ICT×未来

韓国モバイルビジネス動向ウォッチ[第11回]

中国のモバイル決済を制したのはNFCか、中国移動が推進する独自規格RF-SIMか?

文◎橋本清治(エムアンドエムリサーチ) 2011.09.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

モバイル先進国、韓国をウォッチしながら、新しいモバイル関連ビジネスの種を見つけていく本連載。今回は番外編として、中国のNFCモバイル決済動向についてレポートする。

 

SDpass対応スマートフォン、100ドルを切るNFCリーダーなどが展示

現在のところ中国の携帯電話事業者は、NFC内蔵スマートフォンの投入を予定しておらず、当面はアドオン方式でNFCに対応していくものと思われる。前述のSIMpassは2011年8月現在ですでに300万枚が配布されている。

前回紹介した通り、microSDベースの「SDpass」も登場している。SDpassも同じくWatchData社製である。


microSDベースの「SDpass」。NFCチップと専用アンテナが付属している
microSDベースの「SDpass」。NFCチップと専用アンテナが付属している


中国銀聯がSDpassを開発したのは、通信事業者からの独立性をより確保するためだ。SIMカードは通信事業者の管理下にあり、NFC機能をSIMカードに実装しているかぎり、通信事業者からの独立性は弱まる。そのため通信事業者の都合により、NFCを使ったアプリやサービスに「制限」が設けられる可能性もある。一方、SDカードは、通信事業者の管理下にはない。

今年9月1~3日、中国・北京で開催された「2011中国国際金融展」では、SDpass対応のスマートフォン「HTC Sense」などが発表され、その実物も展示されていた。


SDpassを搭載したHTCやTCL製のスマートフォン
SDpassを搭載したHTCやTCL製のスマートフォン


中国国際金融展では、中国銀聯がiPhone/iPad向けのNFCソリューションも紹介していた。米国でブレークしているSquare社のイヤホンジャック接続型カードリーダーのNFC対応版を利用したものだ。従来は磁気カードにしか対応していなかったが、市場のニーズに応えるため、Square社はNFC対応版を開発したようだ。


NFC対応となったiPhone NFC対応となったiPad
米Square製のNFC対応リーダーを装着したiPhoneとiPad。イヤホンジャックに接続された白い箱が米Square社製のNFCドングルである


これにより中国銀聯は、Android、フィーチャーフォン、iPhone/iPadのすべてに対してNFCソリューションを用意したことになる。ABIリサーチによると、中国のモバイル決済市場は2014年に約8000億円になると予想されているが、中国銀聯と携帯電話事業者はこのうちどれくらいを扱うことになるのか大変興味深い。

NFCが成功するうえでは、リーダーの普及も重要なカギを握る。今回の展示会では、小額決済用のハンディー型NFC対応POS端末が100米ドルを切る価格で展示されていた。中国銀聯の担当者によると、このような安価なリーダーを今後店舗に配備していくのだという。対応端末が普及し、さらに多くの場所にリーダーが設置されるようになれば、NFCによるモバイル決済は一気に進捗するに違いない。


低価格のハンディタイプNFCリーダー
低価格のハンディタイプNFCリーダー

今後はグーグルと世界戦!?

世界最大の人口を抱える中国が世界市場に与える影響はきわめて大きいが、1つの興味は将来、グーグルが推進する「Google Wallet」と中国銀聯のNFCが融合することがあるかどうかである。近年のグーグルと中国(政府)の関係を見るかぎりは、協調よりも競合の色合いが濃いと思われる。

あるレポートによると、中国銀聯の提携カードの発行枚数はVISAの提携カードの発行枚数をすでに超えているそうだ。おそらく今後は中国国内での覇権争いから、中国対グーグル(Citi/Master)の世界レベルでの覇権争いになるであろう。果たしてこの覇権争いに日本は参加していけるのであろうか?

(連載目次はこちら

著者プロフィール

橋本清治(はしもと・せいじ)

IT業界での30年の経験を生かし、某外資系通信機器ベンダー勤務の傍ら、エムアンドエムリサーチを運営。主に海外の通信事情リサーチやベンダーの日本進出の支援を行う。現在は特に韓国のモバイル通信事情を注視している。表面的な事実の調査だけでなく、必要があれば現地調査も行う行動派リサーチャ。“真実は体で確かめる”が身上。コンタクトはinfo@mmrjp.comまで

スペシャルトピックスPR

necpf2001
attokyo2001
yamaha2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】工場5G
    ローカル5Gで実現するスマートファクトリー
[Part1]工場5Gの理想と現実 [Part2]工場でのローカル5Gの活かし方 [Part3]ドコモが考える工場5G [Part4]5G時代の工場NW進化論

[インタビュー] 慶応義塾大学 教授 手塚悟氏「トラストがSociety5.0の基盤」 [ソリューション特集]IoTで始めるHACCP対策 [技術&トレンド]NW視点で見る3大クラウドの違い/水中高速無線を音波・可視光で ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

NECプラットフォームズ教育用ネットワークをトータル提案
IPv6活用でコスト削減・高速化

快適な校内無線LANには、VPNなど校外NWの整備も必要だ!

アット東京AWSやGCPなどメガクラウドに
直結する新時代のデータセンター

アット東京のデータセンターは“つなぐ”価値に磨きをかける!

ヤマハ仮想NWを始めるならヤマハで!

ヤマハの仮想ルーター「vRX」なら、これまでのノウハウをクラウドでも活かせる。

日本ソルテック学校ネットワークを簡単・安価に

日本ソルテックのクラウド管理型無線LANは、専門学校、介護施設を中心に豊富な導入実績!

シスコシステムズ世界で選ばれているオンライン会議
簡単にワンクリックで会議に参加!

Cisco Webexは社内外、誰とでも高品質なオンライン会議が行える。

エイチ・シー・ネットワークス株式会社ネットワークに迫る人手不足の危機
遠隔監視と予防保全で乗り越えろ!

光ファイバの保守現場の深刻な技術者不足。日立金属はどう対応した?

ハイ・アベイラビリティ・システムズ「全て」を一括認証できるSSO
簡単導入でパスワード管理から解放

AccessMatrix USOなら導入や運用も容易にシングルサインオンを実現!

ジェムアルト株式会社マルチクラウド時代の情シスを救う
認証プラットフォーム!

認証・特権ID管理をきめ細やかに! 自社サービスとしても展開可能。

ZscalerDX加速させるクラウドセキュリティ
「100ms以下」の遅延で快適利用

Zscalerの革新的アーキテクチャで働き方改革を強力推進!

パロアルトネットワークスパブリッククラウド基盤の
セキュリティ対策はどうする?

開発のライフサイクル全体でリソースを保護する「Prisma Cloud」

ヤマトロジスティクスキャッシュレス化に乗り遅れるな!
決済端末の導入・運用を一括代行

キャッシュレス決済の導入をヤマトロジスティクスがトータル支援!

アクセスランキング

dwpreport
kaden

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2019 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます