選択肢だったのである。「やはり今はクラウドの時代です。すでに系列会社でクラウドを利用していたので、クラウドに対する懸念もありませんでした」と佐藤氏は語る。

 

KDDIのKCPSを選んだ理由とは?

クラウドで行くことを決めた秋田テレビは、次にクラウドサービスの選定作業に入る。

秋田テレビに必要だったのは、サーバーなどのITインフラをクラウドで提供するIaaS(Infrastructure as a Service)だが、このIaaSに限っても選択肢は数多い。佐藤氏も様々なIaaSを比較検討したそうだが、その中からKDDIのKCPSを選んだ理由は何だったのだろうか。

まずはサポート面などをはじめとする信頼感だという。「KDDIの営業担当者が、いろいろと相談できる方だったことは非常に大きかったです」

サービス自体の信頼性の高さも採用の大きなポイントになった。KCPSを構成している設備はKDDIのデータセンター内で完全冗長化され、キャリアのネットワークに直結していることで高い耐障害性を実現している。セルフポータルで必要な時に必要な分だけ簡単にリソースを増減可能な柔軟性・迅速性を備えている点も、アクセスの変動が予想しづらい期間限定のWebサイト向けに最適だと判断した。

また、秋田テレビは拠点間ネットワークに「KDDI Wide Area Virtual Switch(WVS)」を採用している。現在のところ同社はKCPSとWVSを接続していないが、将来的にKCPSを閉域網で使えることにも魅力を感じた。

 

秋田テレビのネットワーク概要図
秋田テレビのネットワーク概要図



Webサイトオープンまでに佐藤氏に与えられたのは約2カ月という短い期間であったが、KCPSの柔軟性・迅速性もその難しい課題をクリアする一翼を担い、6月に無事Webサイトオープンにこぎつけることができた。

なお、佐藤氏が高く評価しているWVSの特徴の1つに「宅内ルータレス機能」がある。これは、WVS側でルーティングやアクセス制御などの機能を提供し、宅内ルータを不要にする機能。「これにより、拠点間接続に使っていたルータの保守料や買替コストがまったく要らなくなりました」

WVSのネットワーク品質にも満足しているという。「以前使っていたサービスでは、多くの営業マンが帰社して社内業務を行う夕方4時~6時ごろに、通信の揺らぎなどが発生していました。しかし、WVSは品質も安定しています」

 

 

次のステップは自社Webサイトのクラウド移行

昨年6月にぽちぱパークのWebサイトがオープンしてから半年以上が経過――。佐藤氏は「非常にパフォーマンスがいい」とクラウドへの手応えを語るが、もともと秋田テレビにとって今回の試みは、クラウド活用のファーストステップという意味合いがあった。まずは期間限定のWebサイトで試し、その後の本格活用につなげていくという戦略だ。

次のステップとして考えているのは、サービス断の課題が生じている自社WebサイトのKCPSへの移行である。

また、前述の通り、KCPSとWVSの連携も検討している。「WVSの網内でクローズドに運用できるのは、KCPSの強みの1つ。例えば当社はActive Directoryで社内ネットワークのログイン認証を行っていますが、被災時に備え、セカンダリの認証サーバーをKCPSに置くなどの使い方ができると考えています」

現在、多くの業界が変革期の最中にあるが、放送業界も例外ではない。インターネットやモバイルの普及、4K・8K時代の到来などへの対応を迫られている。「こうした変化に対して、技術マンとして貢献できる知識と能力は身に付けておきたい」と佐藤氏は話すが、そのための武器の1つとして、クラウドは今後さらに活躍していくにちがいない。

スマートデバイス/クラウド活用事例

スペシャルトピックスPR

1810prtg
1810riverbed
zoho1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】LPWA、再加速
●Sigfox&LoRaの現在地/●注目の新興LPWA「Zeta」「ELTRES」の勝機/●アナリストが見通すLPWAの今とこれから/●セルラーLPWAが本格開始!ドコモ、KDDI、ソフトバンクのIoT無線戦略

●東大 江﨑浩教授インタビュー「デジタルとリアルの逆転経済へ」/●対応急がれるISDN&PHSマイグレーション/●ワイヤレスファースト!クラウド型から始まるネットワーク変革/●A10のCEOが語る「5G網の防衛術」/●産業制御システムの守り方とは?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

アクセスランキング

tc1809
ws58

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます