ドコモ、駐車場運営事業者向け「docomoスマートパーキングシステム」の実証実験を開始

NTTドコモは、コインパーキングの初期投資を削減できる「docomoスマートパーキングシステム」を開発した。プレステージ・インターナショナル(PI)とプレミアモバイルソリューション(PMS)が提供する駐車場の保守・運用サービスにこのパーキングシステムを組み合せ、東京23区内の一部駐車場において2016年6月13日から実証実験を開始する。

実証実験では、ドコモはdocomoスマートパーキングシステムを提供し、PIとPMSは駐車場運営事業者に対し、ドライバーからの問合せ対応や不正駐車の監視や駆けつけサービスなどの保守・運用サポートを行う。

docomoスマートパーキングシステムは、車の入出庫を感知するIoT機器「スマートパーキングセンサー」、各々の社室の満空情報を管理するクラウド上の「駐車場管理サーバー」、通信モジュールを搭載する「ゲートウェイ」で構成される。駐車場運営事業者は、このシステムを利用すれば、これまでは採算が合わなかった小規模な土地でも、工事期間が短く、安価にコインパーキングを開設したり、運用したりできるという。

コインパーキングを利用するドライバーは、専用アプリから事前に空車状況を確認したうえで駐車予約が可能になり、現地で駐車場を探す手間が省ける。さらに専用アプリを通じて利用時間に応じた料金の自動決済が可能になるため、支払い時に現金を用意する必要が無くなる。

システム構成

サービス利用イメージ

スマートパーキングセンサーの外観

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。