ウフルと三井情報がIoT向けにサブスクリプション基盤を提供――サービス型企業への変革を支援

ウフルと三井情報(MKI)は2016年6月14日、サブスクリプション・ビジネスの収益向上プラットフォーム「Zuora(ズオラ)」の販売・導入において提携し、IoT向けにサブスクリプション・プラットフォームを共同で提供すると発表した。

Zuoraは、企業がサブスクリプション・ビジネスを展開する際に求められる、プライシング、見積り、Web販売、契約管理、請求・回収、売上計上、レポート・分析などの機能を一気通貫で提供するクラウドサービス型のプラットフォーム。

今回の提携は、IoTビジネスへのシフトにより、今後サブスクリプション・ビジネス市場が急速に拡大することを見据えた取り組みだ。

IoTにより、これまでは製品販売型のビジネスをしてきた“ものづくり企業”が、これからは顧客へ継続的にサービスを提供する“サービス提供型企業”へとビジネスモデルを変革していくと考えられる。ウフルとMKIは、そのようなサービス提供型企業への変革において求められる、IoT領域のサブスクリプション・プラットフォームを2社共同で構築するという。

両社の役割分担は、顧客管理システムやWebサイトとの連携についてはウフルが、サブスクリプション・プラットフォームZuoraの導入やERPなど基幹システムとの連携についてはMKIがサポートする。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。