デジオン、デバイス間通信の「なりすまし」を防止するIoTセキュア認証技術

デジオンは2019年7月31日、デバイス間通信のなりすましを防止するというIoT認証技術「DiXiM Secure Link」を発表した。

デバイス間のペアリングに証明書を用いた認証システムを導入し、さらにその証明書を用いて通信の暗号化を行う。これにより、通信の傍受や改ざん、不正アクセスやなりすましといった被害を防止できるという。暗号化の規格は、アメリカ国家安全保障局(NSA)のSuite Bに準拠している。

デバイス証明書による認証は、一般的に管理者があらかじめ証明書を配布したり認証設定を行うことを想定しているが、DiXiM Secure Linkではデバイス間で証明書を発行・認証する。このため、ホームユースやエンドユーザー向けデバイス間の認証にも適しているという。また、通信規格には依存せず、BLEやZigBee、Z-Waveなど、様々な通信環境に対応できるとのこと。

DiXiM Secure Linkの機能イメージ
DiXiM Secure Linkの機能イメージ

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。