企業ネットワーク最前線

iOS 7でスマートデバイス管理はどう変わるのか[後編]――BYODにも効果的なアプリ運用が可能に

文◎山崎隆弘(アイキューブドシステムズ) 2014.01.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

企業向けの機能が大幅に強化されたiOS 7は、MDM/MAM/MCMの機能や使い方にどう影響するのか。前編に引き続き、今回はアプリ/コンテンツ管理に関連する機能について解説する。


iOSの最新バージョン「iOS 7」は、ビジネス向けに大掛かりな機能強化が行われた。MDM(Mobile Device Management:モバイルデバイス管理)サービスとの連携が強化されており、スマートデバイス導入を検討する企業にとって重要なリリースとなった。

前回に続き、今回はiOS 7とMAM(Mobile Application Management:モバイルアプリケーション管理)、MCM(Mobile Contents Management:モバイルコンテンツ管理)の機能強化について解説する。なお、紹介する機能の一部は、国内では提供開始されていないものも存在するので、注意をお願いしたい。

痒い所まで手が届くアプリ運用を実現

モバイルアプリの運用・管理を行うための機能がMAMだ。MAMサービスを導入することで、「モバイルアプリの配信・管理」「モバイルアプリ利用状況の把握」「アプリ運用面での情報漏えい対策」が実現される。

デバイス単位ではなく、アプリ単位で管理・運用することにより、ユーザーがプライベートで利用しているアプリは特に管理せず、業務用アプリに限って活用状況を管理するなど、プライバシーに配慮することが可能だ。これは、BYOD(Bring Your Own Device)を実現するうえでも効果的な機能だと言える。

アイキューブドシステムズでは、モバイルアプリの管理・配信ポータルサービスとして「CLOMO MDM」のオプションサービスとなる「CLOMO MOBILE APP PORTAL」や、頻繁に利用されるビジネスアプリ(メーラー、ブラウザ、ドキュメント共有、カレンダー、連絡先)に対して、アプリ単位でリモートロック、リモート削除が行える機能を提供する「CLOMO SECURED APPsシリーズ」をMAMサービスとして提供し、多くの企業・団体を支援している(図表1)。


図表1 MAMを実践している企業・団体
MAMを実践している企業・団体


iOS 7でも、MAMに関連するさまざまな機能強化が施された。そのうち、主要なものを紹介していく。

アプリの使い回しが容易に
アップル社は従来から、ビジネス利用に必要なiOS向け有償アプリの一括購入を実現するために、「Volume Purchase Program」というライセンスプログラムを提供している。

このプログラムを利用して購入したアプリを各ユーザーのデバイスに配布する際には、従来は「ライセンス譲渡」という形をとっており、アプリのライセンスは各ユーザーのApple IDとひも付けて管理されていた。つまり、そのユーザーが異動や退職等でアプリを使用する必要が無くなっても、他のユーザーのデバイスにそのライセンスを転用できなかったのだ。

iOS 7 では、この仕様が改められた。ライセンス管理方式が「ライセンス貸与」へと変更され、アプリのライセンスを異なるデバイス間で使い回せるようになったのだ。これによって、一括購入した有償アプリをより効率的に運用できるようになった(図表2)。


図表2 Volume Purchase Programの利用イメージ
Volume Purchase Programの利用イメージ

スペシャルトピックスPR

comarch1806
bmtech1806
iijglobal1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_b
iot
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます