企業ネットワーク最前線

iOS 7でスマートデバイス管理はどう変わるのか[前編]――MDM土台にMAM/MCMが連携

文◎山崎隆弘(アイキューブドシステムズ) 2013.12.19

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

iOS 7では、企業ユーザーが利用する機能が大幅に強化された。iPhone/iPad 導入企業が押さえておくべきアップデートの内容と、MDM/MAM/MCMの機能や使い方への影響を解説する。


2013年9月にリリースされたiOSの最新バージョン「iOS 7」は、フラットデザインを全面採用したUI(ユーザーインターフェース)の大胆な刷新が大きな話題を呼んだが、実はビジネス向けにも大掛かりな機能強化が図られている。デバイス導入、運用改善、セキュリティ対策に関わる機能が大幅にアップデートされており、スマートデバイスの導入を検討する企業にとって重要なリリースとなった。

アイキューブドシステムズは、iPhone/iPadのビジネス利用に取り組む企業を支援する独立系ベンダーとして、2010年よりiOS向けMDM(Mobile Device Management:モバイルデバイス管理)サービス「CLOMO MDM」を提供しており、13年6月段階で導入実績5500 社、国内No.1のシェアを獲得している。

現在、CLOMOはiOS 7への最適化を順次進めている最中だが、その過程で、企業ユーザーにとってのiOS 7の価値について、あらためて再認識させられた。今回と次回の2回に分けて、それらを紹介していく。

なお、CLOMO MDMは現在、iOSだけでなくAndroidやKindle Fireもサポートしているが、アップル社からApple Consultants Networkのメンバーに認定され、iOS 搭載デバイスへの対応スピードや、きめ細かい対応に強みを持っている。また、MDMサービスだけでなく、iOS上で稼働する各種アプリケーションやサービスの開発にも長く取り組んでいる。

「もうMDMは不要」は誤解 ビジネス利用の運用基盤に

図表1に示す通り、iOS 7はビジネス利用向けにさまざまな機能強化が施された。


図表1 iOS 7で追加された企業向けの主な機能一覧
iOS 7で追加された企業向けの主な機能一覧


こうした機能強化について、「従来のMDMサービスに取って代わる機能がiOSに搭載された」と評価してしまいがちだが、実は、それは誤解である。iOS 7は、「ビジネス利用におけるMDMサービスとの連携機能が強化され、その重要度がさらに増した」というのが正しい。

つまり、今回のiOS 7のビジネス向け機能強化は、iPhone/iPadのビジネス利用においてMDMサービスを、運用や管理を担う重要な構成要素として、アップルがiOSに正式に搭載したと言い換えることもできる。

後述するように、スマートデバイスの高度な活用のためには、デバイスだけでなくアプリやコンテンツの管理・運用も欠かせない。iOS 7では、MDMサービスと組み合せることで、これらの面で大幅な機能強化が図られている。

つまり、従来のMDMを越え、MAM(Mobile Application Management: モバイルアプリケーション管理)や、MCM(Mobile Contents Management:モバイルコンテンツ管理)」を行うための基盤サービスとしてMDMサービスが採用され、大幅に進化したのだ。

実際に、アプリの運用・管理を行う前には、デバイスの利用状況を把握して、デバイスのポリシー(カメラアプリの制限やパスワードルールなど)を変更するなど、部署異動や配置転換などに伴って、デバイスの設定の変更や再配布を行う場合もある。そのためにMDMに取り組む必要があることは言うまでもないだろう。コンテンツにおいても同様のことが言え、MDMは、MAM、MCMに取り組むうえでも、土台となる必須の機能であり、MAMとMCMとの関係性が非常に高い(図表2)。


図表2 MDM/MAM/MCM の関係性イメージ図
MDM/MAM/MCM の関係性イメージ図


なお本稿では、デバイス、アプリ、コンテンツ、それぞれの管理・運用を行うことを「MDM」「MAM」「MCM」と呼び、それらに必要な機能を提供する製品を「MDMサービス」「MAMサービス」「MCMサービス」と呼ぶこととする。

スペシャルトピックスPR

1810watchguard
1810macnica
1810prtg

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます