ズームアップ新製品5年の歳月を経て第2世代へと進化した統合型ルーター「Cisco ISR G2」

シスコのサービス統合型ルーターISRの第2世代機が登場した。マルチコアプロセッサやビデオ対応DSP、オンデマンド型のサービス提供を実現するSREなど、5年ぶりの新製品とあって、注目の新機能を数多く搭載している。

2004年の発売から5年、シスコシステムズのサービス統合型ルーターが第2世代へと進化した。同社は2009年10月21日、「Cisco ISR G2(Integrated Services Routers Generation 2)」シリーズを発表した。

1台でIP-PBXやセキュリティといったさまざまな機能を実現できる、支社・支店などブランチオフィス向けのルーター製品であるISR。これまでに全世界で700万台以上売れたというが、第2世代になって何が進化したのだろうか。

Cisco ISR G2ファミリー。左上は1900シリーズ、左下は2900シリーズ、右下は3900シリーズ。右上は既発売の800シリーズ

性能は最大5倍に向上

5年ぶりの新製品とあって、まずはパフォーマンスが大幅に向上した。マルチコアのネットワークプロセッサの搭載などにより、その性能は第1世代と比べて最大5倍に。また、シスコの調査ではビジネス向けビデオの導入率は2012年までに77.6%までに高まると予測されているが、テレプレゼンスやビデオストリーミングなどのサポート強化のため、ビデオ対応DSPの内蔵も可能になった。

搭載するOS、IOSにも大きな変更があった。G2ではユニバーサル・イメージ方式のCisco IOS 15.0(1)Mを採用。第1世代では複数の異なるトラックのIOSが提供され、例えばISRの導入後にIP-PBX機能を追加するには、新しいIOSイメージをダウンロードする必要があった。だが、G2ではIOSは1つの共通イメージとなっており、ライセンスキーを入力するだけで迅速にサービスを展開できる。

このほか、IOS 15.0(1)Mでは多くの機能が追加されたが、その1つがCisco Performance Routingだ。これは、網内の状況(到達可能性、遅延、ジッター、スループットなど)を自動検知し、音声、ビデオなどのアプリケーションごとの特性に応じて、複数のWAN回線から最適なルートを選択できる機能だ。こうしたダイナミックなルート選択はルーティングプロトコルの設定でも不可能ではないが、非常に困難だった。

 

図表1 ISR G2の新機能
 

Cisco ISR

Cisco ISR G2

ネットワークプロセッサ シングル マルチコア(将来の拡張性あり)
サービスモジュールのパフォーマンスとキャパシティ 1X、ストレージ160GB 最大7X、デュアルコア、ストレージ1TB
オンボードDSP 音声のみ 音声およびビデオ
スイッチモジュール Catalyst 3750ベースのファストイーサネットとPoE Catalyst 3560E/2960ベースのギガビットイーサネットとenhanced PoE
サービス配信 ハードウェア結合 サービス オン デマンド
冗長性 シングルマザーボード フィールドアップグレード対応マザーボード
エネルギー効率 EnergyWise EnergyWiseおよびスロットベースの制御

オンデマンドでサービス追加

G2の最大の目玉といえるのは「Services Ready Engine」(SRE)の採用である。SREはコンピューティングとストレージが統合されたサービスモジュール。従来のサービスモジュールと大きく変わったのは、ハードウェアとソフトウェアが切り離されている点だ。第1世代では、特定のサービスを実現するには特定のハードウェアを追加する必要があった。しかし、SREではハードウェアとソフトウェアが分離されているため、あらかじめISRにSREを組み込んでおけば、オンデマンドで後から必要なサービスをリモートから導入できる。つまり、現地作業なしで各ブランチオフィスに新しいサービスを展開できるのである。

現在、SREで利用可能なサービスには、WAN最適・高速化、無線LANコントローラー、IPS、ボイスメール/IVRなどがある。今後、ビデオレコーディングやWindows Serverなども提供される予定だ。

また、「Cisco Application Extension Platform」(AXP)というLinuxベースのアプリケーション実行環境も用意され、シスコだけでなくサードパーティベンダーが開発したアプリを利用できる。現時点で日本で利用可能なAXP上で動作するアプリケーションとしては「BX-Office」がある。これは照明・空調の制御、電力使用量の測定・表示を可能にするシスコ製のアプリである。

AXPについては、仮想化に対応し、1つのSREモジュール上で複数のAXP対応アプリを動作させられる点にも注目したい。現在のところ、AXP以外では1つのSREモジュール上で1つのサービスしか動かないが、将来的にはこちらも仮想化に対応させる計画だという。

SREのモジュールには「Internal Service Module」(ISM)と「Service Module」(SM)の2種類がある。ISMはCPUはシングルコア、512MB RAMと4GBフラッシュを搭載。一方、SMはCPUはデュアルコアでRAMは2~4GB、さらに500GB~1TBのHDDを搭載する。

ドコモの3Gも搭載可能

SRE以外には、以下のモジュールが今回新たに用意された。

「HWIC-3G-GSM」は3G端末として動作するワイヤレスLANモジュールで、NTTドコモの定額データ通信プランに対応する。「PVDM3」は前述した音声だけでなくビデオにも対応したDSPだ。さらに、Catalyst 3560-Eおよび2960シリーズのスイッチと同等の機能を有する「Enhanced EtherSwitchサービスモジュール」も提供され、ギガビットイーサとポート当たり最大20Wの給電が行えるenhanced PoEを新たにサポートした。

また、G2は、同社の電源管理プラットフォーム「EnergyWise」への対応に加え、スロット単位の電力制御機能を搭載。USBによるコンソール設定も初めてサポートした。

G2のラインナップは1900/2900/3900の大きく3シリーズに分かれる。小型の1900シリーズは802.11n内蔵モデルも用意。IP-PBX機能の「Cisco Unified Communications Manager Express」(CME)と、セントレックス型のCMEで障害が発生した際にテレフォニー機能を一時的に提供する「Cisco Survivable Remote Site Telephony」(SRST)をサポートするのは2900シリーズからだ。ハイエンドの3900シリーズは、将来の拡張ニーズに合わせてマザーボードがアップグレード可能なほか、統合された冗長電源にも対応している。

 

図表2 ISR G2ファミリーの主なスペック比較

 

1900シリーズ

2900シリーズ

3900シリーズ

型番

1941

1941W

2901

2911

2921

2951

3925

3945

SMスロット

0

0

1

1

2

2

4

ISMスロット

802.11n
内蔵

1

1

1

EHWICスロット

2

4

4

オンボードWANポート

2GE

2GE

3GE

3GE
(1SFP)

3GE
(1SFP)

3GE
(2SFP)

オンボードDSP(PVDM)スロット

0

0

2

2

3

3

4

デフォルトDRAM

512MB

512MB

1GB

CMEセッション数

35

50

100

150

250

350

SRSTセッション数

35

50

100

250

730

1200

フォームファクタ

2RU

1RU

2RU

2RU

2RU

3RU

グローバル価格*

1595米ドル~

1995米ドル~

9500米ドル~

販売開始時期

2009年10月

2009年10月

月刊テレコミュニケーション2009年12月号から転載(記事の内容は雑誌掲載当時のもので、現在では異なる場合があります)

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。